JOSE ANTONIO MENDEZ / フィーリンの誕生

キューバ歌謡フィーリンの名盤復活! 森田潤さんによるリマスター盤(音源も差し替えています)。 (音質ワルッ!と、言われ続けて早7年..?) …今度はきっとご満足いただける音になっているかと思います。 *以前のプレスよりも音に奥行きが出ていること、ヴォーカルが前に出て聞こえること、 そして、音の輪郭もハッキリしているんじゃないかと、その辺を是非お楽 …

続きを読む>

CELIA CRUZ / THE UNDISPUTED QUEEN OF SALSA

20世紀キューバ音楽の女王の50年代 SEECO レーベル録音(with ソノーラ・マタンセーラ) & 60年代前半 TICO レーベル録音(with ティト・プエンテ楽団ほか)50曲分を2CDにコンパイルした良質ベストです!>こちらが廃盤になってしまったので、今この時期の録音を手軽に聴けるのは本CDだけ! CD 1 1. Yerbero Moderno ( …

続きを読む>

PEDRITO MARTINEZ / RUMBA DE LA ISLA

    アフロ・ルーツ・パーカッショニスト、ペドロ・マルチネス矢継ぎ早の新録。パーカッションでロマン・ディアス、ラテン・ジャズ・ベースのヴェテラン(昔ラテンSOUL)のジョン・ベニーテス、そして女性歌手にはシオマラ・ラウガー、さらにサルサ・ヴァイオリンの巨人アルフレッド・デ・ラ・フェまで参加した強力なアルバムとなりました! Pedrito …

続きを読む>

ADALBERTO ALVAREZ Y SU SON / RESPETO PA’ LOS MAYORES

キューバ、サルサ、ラテン・ファンの皆様お待ちどおさまです。待ちに待ったアダルベルト・アルバレスのスタジオ録音新譜が入荷しました!3年ぶりですね。アダルベルト・イ・ス・ソンの音がします。ヌエバ・ソン全盛期の勢いが感じられます! 御大アダルベルトは、指揮及び曲作りのほうへと回りつつ、ティンバ系列の直球勝負やサルサ・ロマンティカ風で、錆び付いたところのないことをア …

続きを読む>

DEDE SAINT-PRIX / RAICES Y CULTURAS

マルチニックの手押し式移動回転木馬内で演じられたフェアグラウンド・アトラクション(移動遊園地のアトラクション)の芸能音楽、「シュヴァル・ブワ」をポピュラー化した有名人、デデ・サンプリの新作ですが、なんとキューバに乗り込んで、当地のソンを演奏するアーティストたちと、キューバ〜マルチニック両島の音楽的ルーツを探りながら、新作を創り上げてくれました。キューバ側から …

続きを読む>

AFROCUBISM

1996年の『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 』は、実は即席プロジェクトだったそうで、本来はライ・クーダーのプロデュースの下、キューバとマリの音楽家たちが共演する予定だったのに、マリ勢がキューバに来られなくなってしまい、代わりに作られたのがあのブエナ・ビスタだった、ということです。で、ワールド・サーキットのニック・ゴールドはそんなオリジナルの企画をどうして …

続きを読む>

MAURICE EL MEDIONI meets ROBERTO RODRIGUEZ / DESCARGA ORIENTAL, THE NEW YORK SESSIONS 『デスカルガ・オリエンタル』

アルジェリアの港町オラン出身の老ピアニスト=モーリス・エル・メディオニは、ピアノでライを演奏するオリジネイターとして、ハレドのアルバム『Ya-Rayi』にもゲスト参加しているレジェンダリー・ミュージシャンです。一方、ロベルト・ロドリーゲスは、ハバナ出身マイアミ育ち、NYに移ってマーク・リボーらとの多彩な仕事をこなし、ジョン・ゾーンのツァディクから2枚のリーダ …

続きを読む>

YORUBA ANDABO / RUMBA EN LA HABANA CON… (DVD, ALL REGION)

アフロ系ルンバのパーカッション・グループ=ヨルバ・アンダーボのDVDがリリースされました。故メルセディータ・バルデースのバックを務めもしたヴェテランたちが、しっっかりとしたアンサンブルを聞かせます。また、グァグァンコー・フラメンコやルンバ・ラップなど、新しい試みも見せてくれます。さらに、オリーシャスやバタ・ドラムについてのインフォメーションも収録。アフロ・キ …

続きを読む>

XIOMARA LAUGART / XIOMARA

キューバからニューヨークへと拠点と移し、ディープ・ルンバやジェルバ・ブエナのヴォーカリストとして活躍してきたシオマラ・ラウガーによるチェスキー・レコードからの2006年作です。ローズ・キーボードの伴奏を主軸とする音作りは比較的シンプルで、デヴィッド・チェスキーと共にプロデュースも務めるジェルバ・ブエナの総帥アンデル・レヴィン、パーカッションのペドロ・マルティ …

続きを読む>

BENNY MORE Y SU BANDA GIGANTE / GRABACIONES COMPLETAS 1953-1960, EL LEGENDARIO IDOLO DEL PUEBLO CUBANO

キューバ音楽史上~最高の歌手とされるベニー・モレー=そのコンプリート4CD+群細データ&写真満載のブックレット(124p)が収められたボックス・セットがリリースされました。とりあえず、自身の楽団バンダ・ヒガンテととも録音された自己名義録音はすべて、クロノジカルに収められました(1枚目がメキシコから帰国後バンドを結成して活動しだした53~54年/2枚目は54~ …

続きを読む>

CHISPA Y LOS COMPLICES / QUE LE PASA A MI NEGRA?

00年代初め、ティンバ・シーンにあって、イキを吐いたチスパ&ロス・コンプリセス~2001年作セカンド・アルバム国内配給盤です。ジャジー&ブラコン風、ファンキー&ヌエバ・ソン!いろいろ多彩な曲想を並べつつもライヴ感あり。なかなか元気がありました。

続きを読む>

V.A. / LA LEYENDA DE LA MUSICA CUBANA

★『キューバ音楽の真実』 まったく新たな選曲で、今、現在、中村とうようさんが意識しているキューバ音楽の歴史を、自身の選曲と解説で綴るニュー・セレクションCD!聞けば聞くほど奥深いキューバ音楽の~多彩なリズムと優雅な歌心が生み出してきた歴史の流れを1枚のCDにまとめたのが、このアルバム。民謡的~トローバ的歌曲から、ダイナミックなオーケストレーションによるキュー …

続きを読む>

EFRAIN RIOS Y PROYECTO GUITARRAS / EL PANORAMA DE LA CUERDA CUBANA

  トレス奏者エフライン・リオスを中心としたセッション・アルバム!ラウー、トレス、ギターといったキューバの弦楽器奏法に焦点を当てながらも、アルセニオ・ナンバーやソン名曲、あるいは、プログレッシヴな弦アンサンブル曲等々、意欲的な内容のコラボレーションを聞かせます。 △参考〜

続きを読む>

GEMA Y PAVEL / ART BEMBE

キューバ新世代アーバン・ミクスチャーの旗手=ヘマ・イ・パベル、2003年作!”クール・クール・フィーリン”のディレクションを務めたロベルト・カルカセス、キューバン・ラップのテルマリー、USA在~独自なキューバン・フォーキー・サウンドを作り続けるファン・カルロス・フォルメルほか、新世代の気鋭が集合!いつもに増して変幻自在なヘマのヴォーカルと、パーカッシヴなパベ …

続きを読む>

go top