ERHAN BAYLADI & HANDE AYDINLIK / KIR CICEGI

ハンデ・アイデンルクというのが女性歌手でこのCDの歌い手で、エルハン・バイラデという男性が作曲兼アレンジャー&伴奏をつとめているかと思われます。まったくデータがないので、どういう人たちかはわかりませんが、少なくともエルハン・バイラデは09年にカヌーン&ウードをフィーチュアーしたインスト系古典音楽アルバムを1枚リリースしています。わかったことはそれだけです。が …

続きを読む>

KATERINA PAPADOPOULOU / ANATOLI, ANATOLI MOU

久々の再入荷! ギリシャ、ヴェテラン女性打楽器奏者(ダフやタール型の打楽器を中心にこなすようです)、カテリーナ・パパドプール(>こちらと同姓同名歌手ですが、別人です)がトルコのアナトリア系音楽家達と共演した意欲作~なるほどギリシャともアナトリアとも区別がつかない拍子を刻む弦&打楽器演奏を淡々と聞かせ、素晴らしい地中海音楽アンサンブルとなっています。そこに曲に …

続きを読む>

V.A. / NORDISK SANG

ノルウェイ・トラッドの名コンピレーションです!歌 / フルート / フィドル / ハルダンゲル・ヴァイオリン&e.t.c 〜アカペラ、ソロからデュオ、アンサンブル、コーラスまで、歌と器楽の様々なスタイルが含まれますが、これぞフィヨルドの音楽!という感じが充分に伝わって来ます。アーティストは名門ヘリオ・レーベルの重鎮達〜Kirsten Braten-Berg, …

続きを読む>

KIRSTEN BRATEN BERG / SONGEN

ダブルベース / ペダルスティール / バンジョー / アコーディオン / ハリングフェレ / ニッケルハルパ / リードオルガン / マンドラ / トラーデル・アコーディオン / ハルペレイク/ ギターといったアンサンブルに囲まれ、ハルダンゲル・フィドル&口琴 を弾き語る若手女性SSW=ヒシュテン・ブローテン・ベルグの新作となります。 ノルウィのフィヨルド …

続きを読む>

BENEDICTE MAURSETH / ALDE

ノルウェイのヴェテラン女性~ベネディクテ・マウルセがハリングフェレ(=ハルダンゲル・フィドル)、ヴィオラダモーレを奏で歌うソロ・アルバム!通りよい声と広がりのあるハリングフェレの響きが楽しめる伝統的なテイストのアルバムです。北欧トラッドのベーシックな姿が描かれました。  

続きを読む>

LIZETA KALIMERI / DEXIA KI ARISTERA

1969年ギリシャ第2の港湾都市テッサロニキに生まれ、若くしてギター弾き語りを始め、地元のカフェで歌っていたという女性歌手にして、ソングライターです。お顔がメリーナ・カナにそっくりですが、それもそのはず、実の妹さんなんですから、ちなみに、デビュー・アルバムはお姉さんのメリーナが91年、このリゼッタ・カリメリは94年ということになります。で、このリゼッタ、テッ …

続きを読む>

NIKOS PAPAZOGLOU / IMOUN KI EGO EKEI

再入荷!ニコス・パパゾグルー(1948-2011)~生涯10枚と少しのオリジナル・アルバムしかリリースしませんでしたが、地味ながらイイ音楽家でした。大都市でのライヴよりも、エーゲの小さな島々や内陸の村々でライヴをすることを好み、古いディモーティカやレべーティカに材を求めた自作曲を、バグラマーで弾き語りながら、ギリシャをくまなくまわったというシンガーソングライ …

続きを読む>

後藤幸浩 水島結子 / 琵琶デュオ

〇異流派異性異彩ユニット琵琶デュオの活動も、結成から早3年。やっとファースト・アルバムのリリースにこぎつけました。 〇収録曲は…説経節の題材で語り物の大作「信徳丸(六寸釘打ちの場・開眼の場)」、万葉集の中の柿本人麿の歌をポップに解釈した「月の舟」、明治時代の詩人・北村透谷の詩を歌と朗読調で奥深く聞かせる「平家蟹」の他、後藤幸浩のソロ・レパートリーだった「五木 …

続きを読む>

NORANIZA IDRIS & SITI NURHALIZA / SERI BALAS

マレイシアの歌姫シティ・ヌールハリザと伝統歌謡のベテラン女性歌手ノラニーザ・イドリスとの競演アルバム。シティの独特の哀感はますます深みを見せる。さらにこの分野の重鎮ノラニーザも妖艶なコブシを披露。マレイ歌謡の深遠な世界が垣間見れる1枚です。オススメできます!

続きを読む>

UNKOWN ARTISTS / KHMER TRADITIONAL WEDDING MUISC

こちらジャケ違いで>こちらと同曲収録のCDですが、オール・インスト!クメール伝統器楽の粋が楽しめます。たぶん観光客用に作られたCDということになるでしょうか。嬉しいことに、曲名がローマ字表記されています!

続きを読む>

HIM SIVORN & EANG SITHUL, YIN SARIN, SAT SEREY YONG / PLENG KAR MORIN KARAN

>こちらで紹介されていて、欲すいなあぁ〜と思っていたら、菊地夫君が買い付けてくれましたよ、感謝! 思えば、故中村とうようさんがアンコールワットを訪ねて旅行された際、お土産ということでいただいたのがこのハム・スィーヴォン(HIM SIVON)のPOP系のレパートリーを歌ったCD (49番)でした。ざっといろいろ聴いた中では、この人がカンボジアでは一番イイ!とお …

続きを読む>

BILL JONES / TWO YEAR WINTER

イングランド北部出身~当時未だ20代ながら、鮮やかな個性を確立している女性シンガーソングライター/サード・アルバムです。ケイト・ブッシュやキャロル・キングを敬愛しつつ、ブリティッシュ・トラッドに自らの才を注ぎ、バラッド中心、ゲール語無伴奏歌や、ピアノ、アコーディオンの弾き語りもこなすこの作、充実してますね。

続きを読む>

VASEN / MINDSET

年末に松山晋也さんにお会いした時、このヴェーセンの近作が実にイイ、最高傑作だ!とお聞きしたので、改めてちゃんと聴いてみたら、なるほどイイ!というわけで再入荷です。スウェーデンを代表するストリングス・トリオ2013年制作の10作目となるわけですが、楽曲の良さもさることながら、円熟というものが伝わって来るのも確か。スウェーデンの伝統楽器、ニッケルハルパ(弓奏の鍵 …

続きを読む>

LAU / RACE THE LOSER

スコットランド・エジンバラで2005年頃に結成。バンド名はオークニーの言葉で「光」という意味。結成当初から強烈な楽曲アレンジと演奏力でセンセーショナルな存在だったラウーは、2007年のファースト・アルバム発表後すぐに話題を呼んだそう。英BBCフォークアワードを3年連続受賞〜メンバーの3人のがソロ活動でも売れっ子ミュージシャンとして活躍するなど、現在の英国伝統 …

続きを読む>

ANLAUG / NOVEMBER

ノルウェイの女性SSWにしてフィドル奏者、2010年リリース作品。ノルウェイ(北欧ケルト)トラッド色濃厚ながら、プライヴェートな音感、身体性、あるいはポエジーを通して自然ににじみ出た北欧性という気がします。ボーイッシュな姿で、フィドル弾き語りします。 (1点もの、シールド無しのデジパックですが新品です) With Mattie Foulds, Steven …

続きを読む>

go top