西田佐知子 / 初めての街で ベスト・セレクション

1. 初めての街で 2. アカシアの雨がやむとき 3. 女の意地 4. エリカの花散るとき 5. 夜が切ない 6. 死ぬまで一緒に 7. 故郷のように 8. 赤坂の夜は更けて 9. 東京讃歌 10. 東京ブルース 11. 博多ブルース 12. メリケン・ブルース 13. 裏町酒場 14. 信じていたい 15. 雲の流れに 16. 涙のかわくまで 17. あの …

続きを読む>

岡大介, 小林寛明 / かんからそんぐ

添田唖然坊などの大正演歌を、ともに1978年生まれだという岡大介と小林寛明がカヴァーした異色作。岡大介がカンカラ三線、小林寛明がラッパ二胡という編成も特異です。参加ミュージシャンは、中尾勘ニ、関島岳郎、戸次和歌子、熊坂路得子。「東京節」「復興節」といった有名曲に岡大介の自作曲も織り交ぜ、日本の忘れられた音楽の再生を試みた意欲作です。

続きを読む>

月乃家小菊, 井筒家小石丸 / 踊れ大阪総おどり – 気持ちヨホホイホイ

手に入らない!?という話しを聞きましたので、ド〜ンと再入荷、オススメしますよ〜! 乞うご期待の音頭もの入荷です!夏ですから、やっぱりこーゆーのでビールですねえ、こっちは東京ですけど…。で、とりあえずはギター&三味線&ベース&太鼓&囃子、この鍛え抜かれた音頭インタープレイ!~アジアでは希じゃないでしょうか?こんなポリリズミックでしなやかな演奏、ちょ …

続きを読む>

HETTY KOES ENGDANG / BERDIRI BULU ROMAKU (うぶ毛がそそり立つ)

1987年の快作!以前、国内盤CDも出ていましたが、インドネシアの庶民派歌謡POPの極北!?断トツにおおらかな大家族向け歌謡曲が、ひたすら瑞々しく素晴らしいヘティの歌声で綴られた名作です。マレイシア/ライフ社からオリジナル復刻CD化されました。ジェネレーション・ミュージックが歌謡曲の代わりを果たすようになって久しい日本はもちろんのこと、もう、こんなファミリー …

続きを読む>

HUONG THANH & NGUYEN LE / FRAGILE BEAUTY

在仏ベトナム人=女性歌手&ギタリストによるデュオ、3年ぶりの08年作となります。お待たせしました!で、その内容、待たされただけのこと、ありますね。フレンチ・ジャズの売れっ子サックス奏者、ステファヌ・ギョームはじめ、日本人琴奏者、宮崎恵美子、欧州で活動するベトナム人ダンバウ奏者や、バンブー・マリンバ奏者、カホーンやパンデイロをこなす打楽器奏者、ほか独アクト・レ …

続きを読む>

MAREWREW / MAREWREW

OKIがプロデュースしたアイヌ女性四人組ウポポ楽団。手拍子と足踏みをリズムに四人が素朴な旋律を輪唱する。打楽器もダブ・エフェクトも用いていないのに強烈にトランシー。全16分ほどのミニアルバムですが、かつてアイヌ達が焚き火の周りで繰り広げただろう儀式に参列した気分になります。

続きを読む>

HUONG THANH / MOON AND WIND

ヴェトナム出身パリ在住の女性歌手フン・タン=ファースト・アルバム!幼い頃から伝統歌謡を学び、パリで同郷のジャズ系音楽家グエン・レと出会い、ポップ~ジャズ~アンビエントほか、様々なポストモダーンな手法で自らの音楽性を開花させた、記念すべきアルバムです。あくまでも、アジア的な慈愛に満ちた、とびきりの浮遊感を聞かせる”うた”が基本であることは、大ヒットのセカンドと …

続きを読む>

初音家賢次 / 旅立て俊徳丸

これぞ河内の声!半世紀前の河内音頭オリジナル発掘音源+やりたい放題リミックス&ダブ!というわけで、いや~、イイ感じです。故・初音家賢次(平成12年没)による昭和34年頃の大阪八尾市の自宅座敷に於ける個人録音(初音家びいきのオーディオ愛好家が業務用テープレコーダーで録ったものだという)幻の名演「俊徳丸」を、イヤコラセ東京代表 / ex 静岡ロックンロール組合 …

続きを読む>

LE QUYEN / OE NHO MOT THOI TA OA YEU

韓流ではありません。ベトナム歌謡女性歌手、レー・クエンの4作目初入荷です!>次5作目のこちらと較べるとなんかすっごいイメチェンしたような…、実にピンクだったんですねえ…。が、歌は変わらず、少しばかり都会的でPOPなベトナミーズ演歌?ということになるでしょうか。ちょっぴりハスキー、押さえたメリスマで中域の艶やかな歌声を楽しませてくれます …

続きを読む>

VAN HUONG / TE THIEN DAI THANH – TU ECH

〜向かって左 “TE THIEN DAI THANH” 売り切れ 〜向かって右 “TU ECH” 再入荷! ヴェトナム戦争以前からポップなスタイルのヴォン・コの代表的な歌い手とされていた人、のようです。“TE THIEN DAI THANH” はおそらく南ヴェトナムの旧サイゴン(現ホーチ …

続きを読む>

UT TRA ON, MINH CANH, UT BACH LAN / TINH ANH BAN CHIEU

南の軽歌劇カイ・ルオンにおける往年のスター3者を収めた1999年リリースCD〜16歳から歌い始めたというSP時代からの大スター UT TRAN ON (1919-2001)、未だ現役?男性歌手MINH CANH(1938-)、2016年に亡くなった最初期の女性スター Ut Bach Lan (1935-2016) という3者が並ぶ豪華CD。〜録音状態はそれほ …

続きを読む>

MY CHAU, MINH PHUNG, MINH CANH / MOI TINH QUE

ベトナムの大衆歌謡は20世紀初めに起こった軽演劇/改良劇“カイルオン”の中で歌われたベトナムの伝統的な歌謡や中華風歌謡、あるいは植民者フランス経由の西洋音楽、ルンバやタンゴなど、そうした多彩な挿入歌(歌&科白)から生まれたとされますが、この淡古/タン・コーという男女掛け合い歌謡ジャンルも、そうした欧化する社会で生まれた歌謡の一つかと思われ…..、 …

続きを読む>

BAY BA, VAN VI, NAM CO / CUNG THUONG HOA DIEU

“コ・ニャック”と呼ばれているらしいインスト・スタイルをそれぞれ、二弦の月琴=ダン・グエット、胡弓=ダン・ガオ、そしてギター(エレキ&スライド !! 含む)で演じる3人の名手をフィーチュアーした60年代後半頃?の録音で、ヴォン・コほか、さまざまな調子がアンサンブル、もしくはソロで演じられています。なんだか、ジャケをみているとトリオ・マタモロスとアルセニオ・ロ …

続きを読む>

V.A. / PHILIPPINE’S LUTE MUSIC

フィリピン・ミンダナオ島は同国の最南部にある2番目に大きな島~そして、同島の山岳地帯にあるセブ湖は先住民であるティボリ(トボリ)人の地理的・文化的中心となっている。本作はそのティボリ人の音楽を世界で初めて録音した貴重盤です。前作『セブ湖の11楽姉』と同様、虫の音や鳥の声など自然音もそのまま収録したフィールド・レコーディング。主役となるのはティボリ文化をフィリ …

続きを読む>

V.A. / FEMMES ARTISTES DU LAC SEBU (セブ湖の11楽姉)

フィリピンの少数民族、トボリ族の女性たちによる自然との対話の中から生まれた驚異のハーモニー32章~本作は、フィリピンのミンダナオ島の南部にあるセブ湖の少数民族、トボリ族の女性たち11人による自作楽器による演奏の数々を高音質でレコーディングした貴重な作品です。カランカランという明朗な音色を放つ竹筒琴のスルドイ、アイヌのムックリにも似た竹口琴のクンビン、ハープの …

続きを読む>

go top