BANGKUTAMAN / DINAMIKA

60~70年代英米フラワー・ポップ/ロック+70年代インドネシア・ジャズ・ポップ・サウンド! 1990年、ジョグジャカルタで結成されたバンクタマンは、60~70年代英米のフラワー・ポップ、そして70年代インドネシア・ジャズ・ポップからの影響を反映させた独自のサウンドを構築している。バンドは2003年にアルバム・デビュー。続く10年にリリースしたセカンド・アル …

続きを読む>

TOMORROW PEOPLE ENSEMBLE

聴きどころたっぷりのアーバン・ジャズ・サウンド  2003年結成のジャズ・カルテットによる2012年のリリース作品。エレクトリック・ギター/ダブル・ベース/ドラムズ・パーカッション/キーボード(フェンダーローズ/ハモンド/メロディカ)という四人編成で、淡いサイケデリック・ジャズ・テイストやNYのアヴァン・ジャズ・テイストなども加味したオシャレなサウンドを展開 …

続きを読む>

TOHPATI / MARU

インドネシアが世界に誇る国際的スーパー・ギタリストからの贈り物  シマック・ダイアログの元メンバー、人気セッション・ギタリスト、そしてデワ・ブジャナとの競演でもおなじみのスーパー・ギタリスト、トーパティ。このコロナ禍、たった2日間のリハーサルと1日のレコーディングという超スピード・コースの制作工程でありながら、素晴らしく完成度の高い作品を作り上げてくれました …

続きを読む>

DWIKI DHARMAWAN / HARI KETIGA

  凄腕キーボーディストによるイマジネイティヴな大作 インドネシアの人気バンド、クラカタウの中心人物でキーボーディストのドゥウィッキ・ダルマワン。本作ではクラシカルからアヴァンギャルドまでを縦横無尽に往き来する超絶技巧プレイで、演奏時間28分〜34分ほどの壮大な長尺ナンバーなども熱演しています。インドネシア伝統音楽のテイストなども端々に織り交ぜた、 …

続きを読む>

SYAHARANI

インドネシアのジャズ・シーンを代表する美形女性ヴォーカリストがシャハラニ。前作『マグマ』2002ではクラブ・ミュージック寄りのサウンドを披露してくれたシャハラニでしたが、本作 2004 では彼女の真骨頂ともいえるスタンダード・ジャズなどを、アクースティック編成のバンド・スタイルで聴かせてくれます。「枯れ葉」「ケアレス・ウィスパー」「アイ・キャン・シー・クリア …

続きを読む>

TOHPATI / FOREVER

インドネシアが世界に誇る国際的スーパー・ギタリストの新作 シマック・ダイアログの元メンバー、人気セッション・ギタリスト、そしてデワ・ブジャナとの競演でもおなじみのスーパー・ギタリスト、トーパティ。今回のアルバムではチェコ・シンフォニー・オーケストラによる豪華なオーケストレーションをバックに、アクースティック・ギター一本でクラシカル/イージー・リスニング的な演 …

続きを読む>

DWIKI DHARMAWAN / RUMAH BATU

  有名超絶技巧派キーボーディストの新作 インドネシアの人気バンド、クラカタウの中心人物であるキーボーディスト、ドゥウィッキ・ダルマワンのリーダー作。超絶技巧によるプログレッシヴ・エスニック・ジャズ・ワールドを大展開しています。コブシの効いた民俗色の強いヴォーカルがフィーチャーされたナンバーもあり。インドネシア・ジャズ/フュージョン・ファンの方には …

続きを読む>

TOHPATI / LUHUR

天才ギタリスト、トーパティによるまさに気高い一枚! デワ・ブジャナとの競演による『ジャナパティ』(GNSI-7182)が12月1日に弊社よりリリース予定となっていますが、こちらはソロ最新作。こちらはアクースティック・ギターによるエスニック・ジャズ/イージーリスニング・テイスト作品の演奏が中心となっています。ガムラン・フュージョン・ナンバー、ストリングスとの共 …

続きを読む>

JAZZ MUDA INDONESIA / MEET SOME FRIENDS

理知性と超絶技巧が爆発! インドネシアのジャズ・フュージョン系超絶技巧ベーシスト、インドロ・ハルジョディコロ。その彼を中心にキーボード、ドラムズで組まれたジャズ・インスト・トリオ作品がこちら。さわりだけ聴くと、アーバンな雰囲気満載のスムース・ジャズ・アルバムなのかな?という印象を持ちやすいところですが、侮ることなかれ。5曲目の‘Straight E Head …

続きを読む>

MONICA AKIHARY / ABOVE THE CLOUDS, AMONG THE ROOTS

  マルク諸島、アンボンに近いハルク島にルーツを持つヴォーカリスト、モニカ・アキハリー / ジャズ / シンガーソングライター的サウンドにインドネシアン・フュージョンも交えたエネルギッシュな2000年作。時代ががった音もありますが、ガムラン的音階なども混じり、気分のいい音楽です。(サプライヤーインフォより) Monica Akihary (vo), …

続きを読む>

BOI AKIH / LAGU LAGU

アンボンに近いハルク島にルーツを持つヴォーカリスト、モニカ・アキハリーとオランダ人ギタリストとのユニットBOI AKIH 〜マルク諸島の民謡を題材に、ジャズをベースに現代的に再構築した2005年作。2003年のEnja盤に続きチェリスト、エルンスト・レイスグルが参加。 Monica Akihary (vo), Niels Brouwer (g), Sean …

続きを読む>

TOMMY PRATOMO & DIMAS PRADIPTA / TND

  巨漢のサックス奏者トミーと、ミックス・エンジニアとしての顔も持つディマス、インドネシアのセッション・シーンで活躍する二人の若手ミュージシャンの連名アルバム。といっても共演作ではなく、前半がトミー、後半にディマスのソロ名義曲が並ぶ構成になっています。仕掛人は人気ベーシストのバリー・リクマフワ。彼の仕切りのもと、沢山のジャズ・ミュージシャンが参加し …

続きを読む>

TONY SCOTT and The Indonesian All Stars / DJANGER BALI

Djanger Baliと題された1967年名作!インドネシアJAZZのみならず、現在のインドネシア音楽の礎をきずいた最重要音楽家ブビ・チェン、ジャック・ルスマナといった優れたインドネシアのミュージシャン達と、ジャズが本来持っているアフリカンスピリチュアル感覚の表現方法を模索していたトニーが出会って創造されたインドネシア・スピリチュアルJAZZワールド!67 …

続きを読む>