V.A. / 高円寺阿波おどり, ぞめき 壱

久保田麻琴、南島シリーズに続くプロジェクトは、なんと!~毎年百万人の観衆を集め、既に50年以上/親子三代にわたって受け継がれてきた<高円寺阿波おどり>常連参加の“連(=阿波おどりではチームのことを「れん」と呼ぶ)”から11組をドキュメントしたディープなジャパニーズ・ビート2CD!鉦(かね)と大太鼓群、スネア・ドラムというパーカッションのみのアンサンブルによる …

続きを読む>

土取利行 / 添田唖蝉坊・知道を演歌する

邦楽番外地 / 戦争の世紀を乗り越え、大震災を乗り越えてきた 近代流行歌の祖、添田唖蝉坊・知道 -反骨・風刺・諧謔に溢れた演歌がここに蘇る! 本CD出版の発端は土取利行の伴侶、故・桃山晴衣が添田知道氏から長期にわたって〈演歌〉を習っていたことにある。その節まわしや歌詞等を細部にわたって教えてもらっていた桃山が記録を残したまま夭折したことから、その意志を受け継 …

続きを読む>

V.A. / KONKANI SONGS, MUSIC FROM GOA – MADE IN BOMBAY 「ゴアのコンカニ・ソングス」

インド西部のゴアは16世紀から17世紀にかけ、ポルトガルの海上帝国の拠点となり、そこにはポルトガル音楽の系譜を受け継ぐ歌謡=コンカニ・ソングが育まれました。いわばインドネシアのクロンチョンやスリランカのバイラの兄弟とも言える音楽でした。さらにインドの英国からの独立以後、同様にポルトガルからの独立を目指したゴアの人々の間で、この音楽は大きな発展を見せました。こ …

続きを読む>

BAITUEY / BORN TO BE

タイ、イケイケの美人シンガー12年作です。モーラム・スパイスの効いたダンスPOP!ということになるんでしょうか?よくわかりませんが、新しいことは確かですね。

続きを読む>

PECOMBO , TOSHIYUKI YASUDA / AUTUMN SESSION…

ブラジル音楽にインスパイアされた男女混声ヴォーカル・グループ=ペコンボの5人&ピアノとロボ声を操る安田寿之によるコラボ/ブラジル音楽を歌う架空のロボット「ROBO*BRAZILEIRA」とコーラス・グループの共演物語という趣向!ジャンル、言語、人間と機械の境も飛び越えたセッション?両者のレパートリーを、瑞々しいニュー・アレンジで贈るツイン・ベスト・アルバムと …

続きを読む>

SAKAKI MANGO / LIMBA TRAIN

タンザニアの国宝的存在=故フクウェ・ザウォーセを師として、親指ピアノ=イリンバ or リンバを学び、また、ジンバブウェの親指ピアノ=ンビーラを、ガリカイ・ティリコーティに学んだ~日本人・越境の親指ピアノ奏者=サカキマンゴーのファーストCDが入荷しています!アジアとアフリカを繋ぐ、アコースティックでトランシーな音楽の旅、じっくり楽しんでいただきたい充実作です!

続きを読む>

V.A. / METROPOLIS SHANGHAI, SHOWBOAT TO CHINA

独自な視点を持って、音楽と土地を結びつけるアルバムを制作し続けて来たドイツのこだわりレーベル=ウィンター&ウィンター、最新作のテーマは戦前の~“魔都”上海です。1930~40年代の上海をめぐる数々の音源を、さまざまなサウンド・コラージュ、フィールド・レコーディングとともに聞かせる環境音楽的なCDとなりました。「夜上海」「二泉映月」「中国行きのスロー・ボート」 …

続きを読む>

HUONG MO / MUA HUE

>こちらで紹介されています(無断リンクすみません!)。再度僅少再入荷しました。フン・タンの名作『ドラゴン・フライ』冒頭曲となるフエの古謡を純・伝統スタイルで聞かせてくれるこのアルバム、2005年の作ですが、ベトナム / ドメスティック・プロダクションの優雅なたおやかさを見せつけてくれるに充分な1曲となっています。〜本CDの主、フォン・モはハノイで生まれながら …

続きを読む>

DAO BANDON / MAE BAEB PLENG LOOG THOON VOL.1 – VOL.2

近年もルークトゥン〜モーラムPOP系人気ヴェテランとして今もって活躍している男性歌手~“タイのウィルソン・ピケット”こと(全然シャウトしませんが…、)ダーオ・バンドンの1970年代ヒット・コレクションCD第1集です(ファーストLPとセカンドLPの内容中心だそうです~60年代はシングル盤録音のみだったようですが…)!ケーン、もしくはケー …

続きを読む>

TAI ORATHAI / MOLAM DOK YA

前作も前々作も、ちょびっとは入荷していたんですが、この09年作はド~ンとオススメしなければ、ということで、こりゃ~話題になるだけのことはあります。現行の都会派ルークトゥン若手人気女性歌手=ターイ・オラタイによる初のモーラム・アルバム~タイ北東部カントリーサイドのディープな詠唱POP=モーラムの様式性を踏襲しつつも、が、しかしキュート&スウィート!それでもって …

続きを読む>

MAITAI JAITAWAN / WELCOME TO TUMNA

ロックですねえ、モーラムですよ、イイですねえ…、田舎くさくて男くさい、そして、むさい!なんとも、ギリギリやっぱりモテない感もOKだし、スネアとオルガンとワウワウの音出しもイイ具合。バックの面々の冴えないルックス&オーヴァー・アクションももちろんOK!去年の現地ヒット・アルバム、人気のルークトゥン系男性スターということで、ちょっとご紹介が遅れました …

続きを読む>

go top