NAJWA LATIF

人気絶頂のユナの影響もあるのか、このところマレイシアからは若手のシンガー・ソングライターがよく紹介されるようになってきましたが、こちらのナジワ・ラティフはその中でも屈指の有望株といえるアーティスト。イスラム教徒らしい格好ながら、奏でる音楽は欧米音楽に強く影響された耳心地よいポップス。フォーク・ギターのリズムに合わせて、可愛らしくもパンチのあるヴォーカルを楽し …

続きを読む>

DATO’ SITI NURHALIZA / LENTERA TIMUR 『東方のともし火』

マレイシアの歌姫、シティ・ヌルハリザ09年作です!自らのプロダクションを立ち上げての独立後、初となるマレイ伝統歌謡系アルバムを発表してくれましたね!マレイシア~東南アジアにおいて、他の追従を許さないその音楽性、完璧な歌唱力に磨きがかかった作品です!Sアタン、パック・ンガーら伝統派大御所から、Nナシール、ジョハン・ナーウィの渋いゲスト、さらにはアドナン・アブ・ …

続きを読む>

SALOMA / BIOGRAFI

手を替え品を替え、毎年のようにリリースされるマレイの歌姫~マレイシア音楽史上最高の女性歌手、サローマのEMI音源ベストですが、やっぱり思い出深いのは、1991年に初めてマレイシアEMIがリリースした2枚シリーズのベストCDじゃないかと思います。その2枚別々にリリースされていたCDを1セットにして再発売したのがこの2枚組~60年代作品を中心に、全盛期録音44曲 …

続きを読む>

YUNA (MINI ALBUM)

マレイシアの女性SSWユナの5曲入り新作ミニ・アルバム~ユナは14歳から作曲を開始、クアラルンプールの大学で法律を学ぶ学生だった19歳の頃より音楽活動を開始 / MySpaceで自ら売り込みを掛けて人気を集めました。さらに昨年のマレイシア版グラミー賞〈AIM17〉では、最優秀新人賞など4部門を制覇するなど、いま乗っている彼女~ファイストやカーディガンズに影響 …

続きを読む>

SARENA

かつてのマレイシアにこんな逸材がいたとは!P・ラムリーやサローマの活躍が一段落した1960年代の終わりに登場~70年代中盤までマレイシアEMIに在籍していた女性歌手がこちらのサレーナ。当時のソウルやロック、ポップスなどの欧米音楽をお手本にしつつ、アイドルっぽい可愛らしい歌声を素直な発声で聞かせてくれます。当時の日本の歌謡曲にもリンクする~マレイらしいポピュラ …

続きを読む>

SITI NURHALIZA / ALL YOUR LOVE

シティ・ヌールハリザの15枚目のスタジオ録音新作は全曲英語アルバム / きちりとした英語発声でR&Bアップ&バラードを聞かせています。マレイPOPにも押し寄せたR&B化に対応しているようです。ブライアン・ブーロ&クリスチャン・アレクサンドラというオーストラリア人作曲家コンビがバックアップとのこと。う~ん…

続きを読む>

SHEILA MAJID / 25 YEARS OF SHEILA MAJID, 1.2.3 OCTOBER 2010

結婚や離婚を乗り越え?00年代に入って芸能活動に復帰したものの、以前の輝きを失っているかのように見えたシーラ・マジッドでしたが、芸歴25周年記念として発表した、このマレイシア・フィルハーモニック・オーケストラをバックに従えたライヴ2CD、イイじゃないですか!実にのびのび歌っていますよ。当方リリースの >>サッチャル・ジャズ なんかにも言えることで …

続きを読む>

SITI NURHALIZA / PEWARIS LAGU-LAGU TRADISIONAL

デビューから16年が経ち、すっかり大人の歌手となったシティ。その真骨頂はやはりマレイシア伝統歌謡。本作はそんな伝統歌謡だけで構成された彼女の最新ベスト盤。彼女がトップ・スターとなった名作『チンダイ』をはじめ、スリア・レコード時代に残した3枚の伝統歌謡アルバムからのヒット曲のほか、ノラニーザ・イドリスやS・M・サリムとのデュエット曲、さらにはこれまで未発表だっ …

続きを読む>

YUNA / DECORTE

マレイシアから、珍しいタイプの女性SSW!ユナは現在23歳~14歳から作曲を開始し19歳で音楽シーンに登場~当時はまだクアラルンプールの大学で法律を学ぶ学生だった彼女は、インターネットの MySpace で自ら売り込みを掛けて人気を集めたそうです。さらに今年行われたマレイシア版グラミー賞=“AIM17”では最優秀新人賞や最優秀楽曲賞など、なんと4部門を制覇! …

続きを読む>

AISHAH / ANAK

1990年代のワールド・ミュージック・ブームの頃にここ日本でも大きくプロモートされ、93年には久保田麻琴プロデュース作で日本デビューも果たしたマレイ歌謡の女王アイシャ。その後伝統系の歌を中心に活動するようになった彼女の2010年最新作がこちらです。タイトルの『アナック』とは子供のことで、彼女の二人の息子さんに捧げた内容の模様。曲によっては宗教色の強いものもあ …

続きを読む>

SITI NURHALIZA / UNTUKMU SUDIR (2CD)

名実ともにマレイシアを代表する女性歌手に成長したシティ・ヌールハリザ。そんな彼女が2002年に発表した2枚のライヴ・アルバムが1パッケージになって復活~ただし、このアルバムでは自身のオリジナル・ヒット曲は皆無。70~80年代に活躍したマレイシアの偉大な男性歌手、スディルマン(1954-1992)のレパートリーを取り上げています。マレイシアでもっとも権威のある …

続きを読む>

ZALEHA HAMID / ASMARA

☆ザレハ・ハミッド / アスマラ タイトル曲がエルフィ・スカエシのカヴァー、同じように濃密な歌いまわしながら、ややマイナーな表現も聞けるのがマレイシアならでは?本作は70年代から歌い始め、80年代にはインドネシアのダンドゥット・スタイルをレパートリーとし一時代を画したザレハ・ハミッド、1986年の名作(プラス2曲ボーナス)〜輝かしい東南アジアの80年代が封印 …

続きを読む>

JAMILAH ABU BAKAR / INI BARU “KERONCONG EKSKLUSIF VOL.1”

再入荷しました!クロンチョン・マニアの方々にオススメです!マレイシアの新人クロンチョン歌 手~若々しく、しっとりとした歌い口が正統クロンチョン・スタイル / アコースティックなバッキングに映えますねえ(勿論クロンチョン・ギター奏)。で、なぜ、マレイシアでクロンチョン??なんて野暮なことは言わない下さい ね、その辺のことは>こちらに詳しいのでご参照下さい(いつ …

続きを読む>

go top