CONJUNTO CHAPPOTTIN Y SUS ESTRELLAS

1950年代から80年代までに活躍したバイラブレ系(ダンス系)バンドのベスト選集シリーズ「アグルパシオネス・バイラブレス」の新作です。キューバのトランペット・スタイルの基礎を築いたと言われるチャポティーンがリーダーをつとめ、革命前~革命後に渡って活躍したキューバを代表するコンフントの歴史的名演を集めたコンピ、24曲入り~LP-PUCHITO107、EGREM …

続きを読む>

LOS AMIGOS Y COLABORADORES / JASPE COJIMAT, ANIVERSARIO 85 “LA TERRAZA”

宮本くん現地買付感謝! 「老人と海」の舞台にもなったハバナの近郊コヒマルの~ヘミングウェイ行きつけのレストラン=ラ・テラサ・デ・コヒマル創立85周年記念完全手作り~レストランのハウスバンド4人組みによるオールド・ソン&グァヒーラ有名曲演奏集15曲入りCD-Rです!エル・チャン・チャン / ソン・デ・ラ・ロマ / グァヒーラ・グアンタメラほか、誰でもが知ってい …

続きを読む>

LECUONA CUBAN BOYS AND ANTOBAL’S CUBANS

過日、あの沢田研二も歌った「アマポーラ」のオリジナルを聞きたいんですけどと、お客さまに依頼されたんですが、無いんですねえ…レクォーナ・キューバン・ボーイズの「アマポーラ」、あんな名曲が今CDで買えナイなんて、ちょっとびっくりしていろいろ当たってみると、ありました。コノ盤に当たったわけですね。で、取り寄せて聴いてみると、これが、SPノイズ丸出しの1 …

続きを読む>

LA CANA

キューバン・ソンのフォーマットを借りて、日本的情緒を表現するバンド、“ラ・カーニャ”~オリジナルの70年代フォーク的なメロディと日本語の自然な響きが、ソンのアコースティック・サウンドとマッチして、リズミカルながらほっこりした脱力系音楽に仕上げています。まさに“叙情派フォーク・ソン”のといった趣が楽しめう異色グループ!?リーダーの末永雄三は、キューバの複弦3コ …

続きを読む>

MAS QUE SON / UN POCO MAS

3人のキューバ人が、スペインのカナリア諸島で結成したグループです。音楽的なベースはキューバの伝統音楽ソンに置きながら、彼らはその「ソンよりもさらに…それ以上を…ほんの少しだけ」というコンセプトとおり、ソンの一つのルーツ、トローバや、ソンとは兄弟関係にあるボレロやフィーリン、ヌエバ・トローバの要素、さらにほんの少しの他カリブ音楽の要素を織り交ぜながら、カナリア …

続きを読む>

ARMANDO SANCHEZ Y SU CONJUNTO SON DE LA LOMA

1920年ハバナ生まれのパーカッション奏者で、セプテート・ナシオナルなどに参加した後、米国に渡って活躍したアルマンド・サンチェス。彼がリーダーとして率い、マルセリーノ・ゲーラらが加わっていたこともあるコンフント・ソン・デ・ラ・ロマの録音のアンソロジー・ベストです。80年作『アシ・エンペソ・ラ・コサ…』や、このところ単独盤としても初CD化された、ピアノのアルフ …

続きを読む>

TOTO LA MOMPOSINA / CARMELINA

コロンビアのフォークロア音楽を採集再生し、キューバなど、他のアフロ・ラテン音楽の要素を取り入れ、パン・カリブ的な軽快かつ深みある音楽を造り上げたコロンビア女性歌手トトー・ラ・モンポシーナの1995年録音盤。本作では、ガイタやポロといったコロンビア音楽を収録〜しかもソンやグァラーチャ風味もそこはかとなく漂い、アコースティック・ミクスチュアーの妙を聞かせます。> …

続きを読む>

SEPTETO SANTIAGUERO / VAMOS PA’LA FIESTA

 キューバのサンティアーゴ・デ・クーバを代表するトラディショナル・ソン系バンド、セプテート・サンティアゲーロ。2年ぶりの新作通算7作目の登場です。前作で、現行ソンのトップ・バンドであることを印象づけましたが、今作ではその貫禄を受け皿に、サルサ界のスターをゲストに迎え、文句なく楽しいアルバムを仕上げてくれました。そのスターとは、最近発売された共演アルバムが話題 …

続きを読む>

go top