SHEILA & THE UPMOST / MIDNIGHT SUPERSTAR

凄腕女性ベーシストのインスト作 女性ベーシスト、シーラ・プルマタサカを中心としたプロジェクトのデビュー作。セッション・ベーシストとしても活躍しているシーラは、トーパティとの仕事でお馴染みのインドロ・ハルジョディコロに手ほどきを受け、ジャズ・フェスのベスト・ベーシスト賞を獲得するほどの実力の持ち主。本作には彼女自身の作曲よるポップなインストゥルメンタル楽曲(1 …

続きを読む>

TOHPATI BERTIGA / FACES

インドネシア最高峰ギタリストのインスト・パワー・トリオが久々の始動! 昨年はトーパティ・エスノミッション名義での『マタ・ハティ』でアグレッシヴなエスノ・フュージョン/プログレを聴かせたかと思えば、今年は10数年ぶりにリリースされたマレイシアの歌姫シーラ・マジッドのプロデューサーを務めたりと、技巧派インストからポップスまで大活躍のトーパティ。そのテクニックとポ …

続きを読む>

ANDIEN / METAMORFOSA

★インドネシア生まれの極上のヴォーカル・ミュージック〜インドネジアン・ポップスのトップ・シンガーがこれまで以上にスケールの大きな愛を歌う! 都会的で洗練されたポップスが人気のインドネシアの音楽シーンにおいて、長年にわたりトップ歌手として活躍しているアンディエン。オーディション番組「アジア・バグース」出演をきっかけに14歳の若さでデビュー、ジャジーなポップスで …

続きを読む>

ABDUL & THE COFFE THEORY / BAHAGIA VERSI KITA, The Best of

    太い眉毛に無精髭の濃いルックスに似合わぬ爽やかヴォイスで人気のアブドゥルを中心とした7人組バンド〜巧みなシティー・ポップ風の音の作りに、ふんわりとして優しい声質のアブドゥルのヴォーカルが乗る、洗練された大人のPOPナンバーを取り揃えたベストです!

続きを読む>

MURNI SURBAKTI / NGULIHI SI TADING

スマトラ北部、カロ(トバ湖の北)の出身、 バタックの夏木マリと異名のある(ない?) ムルニ・サーバキティ、 もともとはジャズ・ヴォーカリスト〜 故郷カロの伝統音楽をベースに ジャカルタのJAZZ系ピアニスト、 ラモナ・プルバ とともに、 4年間かけて作ったという新作がこちら。 意欲作です! で、レコオヤジさん絶賛 !! ▽ >2017インドネシア・ベスト・ア …

続きを読む>

YOCKIE & CHRISYE / JURANG PEMISAH

ヴィンテージ・シンセを駆使したエイジアン・プログレの名盤が復活! コアなプログレ・ファンを中心に人気のあるインドネシア音楽の隠れた名盤が復活した。キーボーディストのヨッキー(ゴッド・ブレス、ジャイアント・ステップ)と、後に国民的人気を誇る歌手となるクリシェ(グールー・ジプシー)による1977年リリースのコラボ作だ。ヴィンテージ・シンセとして知られるソリーナを …

続きを読む>

AYU TING TING / KAMU KAMU KAMU

おおおっ、 それなりにスタイリッシュなディスコ・ダンドゥット!? 女の子の側に立って演出されたストリート感覚がキュート?? オーソドックス(比較的)もありますよ、 youtube一千万ヒットのセンチメンタル・ダンドゥット〜 “Surra Hati” も収録されたKFC盤ですよ!!

続きを読む>

ONO SULARNA, ENIP SUKANDA / JAVA, PAYS SUNDA, L’Art du Gamelan Degung

『インドネシア、スンダ列島のガムラン・ドゥグン』 ガムラン・ドゥグン(リーダー:オノ・スカルナ)チャトリック(弟子)/サンク・ラトゥ(王の剣)/ララヤラン(帆船での遊覧)/ レンゴン・ブユット(禁じられた踊り)/パジャジャラン(古代ヒンドゥー王国の名)ガムラン・ドゥグン(リーダー:エニップ・スカンダ) ジパン・ロンタン(王族の踊りの身振り)/レンセル・ミダン …

続きを読む>

MAKMUR SEJAHTERA / VOLUME 1

  人懐っこいポップなメロディと結構ラウドなサウンド、ふてぶてしい男性ヴォーカルに甘い女性ヴォーカルが交差する、独特のサウンドを持った4人組バンド、マクマー・スジャートラの初作。酔っぱらって結成、拠点はバタヴィアと、斜に構えたようなバンドですが、インディ系ロック・ファンにはたまらない音を出しています。歌詞は「のんのんびより」と「よつばと!」に影響を …

続きを読む>

70SOC / ELECTRIC LOVE

ファンク系70年代リヴァイヴァル・トリオ!! そのバンド名通り、70’Sリスペクトなバンドゥン出身のファンク・トリオ。ワウ・ギターとファンキーなリズム・セクションによる演奏にホーンやストリングスも加わって、リヴァイヴァリストとしてかなりのセンスを感じさせます。インドネシアのリヴァイヴァル系はブルース・ロックやフュージョン系が多いですが、彼らはアー …

続きを読む>

CRISTINE PANJAITAN / POP TAPANULI

  北スマトラの西海岸、トバ湖周辺の地域〜タパヌリ地方の伝統音楽から発したメロディーやリズムをPOP化したジャンル “POPタパヌリ” の人気女性歌手、クリスティーヌ・パンジャイタンのオリジナル・アルバム2on1CD〜おそらく90年代の録音かと(?)。

続きを読む>

go top