DELE ABIODUN / ILE OLA MI

Sunny Ade & E.Obey とともにジュジュ三羽烏と呼ばれたアダワ・スーパー・キングことデレ・アビオドゥン久々のオススメ盤です!1977年作、ゆったりリラックスした雰囲気で始まり、次第にジワジワ盛り上がって行くミディアム・グルーヴがたまりません!空気感がイイというか、真綿でしめるというか、三者三様の中でもなかなか通好みデレ・アビオドゥン、そ …

続きを読む>

DELE ABIODUN / ASIKO LOTO

同内容ジャケ違いで在庫ございます。たぶん、向かって左が古いプレスです。 Admiral Dele Abiodun & His Top Hitters Band 1976 [A] Asiko Loto / Obinrin Ki Wo Oro / Lai se Lai ro / Awa Onilo Nile Yi / Mi O Sako Mi O Feg …

続きを読む>

CHIEF COMMANDER EBENEZER OBEY / CURRENT AFFAIRS

オベイ 御大1980年のJUJUです。当方、アナログ時代にオベイ作品中でも愛聴した一枚です。いつの間にかCD化されていましたので、ここはガツンとオススメ致します(アナログに較べて、やや音が硬いのが残念ですが、音質は上々です)。アデに較べるとやっぱりキャッチーさ、というか分かりやすさにおいて劣るオベイかも知れませんが、土性骨はアデより太いでしょう、間違いなく( …

続きを読む>

ADMIRAL DELE ABIODUN & His Top Hitters Band / ELEMU NGET ON

←ジャケ違い同内容!今回は青ジャケにて再入荷!〜Sunny Ade & E.Obey とともにジュジュ三羽烏と呼ばれたアダワ・スーパー・キングことデレ・アビオドゥン久々のオススメ盤です!1978年のヒット・アルバムのオリジナル復刻、充実しています!〜ジグザグしたフレーズを繰り返すツイン・リズムギター&スライド・ギターも聞かせるリードギターが中空を舞い …

続きを読む>

SUNNY ADE AND HIS AFRICAN BEATS / VOL.12 SYNCRO SYSTEM MOVEMENT

こちらがUKアイランド・レーベルから1983年にリリースされた名盤 “SYNCRO SYSTEM” を遡ること約10年前にリリースされていたアフリカン・ソングス時代のオリジナル “SYNCRO SYSTEM MOVEMENT” になるわけですね。で、幾分スローではありますが、あの有名な “シンクロォ〜、〜シンク …

続きを読む>

SUNNY ADE & HIS AFRICAN BEATS / VOL.11 ORO T’ONLO

こちらも1973年頃の録音 / リリースかと思われる African Songs盤のLP復刻CDです。アデのスティール・ギター奏法も確立、幾何学的?とでも言えそうな複数ギターの自由なフレイズの交わりが、ジュジュの新時代を告げている充実盤ですね! (A) Sunny Ti De / B’Onipele Nroju / Oro T’Owo …

続きを読む>

SUNNY ADE AND HIS AFRICAN BEATS / 10th ANNIVERSARY SPECIAL, Ki Lanfani Orogbo vol.9

本来は African Songs Vol.9&10ということでLP2枚組、〜[A] Ogidan Ko Ni Se Barber / Ki Lanfani Orogbo [B] Ibanuje Mo Niwon / Benson [C] Ariya Odun Kewa [D] Teni Begi Loju〜という4トラックが収録されているはずの10周年記念 …

続きを読む>

GENERAL PRINCE ADEKUNLE / GIVE US THIS DAY

ジャケが変更されての再入荷です。お間違いのないよう! ナイジェリア西部、ギニア湾寄りレゴスから100キロほど内陸の都市アベオクタ出身、70年代JUJUのイノヴェイターの一人です。英国へ渡っての演奏活動もしばしばだったことから、サニー・アデよりも先に欧米で知られた存在だったそう。そのバンド、スーパーソニック・サウンズは、若きサー・シナ・ピーターズ&セグン・アデ …

続きを読む>

EBENEZER OBEY / VANITY

これもまたオベイ、80年代(1988)の名盤と言わざるを得ません!2曲収録、LPアルバムのA面とB面長尺2曲とも、実にオベイらしいミディアム・アップの “ジャム・バンド” 風展開(〜先年、ナイジェリア音楽ファンの大先達、遠藤斗志也さんがおっしゃることには、「エベネザー・オベイはジャム・バンドの先駆だ」と、なるほど、思わず膝を打ちました…)〜複数ト …

続きを読む>

go top