V.A. / WELCOME TO ZAMROCK ! How Zambia’s Liberation Led to a Rock Revolution 1972-1977

WELCOME TO ZAMROCK ! ザンビアの長期経済低迷の中で消えてしまったガレージバンド・スタイル “ザンロック”花盛りし頃の、強烈なサンプルがコレ〜写真満載ブック仕様! 1. Ngozi Family – Hi Babe 2. Musi-O-Tunya – Musi-O-Tunya 3. WITCH – You …

続きを読む>

BRIAN CHILALA & NGOMA ZASU / VANGAZA!

出ました!去年、大いに話題を呼んだCD“AFRICAN GEMS” をリリースしてくれたオランダSWPの新譜は、ザンビア現地録音による人気バンドのベスト盤 2004-08 年録音(さすがSWPのリマスターは素晴らしい)〜ザンビア・ロック=ザンロックの残党?にして、ケニアのベンガビートのように独特なベースラインを持つザンビア〜コンゴ国境 …

続きを読む>

RIKKI ILILONGA & MUSI-O-TUNYA / DARK SUNRISE

長期のザンビア経済低迷の中で失われてしまったエレキ・バンド・スタイルの“ザンロック”=欧米スタイルの影響を斬新に消化した1970年代ザンビアPOPが今は昔盛んだったという話は聞いたことがありますが、その強烈なサンプルがコレ!このほど目出度く複刻されたザンロックのゴッドファーザー=リッキ・リロンガとそのバンド、ムシ・オー・トゥニアの73~76年の音源を複刻収録 …

続きを読む>

MASHOMBE BLUE JEANS / MAANU AANU NOBASANKWA

ジンバブウェとの国境地帯を流れるザンベジ川の流域に住まうトンガ人(バントゥー系)による、ハンドメイドのギター&ベース&ドラムセット、そして各種打楽器から成る生音バンドということで、以前、オランダSWPからリリースされていた>『ザンビア・ロードサイド』あたりを愛聴されている皆さんなら、ああ、あーゆう感じね、と思われるかも知れませんが、まあ、そーゆう感じです。た …

続きを読む>

GREEN MAMBA / MOYO TAUKKALI MUKAMBA

南部ザンビアで広く愛されているFM局“ラジオ・チクニ”主催するところのカリンドゥラ音楽フェスで登場したグリーン・マンバという、やはりトンガによるハンドメイド楽器バンドの08年作です。~同じフェスに出場し人気を得たマションベ・ブルー・ジーンズのライヴァル・バンドだということですが、マションベみたいな突き抜けたPOPさには欠いているものの、よりフォーキーなカント …

続きを読む>

CHRISSY ZEBBY TEMBO & NGOZI FAMILY / MY ANCESTORS

昨今はストリート系手作り楽器バンドによる“カリンドゥラ”POPが旺盛を極めている、らしい、ザンビアですが、1970年代には “ザンロック” と呼ばれたジャンルのもと、欧米ロックの圧倒的な影響下に育ったバンドも多かったということです。そんなザンロック時代の代表的バンドの一つでもあったチリッシー・ゼンボ・テンボ&ンゴジ・ファミリーの1974年のアルバムが、ドイツ …

続きを読む>

VARIOUS FIELD REC. / THE KANKOBELA OF THE BATONGA VOL.1 – recorded in Zambia & Zimbabwe

おもしろいですねえ!けっこう強烈だったり夢幻的だったり、より自然音に近い?とでも言いましょうか…、ジンバブウェのムビーラとも、東アフリカのイリンバや、中央~西アフリカのリケンベやサンザ・ミュージックとも似て非なるバトンガ・ピープルの親指ピアノ演奏集!ヒュー・トレイシー復刻でお馴染みのオランダSWPレコーズ/マイケル・ベアードによる08年のフィール …

続きを読む>

V.A. / ZAMBUSH VOL.1, Zambian Hits From The 80’s

ザンビアの80年代ポップがつまったコンピレーションです。ヒュー・トレイシーのフィールド録音複刻を推し進めていたオランダSWPレーベルからのリリース!ギター・バンド中心ですが、~そのロケーションからも想像できるように、ジンバブウェのチムレンガ系ポップや南アのズールー系ポップとの類似もあります。が、どこかよりメロウ、そして定形にはまらない自由なムードもたたえてい …

続きを読む>

V.A. / ZAMBUSH VOL.2

シリーズ2作目~ザンビア・ポップ・ミュージックの黎明に遡り、1960~70年代に彼の国で活躍した3グループを紹介複刻しています。まずは60年代のビック・ゴールド・シックスなるグループ~ジャケットのタキシード姿の6人なんですが、これがイイ!ガーナのギター・バンド・ハイライフ、もしくは初期ザイーレアン・ルンバを、ジンバブゥエ風に細分化したようなギター・サウンド? …

続きを読む>

V.A. -FIELD RECORDINGS / ZAMBIA ROADSIDE 2

ヒュー・トレイシーの意志を継ぐオランダはユトレヒトのSWPレコーズの新作です!>>前作(02年リリース)の同タイトルCDの続編となるわけですが、こちらは1996 / 2002 / ’08 / ’10 に渡る4回のザンビア現地録音を集めたもの〜待望の続編となるわけです。SWPレコーズの社主マイケル・ベアードはザンビア生まれの …

続きを読む>

V.A. -FIELD RECORDINGS / ZAMBIA ROADSIDE, Music From Southern Province

ヒュー・トレイシー=コレクションをリリース中のオランダSWPオリジナル~1996/2002年の2回のフィールド・レコーディングによる路上のザンビア音楽オムニバス=昔ながらの伝承音楽的演奏から、最近のアフリカン・ポップ事情を還元した、新民俗音楽的?道端ミュージックまで…、柔軟な姿勢でザンビアのフォークロアを綴る労作ですね。多くはハンドメイド楽器アン …

続きを読む>

VARIOUS FIELD REC. / THE KANKOBELA OF THE BATONGA VOL.2 – recorded in Zambia & Zimbabwe

☆トンガ族のカンコベラ VOL.2 ザンビア/ジンバブウェ国境地帯のザンベジ川流域に住まう、バトンガ人の古老男性たちによる小さな親指ピアノ=カンコベラの演奏をフィールド・レコーディングしたCD第2弾 by ヒュー・トレイシー復刻でお馴染みのオランダSWPレコーズ/マイケル・ベアード!ということで、第1弾は08年の現地録音のみを収めていましたが、このCDでは遡 …

続きを読む>

MASHOMBE BLUE JEANS / MAKALI ONE

ジンバブウェとの国境地帯を流れるザンベジ川の流域に住まうトンガ人(バントゥー系)による、ハンドメイドのギター&ベース&ドラムセット、そして各種打楽器から成る生音バンドということで、以前、オランダSWPからリリースされていた>>『ザンビア・ロードサイド』あたりを愛聴されている皆さんなら、ああ、あーゆう感じね、と思われるかも知れませんが、まあ、そーゆ …

続きを読む>

go top