PANDIT BALARAM PATHAK, KINARI BHAIRAVI, MISRA PILU / INDE DU NORD

〜北インド シタールの神 パンディット・バララム・パタックの至宝的録音 収録曲 ラーガ・ビラースカニー・ドーディー/ラーガ・キナリ・バイラヴィ/ラーガ・ミシュラ・ピルー パンディット・バララム・パタック(シタール) ヴィノデ・パタック(タブラ) クリスティアン・ルドゥー(ターンプーラー) 録音:1986年3月18日/フランス放送 *シタールの神様パンディット …

続きを読む>

DEBASHISH BHATTACHARYA / HAWAII TO CALCUTTA, A Tribute To Tau Moe

★デバシシュ・バタチャルヤ/ハワイ・トゥ・カルカッタ:タウ・モエに捧ぐ ハワイアン・ギターとインドの不思議な繋がりをインディアン・スライド・ギターの名手が紐解く! 前作『フロム・ダスク・ティル・ドーン』でラーガに取り組んだインディアン・スライド・ギターの現役最高峰、デバシシュ・バタチャルヤがハワイ音楽に挑戦!この驚きのコンセプト・アルバムは1920年代から活 …

続きを読む>

SHASHI & RAVI BELLARE / TABLA JUGALBANDI FOR USTAD SAMSHUDDIN KHAN

  双子のタブラ奏者、シャシ・ベラーレ(1927-2012)ラヴィ・ベラーレ(1927-2005)によるタブラのデュエット作。アフメジャン・ティラクワ、シャムスディン・カーンといった巨匠達と並び称されるタブラの妙技。1968年4月のムンバイでの録音とプロデュースはスウェーデンの打楽器奏者ベングト・ベルガー。 1. Teental – V …

続きを読む>

DEBASHISH BHATTACHARYA / SLIDE GUITAR RAGAS FROM DUSK TILL DAWN

★デバシシュ・バタチャルヤ/フロム・ダスク・ティル・ドーン エキサイティングなインド古典音楽! 原点回帰したインディアン・スライド・ギタリスト 前作『ビヨンド・ザ・ラーガスフィア』(ライス)ではジョン・マクラフリンやジェリー・ダグラスといった各界のスーパー・ギタリストをゲストに迎えて斬新なサウンドを聴かせてくれたインディアン・スライド・ギタリスト、デバシシュ …

続きを読む>

ZAKIR HUSSAIN / BEST OF ZAKIR HUSSAIN

UKのARCレーベルからタブラ・ソロ/タブラ・デュエット集がリリース。13拍子(ジャヤタール)、14拍子(ディープチャンディ)、16拍子(ティーンタール)の全4曲収録。燃えます!ベストと銘打たれた本作、確かにベストな演奏が、北インド古典としてはコンパクトにまとまった曲において楽しめます。ザキールを聴いてみたいけれど、どれから聴こうとお悩みの方には、まずオスス …

続きを読む>

BEGUM PARVEEN SULTANA / PARVEEN

1950年生まれで“ヒンディスターニー音楽の女王”と称されるヴェテラン・ムスリム系女性声楽家=パルヴィーン・スルタナの、00年代において至った素晴らしい境地を示すライブ録音04年作~10代半ばからプロとして活躍し、映画音楽やバジャンやガザル、トゥムリも歌いこなし、もちろん本作に聴かれるような北インド古典/カヤールにおいても発揮される、その繊細聡明、かつ力強く …

続きを読む>

KANKANA BANERJEE / KHAYAL, CLASSICAL VOCAL

サレガマ/カヤール・シリーズの中でもオススメしたいのがこの人~北インド古典声楽女性歌手のカンカナ・バネルジー、なんだか原節子を思わせるような面立ちなんですが…、本CDはそんなに古い録音ではありません。80年録音のラーガ&ダドラが3曲、84年録音のラーガが5曲ということで全64分~やや高域の繊細かつ落ち着いた声質で(女声カヤールに時にありがちなキン …

続きを読む>

GIRIJA DEVI / MANDHARI

1929年生まれ、5歳の時から声楽を始めたというインド古典声楽シーンを代表する存在の一人=ギリジャ・デヴィ2005年のライヴ録音です。サポート・ヴォーカル、タブラ、サーランギの伴奏で、”Malkauns” のラーガを披露してくれます。ミスティック!

続きを読む>

VISHWA MOHAN BHATT, MYSORE MANJUNATH / VIRALA

北インド古典音楽を代表するスライドギター奏者ヴィシュワ・モハン・バット新作は南インド古典音楽のヴァイオリン奏者マイソール・マンジュナートとの南北 古典フュージョン@SAPTAK音楽祭ライヴ盤です。南インドの香り漂うラーガ・ダルマヴァティをたっぷりのアーラープ(27分間!)と全行程81分 (CDの限界に挑戦!)で描ききっています。80分が短く感じる素晴らしい演 …

続きを読む>

RAJAN & SAJAN MISRA / BENARES

英国センス・ワールドミュージックの10年夏のリリースから。ヴァラナースィーの名門音楽一家ミシュラ家のラジャ ン&サジャン・ミシュラ兄弟によるカヤール集。サプタク音楽祭で珍しく午前中に開かれた公演を収めたものです。二枚組で、前半は朝のラーガ・ジャウンプ リ、後半はブリンダバニ・サラングという午後のラーガ、今も悠久の時の流れをかんじさせてくれるコテコテのヴァラナ …

続きを読む>

RAJAN AND SAJAN MISHRA / VOICE FROM THE HEART

いわゆる“ジャガルバンディ” 〜デュオで同時に演じることを指しますが、北インド古典声楽 の世界でジャンガルバンディと言えば、このヴォーカル・デュオ、ヴァラナースィー名門出身のラジャン&サジャン・ミシュラでしょう。タブラーとハルモニウムを従えラーガ・サラスワティとバジャンを歌います。サプタック・フェスティヴァルでのライヴ・レコーディング!

続きを読む>

SHUBHA MUDGAL / SHAMA

北インド古典声楽/カヤールや、ダドラ、バジャン、スーフィー歌謡などのジャンルでも活躍して来たヴェテラン女性歌手、シューバ・ムドゥガルの04年のライヴ録音です。ここではカヤールを、自ら奏でるタンブーラと、アニーシュ・プラダーンのタブラ随奏のみで、夜のラーガ、ラゲシュリーを緩急自在に歌いきります。 △参考

続きを読む>

NINA KAUR VIRDEE / GURBANI KEERTAN

IN LOVING MEMORY TO “BHAI GURMIT SINGH VIRDEE(1937-2005)”というわけで、タブラ奏者であり教師であり写真家、そして音楽プロモーターでもあったシ偉大な父に捧げられたデヴォーショナル・ソング・アルバムです。綺麗な人ですね。(LIVE RECORDINGS AT DARBAR FES.) ▽収録曲!

続きを読む>

go top