DUB COLOSSUS / ADIS THROUGH TE LOOKING GLASS

元トランス・グローバル・アンダーグラウンドのマルチ音楽家=ダブラーによるエチオピアはアディスの音楽達との共演2作目です!ミミ・ゼネベほかの魅力的な女性歌手を前面にレゲエ風のエチオ・サウンドを聞かせる方向性は変わっていないわけですが、音作りも曲作りも一層練られて来て、聴き応えある快作に仕上がったと思います。エチオピア音楽の美観に沿った細部の繊細なアイデア / …

続きを読む>

V.A. / THE KARINDULA SESSIONS

“カリンドゥラ”と言えばザンビアやマラウィ、だと思っていましたが(参照 FROM STAFF )、コンゴ南部も地続きなんですから、そこにカリンドゥラがあっても不思議はないわけで、というより、ザンビアのカリンドゥラ自体、コンゴ的な感覚と南部アフリカ的な感覚が交わっている風に聞こえるように、本CDで聞ける、よりコンゴ的な感覚が強いカリンドゥラには(~世界初紹介と …

続きを読む>

ORLANDO JULIUS &AFRO SOUNDERS

レゴスに英ドラマー、ジンジャー・ベイカーが開設したARCスタジオで1973年に録音された~ハイライフ / アフロビート系アルバム~フェラ・クティがアフロビートから切り捨てたトーキング・ドラムやヨルバ系ハイライフの歌い口を存分に用いたローカル・ファンク、とでも言いますか、時に間延びした雰囲気のグルーヴが捨てがたい味を醸します!  

続きを読む>

SOLO SITA / BEST OF

アンピル・バクバ / マリンガ・システム / キンスターを遍歴したコンゴ人男声 “ソロ・シータ” のベスト盤!この人ならではの、変わることのない明朗快活ダンサブルなスークース路線が楽しめます!夏向きですねえ、内陸の国コンゴなのに、海辺のジャケットに違和感ナシ~なんと現在、アンピル・バクバ再結成準備中とのこと!

続きを読む>

SEUN KUTI & EGYPT 80 / FROM AFRICA WITH FURY, RISE

なぜかリオ・デ・ジャネイロ録音、それにブライアン・イーノがプロデューサーに加わっていて、ちょっと心配してたんですが…?全然OKこれはスゴイ!~全く無駄の無いガッツの入ったエジプト’80 の演奏もさることながら、シェウンのカリスマが光って来ました(何しろ歌がイイ)!多くは語りません、フェラ直系のアフロビート健在!とだけ断言させていただき …

続きを読む>

ETHINESH WASSIE & LE TIGRE DES PLATANE / YEZEMED YEBAED & ETHIO EXPERIENCE

エチオピア音楽好きは必携の二枚組DVD。一枚目はドキュメンタリー。エチオピア音楽に心奪われた、南仏モンペリエのフリージャズ・バンド、ル・ティーグル・デ・プラタヌが在仏のエチオピア人女性歌手エテネッシュ・ワシエを迎えて、エチオジャズ作品を発表する。その後、エテネッシュが彼らを連れて故郷に錦を飾るという旅を追った作品。コンサート映像の他、アムハ・エシェテ(アムハ …

続きを読む>

MARIANA RAMOS / SUAVIDANCA

カーボ・ヴェルデで人気の女性歌手11年ニューアルバム。アコースティックなアレンジながら、モルナ,コラデイラ,フナナ,バツク,マズルカ、アフロサンバなどカラフルでグルーヴィーな12 曲。アンジェリック・キジョーとホルヘ・フンベルトがゲスト参加。歌詞英仏訳付きです。セザリア・エヴォラは金太郎飴過ぎるし、マイラ・アンドラーテは初々しすぎる、という熟女好きの皆さまも …

続きを読む>

BOMBINO / AGADEZ

砂漠のブルースの新世代を代表するボンビーノは、ニジェール北部のアガデス州にて1980年に生まれたトゥアレグ人ギタリスト/ソングライター。ティナリウェンやアリー・ファルカ・トゥーレをアイドルとして音楽を身に付けていった彼は、同時にジミ・ヘンドリックス、マーク・ノップラー、ジョン・リー・フッカーといった欧米のロックやブルースのギタリストにも傾倒し、独自のスタイル …

続きを読む>

TERAKAFT / ARATAN N AZAWAD

〈砂漠のブルースの雄〉ティナリウェンの新旧メンバーも在籍してきたマリの人気グループ、テラカフトが約2年半ぶりに放った新作です。これまで頑なにパーカッションの導入を拒んできた彼らでしたが、この3作目ではついにそれを解禁~よりバンド・アンサンブルの充実が図られるようになっています。が、彼らが当初より持ち合わせてきた反骨精神はこれまで通り健在~ストイックなまでに塩 …

続きを読む>

VARIOUS ARTISTS / ISHUMAR 2 , NEW TUAREG GUITARS

誰もが認める〈砂漠のブルースの雄〉と言えばティナリウェン。その世界デビューから10年が経過した今、シーンには様々な若手たちが登場して充実した活動を見せるようになっています。このアルバムはそんな砂漠のブルースの現在をダイジェストに知れるな編集盤~主に若手アーティストを中心としたラインナップで綴られたこのアルバムには、ティナリウェン・スタイルのオーソドックスなも …

続きを読む>

TUNDE THE WESTERN NIGHTINGALE / 70’s recordings x4 items

アデやオベイに先行し活躍したオールド・タイマー / ジュジュの先駆者の一人=トゥンデ・ナイチンゲールの1970年代の録音集Vol.1~4です。サニー・アデが最も影響を受けた人物としても知られます。 IWA RERE  これは珍しいですねえ、トゥンデ・ナイティンゲールがウェレ・ソングっぽいパーカッション音楽を聴かせます。フジともアパラとも違う感触ですね。~いつ …

続きを読む>

LES ESPOIRS DE CORONTHIE / TINKHINYI

廉価盤にて再発です!ギニアの首都コナクリのスラム/コロンティで活動する若手音楽集団~レゼスポワール・ドゥ・コロンティの欧州リリース盤です!コラ、バラフォン、ジェンベ、ギター等を中心とした民俗色濃いアンサンブルをバックに、POPと見まがうようなイキのいい歌声&ヴァイタルなコーラスを多数のメンバーが入れ替わり、かわるがわる聞かせてくれます。楽しいですねえ、現地密 …

続きを読む>

TRIO KAZANCHIS / AMARATCH MUSICA -ETHIO SONIC

アフロビートに続いて?数々の欧米フォローバンドを生み出しているエチオグルーヴですが、コレはズバ抜けてハードですねえ!仏BUDA の新レーベル”エチオ・ソニック”からのリリース~スイスを拠点に活動するエチオグルーヴ・ユニット=トリオ・カザンチスのファーストです!エチオピア人でエレクトリック・クラール(伝統竪琴)奏者のメッセレ・アスママウ …

続きを読む>

ANDY BROWN / CHIWOKO

ジンバブウェを度々訪れる>松平勇二さんに買付けていただきました。感謝!というわけで現地ナンバー1人気のアンディ・ブラウン新作です。1962年生まれというから、そろそろ50才、若手若手と言われ続けて来ましたが、いかにせんジンバブウェの状況が悪かった、のかも知れませんねえ…。こちらも当方が知る限り7年ぶりの新作になるんじゃないでしょうか?ドレッド・ヘ …

続きを読む>

go top