MASHOKO FAMILY / MHURI YNGU

ジンバブウェの親指ピアノに魅せられ、毎年彼の地のミュージシャンによるCDRを現地制作にてリリースしてくれる松平勇二さんが、今年も新作を届けてくれました!で、本作は20世紀半ば、ジンバブウェ独立以前からムビラ音楽の復権と復興に努めた名手~初めてキリスト教会の中で、白人牧師の偏見を解きムビラを演奏した人としても知られる、サイモン “グェンニャンビラ& …

続きを読む>

ZONKE FAMILY / WASHORA MAMBO

ジンバブウェの親指ピアノに魅せられ、毎年彼の地のミュージシャンによるCDRを現地制作にてリリースしてくれる松平勇二さんが、今年も新作を届けてくれました!で、今回はムビラではなくマテペ(MATEPE)と呼ばれるマレンべ人の親指ピアノ・アルバムです。ジンバブウェとモザンビークの国境近く、ニャマパンダ(=NYAMAPANDA) という地域に住まい、親指ピアノ音楽を …

続きを読む>

ORCHESTRA SUPER MAZEMBE / MAZEMBE@45RPM VOL.1

貴重な音源の再発が続く東アフリカ音楽の価値ある再発盤がまた登場!オーケストラ・スーパー・マゼンベはケニア全土で人気を博したバンドですが、出身は〈アフリカ音楽の王様〉フランコを輩出したコンゴ民主共和国(旧ザイール)~1960年代後半に結成され、70年代半ばにはケニアの首都ナイロビを拠点にしてヒット曲を連発~一躍現地人気バンドの仲間入りを果たしました。80年代初 …

続きを読む>

ALI MOHAMMED BIRRA / GREAT OROMO MUSIC, ETHIOPIQUES 28

出ました!エチオピークス第28弾/最新作はオロモ・ピープルのスター歌手、アリ・モアメド・ビラの1970年代前半作品集〜実にカッコイイ!今までとはちょっと違いますね。オロモの人々はケニアやソマリアにも渡って住まうとされていますが、エチオピア人口の40%を占めるエスニック・グループであり、アムハラ人とともにエチオピアの2大勢力となっています。が、このCDの主、モ …

続きを読む>

ELECTRO BAMAKO

ギタリスト(普段ブルースを演っている)マルク・ミネリが前世紀末にマリの新世代ミュージシャンとトリオを結成〜それが、バンバラ&マンデ&ワスルのビートを電子化し注目を集めたエレクトロ・バマコ~その久々の3作目がセルロイド(!?)からリリースされました。~本作でマルクとトリオを組むのは、学究肌のジェンベ奏者ダミアン・トレニ、そしてカメレ・ンゴニ奏者にして官能ヴォイ …

続きを読む>

field rec. by COLIN M. TURNBULL / MUSIC OF THE RAIN FOREST PYGMIES

結局~このコリン・M・ターンブルによる、1950年代後半から60年代初めにかけフィールド・レコーディングされたピグミー音楽アルバム~内容的にこれ以上の音源はありませんよね…。旧ザイール/現コンゴの熱帯雨林=イトゥリの森に住まうムブティ・ピグミーの、この上なくシンプルで、この上なく深いニュアンスに満ちた豊饒・静寂の音世界!冒頭の雷の音で、もう持って …

続きを読む>

RAJERY / SOFERA

★ラジェル / ソフェル マダガスカルのヴェテラン、と言ってもいいでしょう。同島を代表する弦楽器ヴァリハを弾き語るシンガーソングライター=ラジェリ、4枚目のソロ・アルバムです。マダガスカルならではの繊細さを活かしながら、いかにもトロピカルなムードのアコースティックで軽快なハチロク・ビートの夏向きナンバーを楽しませてくれます。ジャケも南島気分、出してますよね。

続きを読む>

MOSE FAN FAN / THE CONGO ACOUSTIC

コンゴのヴェテラン・ギター&ヴォーカリスト=モーセ・ファン・ファン/フランコ&OKジャズの全盛期にギタリストを務めたファンファンによる1999年のソロ作が国内リリース!ケケレの03年作『コンゴ・ライフ』より先を行っていたアクースティック・コンゴ音楽路線で、生ギターをメインにした爽やかなサウンドに、アコーディオンやブラス・セクションも加わった温かい響きは、まさ …

続きを読む>

SIMOLO KATONDI / VACCIN D’AMOUR

  元カルティエ・ラタン~そしてバナ・キンのパーカッション&ヴォーカリスト=パリ在住シモロ・カトゥンディのファースト・ソロ!ということで、持って来てくれた(売りつけに来た?)コンゴ人の彼が言うことには、今パリのコンゴレーズの間で一番流行っているのはコレ!とのこと。なるほど、独特の雰囲気、たまには今時のルンバで踊りたいという方にはオススメ!タブー・フ …

続きを読む>

STAR NUMBER ONE DE DAKAR / LA BELLE EPOQUE

オランダの “DAKAR SOUND” やドイツの “PAM” からも復刻CDが出ていて(既に入手困難ですが…)初CD化曲は4曲ということになってしまう本2CD~が、しかし、その初復刻4曲の良さ、あるいは英文解説&初出写真の充実ぶりだけでもファンならばOK、ということになるかと、そー思っているわけで …

続きを読む>

TOUPS BEBEY & PARIS AFRICANS / PYGMY ATTITUDES

ベニンのガングベ・ブラス・バンドと並んでアフリカを代表するブラス集団(パリ・アフリカンズ)が、このカメルーン出身のトゥープ・ベベイ率いるブラスバンド!長らく定評の高かった本ブッダ盤CDは、カメルーンの森のピグミー音楽のポリリズムをブラスバンドで表現しようという試み(さすがフランシス・べb。ゲストにはアーチー・シェップを迎え、JAZZモードとカメルーン〜ピグミ …

続きを読む>

TARTIT / ABACABOK

タルティットは、マリの北部~サハラ砂漠のノマド(放浪の民/遊牧民)=トゥアレグの女性歌手たちをフィーチュアーした9人編成のグループで、マリからの独立運動によって生じたトゥアレグ難民キャンプにおいて1995年に結成されたとのこと…。~ティナリウェンに続く、“砂漠のブルース”本家本元トゥアレグ系ユニットのニュー・カマーということになります。驚くほど響 …

続きを読む>

TUNJI OYELANA / A NIGERIAN RETROSPECTIVE 1966 -79

コメディアンにして俳優、ハイライフはもちろん、ソウルでもファンクでも、カリプソでもアフロビートでも、何でもありのヨルバ系SSWでもあったトゥンジ・オイェラナの1966-79年録音集2CDです。1949年アベオクタ生まれ、イバダン大学在学中から演劇や音楽に関わり、卒業後は主にTVに出演いていたそうですが、その後、オーランド・ジュリアスの楽団に歌手として誘われロ …

続きを読む>

go top