MOSE FANFAN / MUSICATELAMA

おおっ!8年ぶりの新作です。コンゴ音楽史上最高のグループだったフランコ&OKジャズの全盛期に、フランコの右腕としてギタリストを務めた音楽家モーズ・ファンファンが久々に帰って来ました!現在イギリスを拠点に活動しているファンファンが発表したのが、話題となった2004年の前作『バイェケレイェ』~以来8年ぶりとなる新録音アルバムです。コンゴ音楽が本来持っていたキュー …

続きを読む>

D.O.MISIANI & SHERATI JAZZ / PINY OSE MER

  東アフリカの国ケニアを代表する音楽ベンガ、そしてそのカリスマ音楽家がミシアーニということになります。ドライなギターに、レゲエなみに大暴れするベース・ライン、小刻みなハイハット・ビートが一丸となって独特のグルーヴを作り出すベンガの醍醐味がタップリと味わえる名作が、この英国グローブスタイル盤~定評あるCDです。 Bass Guitar– Okech …

続きを読む>

JONI HAASTRUP / WAKE UP YOUR MIND

ナイジェリア1978年作~フェラ・クティ・バンドへの参加 / ジンジャー・ベイカーによる傾倒でも知られるドラマー=ジョニ・ハーストラップのソロ名義アルバムの複刻です!USファンク / ディスコ寄りの演奏の中に、ナイジェリアンならではの感覚がそこはかとなく漂うアフロ・レアーグルーヴ佳作です! http://www.youtube.com/watch?v=DKg …

続きを読む>

SIA TOLNO / OJU WATCH (single CD)

09年欧州デビューしたギニア出身/汎アフリカ的歌唱を聞かせる女性歌手~シア・トルノの4曲入りミニ・アルバムです。ミリアム・マケバの再来と言われたシアが今作表題曲ではアフロビートに挑戦、なかなかヴァイタルな歌声を聞かせていますよ。ほか、汎アフリカ的なアコースティック・アレンジ&メロディーの英語曲 / フランス語曲を収録~なるほどマケバを目指している感じは伝わっ …

続きを読む>

TEOFILO CHANTRE / MESTISSAGE

セザリア・エヴォラのアルバム『ミス・ペルフュマード』に楽曲を提供して以来(1992 年)、その作詞作曲の才を大きく評価されている自作自演歌手テオフィロ・シャントルの最新アルバムです。哀愁の名人芸と言うべき、ギターとまろやかな掠れ声によるソダーデの連続~フランス語とポルトガル語の歌詞をカボヴェルデの旋律に交え歌います。ベルナール・ラヴィリエとの絶妙のデュエット …

続きを読む>

SAMBA TOURE / CROCODILE BLUES

故アリ・ファルカのバンドでギターを弾いていたマリのヴェテランギ=サンバ・トゥーレ新作(欧州盤2作目)は、なかなか渋い境地のニジェール・デルタ系マリアン・ブルースを聞かせます。タマやジェンベ、あるいはソクやンゴニも聞こえるアンサンブルの中、故ロビ・トラオレをダルにしたような感じのギター&ヴィーカル・ブルース~あるいは、砂漠のブルースをちょっと湿らせたようなサウ …

続きを読む>

FANGA / AFROKALIPTYK NATION LIVE AT VICTOIRE 2 MONTPELLIER

フランス、モンペリエにてブルキナファソ出身のラッパーが中心となって結成された大所帯アフロビート・バンド=ファンガの初ライヴアルバム。2010 年に行われた地元モンペリエでのライヴの模様をCD+DVD で。下記リンクのビデオをご覧下さい。サラームはモンペリエに半年間住んでいたので、旧市街の中心Place de la ComedieやPolygoneが登場し、非 …

続きを読む>

AURLUS MABELE / SEBENE DANCE

2002年リリースのべスト盤再発です!初期スークースのスター・グループ=ロケトーを支えた歌い手、オーリュス・マベレの90年代ベスト~もちろんディブロ・ディバラもしくはディバラばりのギターが循環回転連続する中、意味不明の掛け声ヴォーカルを最初っから最後まで連呼し続けるだけというシンプル、というかややお馬鹿な曲ばかり!ま、ルンバ・コンゴレーズ /ダンスパートの拡 …

続きを読む>

GUELEWAR / HALLELI N’DAKAROU

アナログ起こしではなくオープン・リールから西アフリカ系POPを復刻するギリシャ人男性主催の於セネガル新レーベル“テランガビート”~その>>イドリッサ・ディオップ に続く第2弾はガンビアで70年代から活躍したグループ=グエレワールの1982年作!ガンビアはセネガルに隣する小国ですが、セネガルでも人気を呼んだという、あのスーパーイーグルスと人気を争っ …

続きを読む>

V.A. / NOISE & CHILL OUT, ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE, ETHIO SONIC

アフロビート同様、21世紀のインターナショナル・グルーヴと化したエチオピアン・ミュージックの、伝播流行ぐあいをコンパイルした2CD!選曲はエチオピークのプロデューサーでもあるフランシス・ファルセトで、全28曲のうち11曲が未発表だそうです!特に、ジャズ~前衛音楽家たちの<エチオ愛>は半端ではなく、本編集盤でも欧州録音を中心にジャズ・ミュージシャン+エチオピア …

続きを読む>

TETA / FOTOTSE -RACINES -ROOTS

映画『ギター・マダガスカル』出演ギタリストです!再入荷しました。マダガスカル南部のチュレアールの音楽ツァピックです。クロード・テタは1967年生れで、幼少時から父親と兄で地方のお祭りやダンスパーティーを盛り上げる音楽バンドをしていて、ツァピック的伝統のど真ん中にいたそうです。幼くしてマンドリンを習得、8 歳でギターに持ち替えたところ、その才能をして村人たちが …

続きを読む>

YE LASSINA COULIBALY / ANTHOLOGIE

ブルキナファソのジェンベ・マスターがバラフォンはじめ、コラや一弦ヴァイオリンなど各種弦楽器&打楽器アンサンブルにおいてヴォーカルを聞かせる作品です。ジェンベがあんまり聞こえて来ないところがミソ!?自らの多彩かつマルチな音楽性を聞かせるアンソロジー的新録となりました!伝承曲の解釈 / アレンジが聞きものです。 試聴可>>★

続きを読む>

DRC MUSIC / KINSHASA ONE TWO

ブラー、ゴリラズ、The Good, the Bad & the Queenなど様々なバンドをかけもつUKロックのリーダー的存在デーモン・アルバーンが世界から貧困を無くすために活動する団体OXFAMと組んだアフリカ音楽プロジェクト第二弾。第1弾MALI MUSICに続き今度はDRC(コンゴ民主共和国)がテーマ。デーモンが今年の夏にキンシャサを訪れ、J …

続きを読む>

DEBADEMBA, ABDOULAYE TRAORE & MOHAMED DIABY

期待のマリ新人女性ファトゥマタ・ジャワラが2曲でリードヴォーカルを取っています。そこんとこもポイント高いワケですが…、ブルキナファソ出身の歌い手=モハメド・ディアビーと、マリ/バマコ出身のギタリスト=アブドゥーライェ・トラオレによるユニット=デバデンバのファースト・アルバムとなります。基本的にはバンバラ・ルーツのメランコリックなバラード、マンディ …

続きを読む>

go top