SIBA E ROBERTO CORREA / VIOLAS DE BROZE

    メストリアンブロージオのシバ、ヴィオレイロのロベルト・コーレアと共演~ということで、もちろん伝統回帰・アコースティック路線ですが、単なるノルデスチのノスタルジアを演じるにとどまらない、随所に斬新な解釈が光る充実作となっています。

続きを読む>

JACKSON DO PANDEIRO / O MELHOR DE~

ノルデスチ音楽、コーコ&エンボラーダ、フォホー等にサンバのみならず、ジャイヴ風味も加味、パンデイロ叩き語りスタイル?~大道芸人風のコミカルさ、親しみやすさで歌い演じた20世紀半ばのスター、ジャクソン・ド・パンデイロ~現在、復刻CDの多くが入手困難となっている中で、このベリー・ベストは嬉しいところ!もちろん代表曲「Chiclete com Banana」もセカ …

続きを読む>

V.A. / OLHA PRO CEU – LUIZ GONZAGA

バイオーンの王様、北東部音楽の創始者ルイス・ゴンザーガの生誕100年は盛大に祝われているようです。これもそんなトリビュート盤。ユニバーサル原盤で、カエターノやジルやガル、ベターニャ、アルセウ・ヴァレンサ、エルバ・ラマーリョ、キンテート・ヴィオラードら後輩たちのカヴァー音源で今は亡き御大を偲びます。なおCD2のカエターノは99年の未発表音源だそう。 Disc …

続きを読む>

TONINO ARCOVERDE / DANCA DAS ABELHA

大地に根ざした美しい旋律の唄、きらびやかでキメの細やかなフォホーを聴かせてくれるペルナンブーコのシンガー、トニーノ・アルコヴェルデ。 ブラジル北東部地方、ノルデスチの地域伝統リズムーフォホーといえばアコーディオンやハベッカ(ヴァイオリン)に4分の2拍子のパーカッション・リズムによるダンス音楽というイメージが強く、メストリ・アンブロージオらのアグレッシヴなスト …

続きを読む>

V.A. / FESTIVAL DE MUSICA, CARNAVALESCA DO RECIFE 2011

ブラジル北東部の中心、ペルナンブーコ州レシーフェのカーニヴァル・ソング・コンテストの上位グループによる今年のカーニヴァル向けの新録を集めたアルバムです!マシエル・サルーやスポク・フレーヴォ・オーケストラといったカーニヴァルの常連から、新人らしき無名楽団まで、フレーヴォ系ブラス・バンド / コーラス・グループを中心に、いかにもゴージャスなカーニヴァル・ソングが …

続きを読む>

RENATA ROSA / MANTO DOS SONHOS

サンパウロ出身ながら、北東部のバンド、メストレ・アンブロージオの勧めでペルナンブーコに拠点を移し活動している女性SSW~ハベッカ(土着のフィドル)を弾き語りスタイルをトレードマークに活動しています。この新作には、師匠筋でもあるノルデスチ音楽の重鎮達、セウ・ルイス・パイションやシバが参加/ノルデスチのヴァラエティーに富むリズムを活かし、ハベッカ、ガイタ(ハーモ …

続きを読む>

AS CEGUINHAS DE CAMPINA GRANDE / A PESSOA E PARA O QUE NASCE (2CD)

ジルベルト・ジルに見出されたという路上の歌い手達~ノルデスチ・盲目の3姉妹=セギーニャス・ジ・カンピーナ・グランジが主演する映画のサントラです。CD1には3姉妹が演じ歌うコーコやエンボラーダといった北東部の伝統音楽が収録~エルメート・パスコアルとの共演3曲!ジルベルト・ジルとの共演1曲も含まれます。そしてCD2には、3姉妹がCD1で演じた曲をスゴイ面子がカヴ …

続きを読む>

RENATA ROSA / ENCANTACOES

フランスを拠点に活動を続けるブラジル・ノルデスチのハベッカ奏者/女性SSWヘナータ・ホーザの2015年作。ハベッカと生ギター、パンデイロなどを中心にしたアコースティックなサウンドとノルデスチならではの中世ヨーロッパ的なメロディー(南仏トロバドールの流れを汲む?)が魅力です。 1. ENCANTACOES / 2. JUREMA / 3. SAUDADES D …

続きを読む>

MATUTO / S/T

ブラジルのノルデスチ(北東部)音楽を主武器に、ロックやブルース、ジャズ、ファンクなどを掛け合わせたブルックリンを拠点とするユニークなバンド、マトゥトによる2009年のデビュー作です(本作は11年のドイツ盤)。仕掛け人は、打楽器奏者シロ・パチスタのもとでブラジルのリズムを身につけたギタリストのクレイ・ロスと、こちらもやはりシロ・バチスタとの共演歴を持つ、リラ・ …

続きを読む>

MOMBOJO / ALEXANDRE

結成13年。北東部ペルナンブーコ州出身のマンギ・ビート系バンド、モンボジョーの5作目となる最新作がこちら。同じくマンギ・ビートのナソーン・ズンビのメンバーらもゲスト参加しているほか、ラスト・ナンバーではセウ・ジョルジも登場するなど、話題を呼びそうな作品です。(サプライヤーインフォより) △参考

続きを読む>

JACKSON DO PANDEIRO / CHICLETE COM BANANA

The Columbia Records Sessions 1958-60 北東部リズムをノベルティな感覚で表現しPOPなダンス音楽を生み出した往年の大スター、ジャクソン・ド・パンデイロ(1919-1982)のコロンビア音源復刻コレクションです! 1. Tum, Tum, Tum 2. Pacífico Pacato 3. Boa Noite 4. Nort …

続きを読む>

go top