BEGUM PARVEEN SULTANA / PARVEEN

1950年生まれで“ヒンディスターニー音楽の女王”と称されるヴェテラン・ムスリム系女性声楽家=パルヴィーン・スルタナの、00年代において至った素晴らしい境地を示すライブ録音04年作~10代半ばからプロとして活躍し、映画音楽やバジャンやガザル、トゥムリも歌いこなし、もちろん本作に聴かれるような北インド古典/カヤールにおいても発揮される、その繊細聡明、かつ力強く …

続きを読む>

KANKANA BANERJEE / KHAYAL, CLASSICAL VOCAL

サレガマ/カヤール・シリーズの中でもオススメしたいのがこの人~北インド古典声楽女性歌手のカンカナ・バネルジー、なんだか原節子を思わせるような面立ちなんですが…、本CDはそんなに古い録音ではありません。80年録音のラーガ&ダドラが3曲、84年録音のラーガが5曲ということで全64分~やや高域の繊細かつ落ち着いた声質で(女声カヤールに時にありがちなキン …

続きを読む>

GIRIJA DEVI / MANDHARI

1929年生まれ、5歳の時から声楽を始めたというインド古典声楽シーンを代表する存在の一人=ギリジャ・デヴィ2005年のライヴ録音です。サポート・ヴォーカル、タブラ、サーランギの伴奏で、”Malkauns” のラーガを披露してくれます。ミスティック!

続きを読む>

SHUBHA MUDGAL / SHAMA

北インド古典声楽/カヤールや、ダドラ、バジャン、スーフィー歌謡などのジャンルでも活躍して来たヴェテラン女性歌手、シューバ・ムドゥガルの04年のライヴ録音です。ここではカヤールを、自ら奏でるタンブーラと、アニーシュ・プラダーンのタブラ随奏のみで、夜のラーガ、ラゲシュリーを緩急自在に歌いきります。 △参考

続きを読む>

ULHAS KASHALKAR / NILAYA

KHAYAL形式の実力派人気シンガーの2006年のライブアルバムです。濃厚かつ幽玄なヴォイスが凄い。タブラ、ハーモニウム、サーランギが伴奏です。演奏しているラーガは「Malkauns」「Lalit Pancham」です。 △参考 Raga Malkauns 1.Alap 2.Vilambit Khayal 3.Vilambit Khayal Cont. 4. …

続きを読む>

BEGUM PARVEEN SULTANA / SAFAR

(  or PARWEEN SULTANA) いや、お歳を召しましたねえ、当たり前ですが…、北インド往年のムスリム系美人古典声楽家=パルヴィーン・スルタナの07年ライヴ2CDです!ガザルや トゥムリ、バジャンからカヤールまで歌いこなし、北インド女性ではナンバー1のポピュラリティーを誇る大ヴェテランの歌い手です。ここでは、タブラ&ハル モニウムのバ …

続きを読む>

DR. GANGBUI (GANDHARI) HANGAL / GOLDEN MILSTONES

北インド古典声楽、カヤール / ヴェテラン女声を代表する存在だったガングバイ・ハンガル(1913-2009)の1930年代SP録音復刻集(50〜60年代音源も数曲収録)DEEP かつPOWERFUL として知られるその声だけに、SP音源の短尺曲でも充分にインパクトあります、ね!

続きを読む>

PARWEEN SULTANA / RARE MELODIES

当代随一の北インド古典の名女性歌手、 パルウィーン・スルターナのカヤールCDです。 同じタイトルのLPが80年代半ばにEMIインディアから リリースされていましたが、 それと同じ録音なのかどうか、よくわかりません。 が、確かに近年の成熟仕切った境地とは違う、 瑞々しさも感じられます。 >こちらで試聴可!? 1. Raga Deen Todi Nis Din …

続きを読む>

GAURI PATHARE / MALHAR

いいジャケですねえ…、これまでのインド音楽には有り得ないようなシンプルさ、白地にタンブーラを抱えた30代半ばの美貌の北インド/若手カヤール女性声楽家、という図ですね。インド新興ミスティカ・レーベルが世に送り出したガウリ・パタァーレ!昨年、ごく少数入荷したのですが、アッという間に品切れとなり、サイトでご紹介することも儘なりませんでしたが、このほど念 …

続きを読む>

MANJUSHA KULKARNI PATIL / HIDDEN GEMS , inspiiring hidden talents

1970年生まれ~12歳の時から北インド古典声楽を習い始めたそうですが、これまであまり知られていなかった女性じゃないでしょうか?なるほど“秘密の宝 / HIDDEN GEMS ”~と銘打つだけのことはありますね。さる北インド古典声楽マニアの方が、はじめのアラープの第一声を聴いただけで、コレは拾いもの!と仰っていました。う~ん奥深いマニアの世界ですねえ&#82 …

続きを読む>

go top