TROVADORES CUBANOS / ANTOLOGIA DE SINDO GARAY


trovadores-uniko19世紀から革命時代の60年代まで活躍、101歳で逝くまでに600曲もの楽曲を残したキューバのトロバドール(SSW/トローバ・トラディシオナル)、シンド・ガライ、現在も歌い継がれる名曲の数々を彼自身の指導受けた後継者達が録音したアルバムです(シンド自身は演奏していません)。全くの音楽的教育を受けることなく、ソン、ボレロなどのキューバのポピュラー音楽のスタイルの成立に多大な貢献をした偉大な作曲家としてキューバの全ての音楽家達に尊敬される存在で、このアルバムにも含まれている「ラ・タルデ」、「ペルラ・マリーナ」、「タルデス・グリセス」、「レトルナ」など今現在でも多くのアーティストにカバーされています。録音は60年代前半と思われ、彼のご子息であり、長年シンドとともに活動を共にしていたグアリオネクス(GUARIONEX)やアドリアーノ・ロドリゲス、ドミニカ・ベルガスがボーカルを務めています。ギター一本のシンプルなバック、演奏は伝説的名ギタリスト、オクタビオ・コタンが弾いています。一聴淡々とした演奏の中に潜む、洗練されたハーモニーと息を呑むようなリズムは、この時代のキューバの抑制された美学が感じられ今聞いてもその新鮮さは失われていません。キューバで過去にLPで発売(LD-3109)されたもののCD化。本盤はCD-Rですが、今現在この音源はこの盤でしか聴けないはずで貴重です。

go top