VIOLIN / CIMES

フランスの4人組インディ・ロック・バンド。2019年のセカンド作です。フランス語の響きにマッチした気怠さを内包したようなヴォーカルに、エレクトロ要素を加味した音作り。レディオヘッドやポーティスヘッドなどに影響を受けたという、アート性高めのサウンドです。(サプライヤーインフォより) 1. Descendre en soi 2. Cimes 3. L&#8217 …

続きを読む>

STO MUCH

オーストリアとチェコとハンガリーとポーランドとウクライナに囲まれたスロバキアのロックバンド、2019年の作です。なんか素人っぽい女性ヴォーカルがちょっと気に入ってしまったので、入荷…それだけ? 1 Urobme Si Kapelu 2 Punčová 3 Agát 4 Malé Plusy 5 Poleno 6 Modré Psisko 7 In …

続きを読む>

GENER / OH, GERMANES !

スペイン地中海岸バレンシアの5人組バンド、ジェネルによる2016年のセカンド作です。ポップ・ロック、ソウルや地中海フォーク成分にサイケ風味な味付けを施した、ニューウェーヴ色とかも感じさせる音楽性。テーム・インパラやアラバマ・シェイクス、ニーナ・シモンにジョン・レノン、グリズリー・ベアやらザ・フーやらを吸収したものということで、詞はカタルーニャ語系のバレンシア …

続きを読む>

JONAS SÁ / PUBER

ジョナス・サーの程よく力の抜けたメロウ・ソウルな作品がいまの気分!〜シネマというバンドで活動していた父のもと、78年リオ・デ・ジャネイロの生まれ。兄のギタリスト – ペドロ・サーがバンダ・セーとして共演するカエターノ・ヴェローゾのアルバム「Cê」ではゲスト参加を果たした他、オルケストラ・インペリアルではフーベン・ジャコビナと共作共演、ニナ・ベッケ …

続きを読む>

RODRIGO AMARANTE / CAVALO

お待たせしました Rodrigo Amarante 初ソロ作!一度リリースされかけたのですが、製造上の問題で再生産となっていたホドリゴ・アマランチのアルバム。絶大な人気を誇ったブラジルのロック・バンド – ロス・エルマーノスでは、既にソロを三作リリースしているマルセロ・カメロに次いで各アルバムのポイントとなる楽曲をコンポーズ、リトルジョイでは米国 …

続きを読む>

DANI BLACK / DILUVIO

大成功を収めた若手S.S.W.5人から成るユニット – シンコ・ア・セコの創立時のメンバー(のちに脱退)で、マリア・ガドゥとの共演のほか、上記ダニ・グルジェル&ノーヴォス・コンポジトーレスの名盤「Agora」でもフィーチャーされているダニ・ブラッキ、待望の2nd アルバムが届きました。アーバンなAORテイストとブラジル産ハイブリッド・チューンのオ …

続きを読む>

V.A. / 開天闢地

中国 new wave 80’s rock コンピレーション! vol.1 01. 最後一槍 – 崔健 02. 一無所有 – 吳小蕓 03. 黃土高坡 – 孫國慶 04. 別無選擇 – 胡月 05. 錯 – 王虹 06. 不是你的錯 – 王迪 07. 血染的風采 &#8211 …

続きを読む>

404 / 1

チョン・セヒョン(gt. vo.)、チョ・インチョル(dr.)からなる、韓国の男性2人組ロックバンド=404(サーコンサー)。韓国伝統歌の歌唱法に影響を受けた、こぶしの効いた独特のボーカル・スタイル、切り裂くようなギターリフ、表情豊かなドラミングで他バンドの追随を許さない魅力を放つ。2012末〜2013年初にリリース&来日を果たした韓国のYamagata T …

続きを読む>

go top