SK KAKRABA / SONGS OF PAAPIEYE

    アフリカのカセット音源を復刻するUSレーベル, AWSOME TAPES FROM AFRICA から、 ガーナのジル(バラフォン)奏者の作が復刻〜 なんとあのカクラバ・ロビの甥っ子だそう。 ジンジン来る達者な演奏に酩酊!

続きを読む>

V.A. / THE HIGHLIFE ALLSTARS, SANKOFA

>★ 2001年リリース、定評のあったアコースティックかつノスタルジックなハイライフ・アルバム〜ハイライフの黄金時代を彷佛とさせる現役のハイライフ・バンドを集めたCDです。“ガーナ・サウンド” のリヴァイヴァルを宣言するような、ハイライフならではのバンド・サウンド横溢の録音です! 1 Alex Konadu’s International Ban …

続きを読む>

SAKRA AFRICAN ORCHESTRA / NOFITELO (THE DESTROYER)

>こちらで紹介されています(無断リンク、あいすみません)。 80年代後半に結成されたグループだそうです。ガーナの伝統的な太鼓パンロゴやゴメ、そしてバラフォン、葦笛、ジェンベほか、そしてコーラスなどなど、総勢11人で演じるのは、ガーナの “ガ” ピープルによる伝統的な打楽器音楽ということになります。でも、欧州でリリースされた本作、もちろん、現地の民俗的な臨場感 …

続きを読む>

CAPTAIN YABA / YABA FUNK ROOTS

久々の再入荷(再プレス?)!こういう人がいたんですねえ…ガーナにも。というか、我らが>キング・アイソバのルーツじゃないですかあ!?2001年に早世してしまったそうですが、コリコ(とありますが、コロゴのことでしょう)という素朴な2弦ギター型楽器をまるでファンク系リズム・ギターのようにカッティングしながら歌ってくれます。バックはパーカッシヴなJBスタ …

続きを読む>

CITY BOYS BAND 3items

70〜80年代を通じて、ガーナはもとよりナイジェリアでも人気があった、ギター&オルガン・バンドによるハイライフ・グループ “シティ・ボーイズ・バンド”〜70年代後半から80年代にかけての録音と思われるナイジェリア盤3種!入荷しています(真ん中が一番古く、その次が向かって右、向かって左が一番新しい録音でしょう)。以下、向かって右より、& …

続きを読む>

V.A. / HIGHLIFE ON THE MOVE

★Selected Nigerian & Ghanaian Recordings from London & Lagos 1954-66 本CDに関しましては、>こちらにドハズレて凄いレヴュー『Highlife On The Moveを聞く』をアップさせていただきました(by 深沢美樹さん〜転載快諾感謝!)。未だお求めでない方は、是非この機会 …

続きを読む>

ROCKY DAWUNI / BRANCHES OF THE SAME TREE

★ロッキー・ダウニ/ブランチズ・オヴ・ザ・セイム・トゥリー アフリカ=カリブ=アメリカを結ぶグローバルなアフロ・レゲエ! スティーヴィー・ワンダー、ピーター・ゲイブリエル、ボノといったビッグ・スターらとステージを共にしたこともあるロッキー・ダウニは、西アフリカ・ガーナの出身。アフロビートの創始者フェラ・クティと、レゲエの神様ボブ・マーリーから多大なインスピレ …

続きを読む>

ATA KAK / OBAA SIMA

アタタック(80’s 独レーベル)かと思いましたよ、アタ・カック、大違いですね。テクノモードというところは部分的にクロスしますけど。ちょっと変態っぽい音作りも微妙にクロスしてますけど…。1997年のガーナで、こんなカセットが出ていたなんて、信じられませんね。ワールド・ミュージックの盲点(?)とでも言いますか。アフリカ、未だによくわかん …

続きを読む>

E.T. MENSAH & THE TEMPOS / KING OF HIGHLIFE ANTHOLOGY

>こちら 必読です(お断りして転載、感謝)! このコレクションはもう人気度から言えば、今年の復刻大賞間違いなし!?ローライフ改め、「わたしの人生、ハイライフ」(by ジョアン・ジルベルト・ジルさん)とか、断言する人々も急増中!??〜長らくCD入手が困難だったガーナのハイライフ・キング、ETメンサーの決定的コレクション4枚組CD&BOOK / P.63です。で …

続きを読む>

KING AYISOBA / MODERN GHANANIANS

回回 2012年にキング・アイソバがヨーロッパツアーをした時に、各地のクラブでDJ達がアナログ盤を回すのを見て、回回 オレもビッグカセットを作んにゃなんめえ 回回、と言ったそうです。“BIG CASETTE” というのは、ガーナでアナログLPを呼ぶ時の名だそーで(なんだそりゃ?)、つまり彼らの世代はLPレコードというものにはホント無縁だったそーで、プレイヤー …

続きを読む>

GYEDU-BLAY AMBOLLEY / SEKUNDE

ガーナニアン・ラッパー?ファンク・マスター? アフロビート最後の大物? ジェドゥ=ブレイ・アンボリー〜 ヒップライフの祖とも言えそうなヴェテランよる アフロビート&ファンキーハイライフ・アルバム 2013年作初入荷です。 >こちらに収録されていた人ですね。 >試聴可!?

続きを読む>

KUMASI TRIO / 1928

クル人からパームワイン・ギターを学んだサムことジェイコブ・サムが、クマシへ行きクワー・カンタ、H・E・ビニーと汲んだトリオ=クマシ・トリオのゾノフォン録音をまとめたガーナのパームワイン音楽、ひいては後のギター・バンド・ハイライフ音楽の黎明期を記録した復刻CD! 1 Amponsah – Part 1 2 Amponsah – Part …

続きを読む>

KING AYISOBA / WICKED LEADERS

☆キング・アイソバ『ウィケッド・リーダーズ』 解説:深沢美樹  /  EL SUR Import-104 ハウリン・ウルフ?それともマハラティーニ?フクウェ・ザウォーセ?今ガーナで “未来の民俗音楽”と呼ばれるその音楽性、2弦のコロゴをカキ鳴らし、ダミ声ヴォイスでシャウトするこの男キング・アイソバ、久々のアフリカ音楽大物登場!? ガーナ北 …

続きを読む>

AARON BEBE SUKURA & THE LOCAL DIMENTION PALM WINE BAND / ACOUSTIC GHANAIAN HIGHLIFE

アーロン・ベベ・スクラ『ガーナのアクースティック・ハイライフ』 いい感じのジャケットですね…。ジョン・コリンズ教授制作~自らもギター&ハーモニカで参加した、アコースティックな若手パームワイン系ローカル・バンドです。民俗的なガーナの弦楽器と打楽器も奏でる若手6人組に、コリンズが加わった00年代録音=ハイライフ/パームワイン・ミュージックの奥行きと、 …

続きを読む>

go top