LEO GANDELMAN / VENTOS DO NORTE

ひょんないきさつからご紹介が大変遅くなりましたが(??)、 当店的には今年(2013年)のブラジルものナンバー1プッシュですね!?こんなに大人っぽくて、演奏がしっかりしていて、ムード満点なインスト音楽、今時どこにあるでしょうか! ▶こちらで紹介!(無断リンクすみません!) “ヴェントス・ド・ノルチ~北東部サキソフォン奏者たちに捧ぐ” 祖国ブラジルだけでなく欧 …

続きを読む>

V.A. / NORDESTE CONTEPORAIN 1997-2004

テカ・カラザンス選曲監修による今日のブラジル北東部=ノルデスチ・シーンを彩る伝統派アーティストたちの36 曲を収録したセレクション2CD!サンフォーニャの名手、セザール・ド・アコルデオンやトリオ・サビイア、トリオ・マフアといったフォッホー系アーティストや、レシーフェのガールズ・コーラス&マラカトゥ・グループ、コマドレ・フロジーニャ、あるいはドミンゲーニョス、 …

続きを読む>

SOCORRO LIRA / LUA BONITA, Cantam Ze Do Norte – 100 anos

バイオーンを世界的に広めたと言われる1953年の映画『カンガセイロ』で歌われた「ムリェール・レンデイラ」の作者がゼー・ド・ノルチ。その生誕100周年を記念したアルバムが発売されました。パライーバ州の地方音楽を、現地のリズムとフレージングと自身の澄んだ歌声で綴る女流実力派SSW、ソコーロ・リラの通算4作目です! 豪華ゲスト〜Elba Ramalho, Gera …

続きを読む>

JACKSON DO PANDEIRO / MPB ESPECIAL 1972

ルイス・ゴンザーガが作り上げた北東部ダンス音楽の路線を60~70年代に発展させたのがジャクソン・ド・パンデイロ~北東部のストリート感覚を前身にみなぎらせ、パンデイロを叩きまくりながらノベルティ&ファンキーな音楽性で一世を風靡しました。本DVDは、そんなジャクソン・ド・パンデイロの貴重な映像~ブラジル TV-CULTULLA への1972年出演時の演奏風景 / …

続きを読む>

COBRA VERDE / FORRO DO BAU

コブラ・ヴェルヂは、1978年生まれ。幼くしてアコーディオン弾きとしての才能を示し、16歳で初録音。フォホー・エレクトロニコの先駆け的グループに在籍しつつ、オーセンティックなミュージシャンたちとも共演し、その名を知られるようになりました。本ソロ・デビュー作では、妻や親友達など気心の知れた仲間、さらにはフォホーのヴェテラン歌手も招いて録音しています。ブックレッ …

続きを読む>

SIVUCA / NO TEMPO DOS QUINTAIS

北東部出身の名アコーディオン奏者であり、海外でも活躍した国際派シヴーカがブラジルで残した名作アルバムが完全復刻されました。オリジナルはコパカバーナ・レーベル。1970年代後半の録音で、シヴーカのブラジルにおける録音でももっとも大きなヒットとなった作品~ゲストには奥方のグローリア・ガデーリャ、同じ北東部出身の若手の有望株だったファグネル、サンバの大スターだった …

続きを読む>

YAMANDU COSTA, DOMINGUINHOS / LADO B

若手7弦ガット奏者鬼才ヤマンドゥ・コスタと、北東部音楽フォホーを代表するアコーディオン奏者ドミンギーニョス~共演第2章2010年作です。ショーロ&ノルデスチ音楽の古典が、2つ楽器のインタープレイにおいて、ブラジル音楽のローカリティーを超越します!

続きを読む>

SaGRAMA / CHAO BATIDO, PALCO, PIVADEIRO

北東部出身の実力派インストゥルメンタリスト集団=グルーポ・サグラマ新作です!90年代より活躍し、ナナ・ヴァスコンセロスとも共演をしているヴェテラン達~リーダーでフルート奏者/アレンジャーのセルジオ・カンペーロのオリジナルを中心に、ルイス・ゴンザーガ、アルセウ・ヴァレンサ、キンテート・ヴィオラードなど、先人のカヴァーを独特なノルデスチ・テイストに貫かれた演奏で …

続きを読む>

ELBA RAMALHO / MARCO ZERO, AO VIVO

エルバ・ラマーリョ2010年ライブ作!レシーフェのマルコ・ゼロ劇場でのライヴの模様を収録~アルシオーネ / レニーニ / セ・ラマーリョ / ジェラルド・アゼヴェド / シコ・セザールという豪華メンバーもゲスト参加し、北東部歌謡&ダンスの饗宴を聞かせます!

続きを読む>

SILVERIO PESSOA / COLLECTIU ENCONTROS OCCITANS

やりました! ブラジルの最果てノルデスチから、世界に向けて現代のフォホーを問い続けてきたシルヴェリオ・ペソア11年最新作は、かねてから噂されていた通り、南仏オクシタンのアーティスト達との共演作です。一曲目からMOUSSU T & LEI JOVENTS、そして以前からForrOccitaniaとして活動を始めていたLa Talvera、そしてオクシタ …

続きを読む>

SERGIO CASSIANO / CIENCIA DE FESTA

メストリ・アンブロージオのメンバー、セルジオ・カシアーノのファースト・ソロですね。メストリとは異なり、シンプルなアコースティックなバッキングで北東部音楽を表現しているところがミソ!

続きを読む>

go top