V.A. / 大正滑稽はやり唄 -書生節と小唄による風刺・モダン・生活-

明治と昭和に挟まれた大正ッ子のエンターテインメントはアツかった! 益田太郎冠者の新小唄、久の家登美子のハイカラな新流行歌、奇術師の松旭斎天華が吹込んだ喜歌劇。大正の流行唄をリードしたのは何と言っても書生節であり、塩原秩峰、斎藤一声、神長瞭月、秋山楓谷・静代、鳥取春陽、横尾晩秋、石田一松という名人の歌声の数々。そしてお馴染み二村定一のラフィングソング。 風刺あ …

続きを読む>

V.A. / ザッツ・ニッポン・キネマソング 1931-1940

ぐらもくらぶキネマシリーズ第一弾! これぞモダン! これぞキネマ! これぞ映画主題歌! トーキー草創期から戦前にかけての日本映画界を彩った映画主題歌、挿入歌のオンパレード! 初のトーキー『マダムと女房』、モダン音楽喜劇『ほろよひ人生』、『限りなき前進』などのエポックメイキング作品から、エノケン、淡谷のり子、東海林太郎、藤山一郎たちが、銀幕で歌ったキネマソング …

続きを読む>

鈴木翁二 / ダ世界 – 地球へ下りて行こう

A遠なるオージ宇宙。谺するコトバとオトのこくうものがたり。漫画表現の極北に挑み独自の宇宙を造型した工作者・鈴木翁ニ。因果交流電燈に照らされ刻一刻と千変万化する心象の影絵芝居。A遠の未完成幻想曲・第四次銀河交響詩第二番「ダ世界」を聴け。『未明の歌』から十四年、「銀盤 まばたきブック」第二弾登場。 70年代カウンターカルチャーの一翼を担った月刊漫画誌『ガロ』を主 …

続きを読む>

東海林太郎 / 谷間のともしび 1934-1949

決定版!東海林太郎の魅力の全て!昭和歌謡とポピュラーソングの融合! 「赤城の子守唄」「むらさき小唄」「すみだ川」ほかヒット曲を含む昭和を代表する名歌手・東海林太郎の若き歌声がオリジナルSPレコードの復刻音源でよみがえる!戦前のジャパニーズ・ポピュラー&スタンダード・ソングの原点はここにあり! 股旅歌謡・大陸歌謡・青春歌謡・マドロス歌謡など多彩な歌を残した東海 …

続きを読む>

POE / ノム チョア!

大丈夫 明日はもっと良い世界が待っている! POE(ポー)とは、朴保(パク ポー)が率いる新たなBand。 「民族や国境を越えて繋がろうとする生まれついてのコスモポリタンの彼の歌からは、グローブ(地球)に対する優しく逞しい視点や姿勢が伝わってくる」 中川五郎 Band皆を韓国へ連れて行きたい。 美味しい食べ物、歴史・文化に触れ新しいアルバムをソウルでレコーデ …

続きを読む>

V.A.(葛西おしゃらく保存会 他) / おしゃらく

*職業的な民謡歌手ではこうは行かないでしょうね。江戸川区及び浦安で昭和40~50年代に現場録音された、明治生まれの芸達者達による盆踊り唄や作業唄の数々が今ここに!元を辿れば、平安の昔から全国に伝えられる念仏踊りの江戸マナーでしょうか? そこに様々な遊芸が合流したと思しき野放図な芸の迫真の記録をお楽しみあれ! ブルースにも、エチオ・グルーヴにも負けない? つい …

続きを読む>

知名定男 / 島うた

島うたの神髄がこのディスクのなかにある。 現代沖縄民謡界の重鎮・知名定男が満を持して放つフル・アルバム。低く深い声が、三絃のきらりとした音色が、島の心をうたいあげる。 毛遊びー(歌垣)謡から芝居唄、口説うたから舞踊曲、抵抗歌から破れ唄の類いに至るまで。沖縄島うたの豊穣を自らの声ひとつ、三絃一つで緩急自在に唄い分けて魅せる類稀な歌唱センスと圧倒的な底力。低く深 …

続きを読む>

大工哲弘 / ジンターナショナル

琉球民謡に進駐する前未来型歌謡。 待望のジンタシリーズ第二弾! 阪神淡路沖大震災、沖縄米軍基地問題、 新宿ホームレス強制排除……、 打ち続く暗い時代相を唄ひとつで 真っ向ひた押しに立ち向かう心映え。 いま、時代を烈しくシャッフルする大工哲弘、 渾身入魂の唄声を聴け。 バック・トゥー・ザ・フューチャー島うた。名盤「ウチナージンタ」の続編。前回にもましてパワーア …

続きを読む>

KUNIHIRO IZUMI / NO PROBLEM

サックス奏者として渋さ知らズなどでも活躍する全身音楽家・泉邦宏。今作はサックス、コンガ等を中心とした多重録音。 泉にしか作れないサイコーのダンスミュージック! ! ◆この作品について(ライナーノートから) ここ何作かコンセプチュアルな作品が続いた。 ちょっと息苦しくなったので初心に帰って何にも考えず目の前にある楽器で遊んだ。 10曲目以外はすべてコンガが土台 …

続きを読む>

高田渡 / 与論小唄&ラッパ節

高田渡が十九の春に挑戦。 対するは沖縄民謡界きっての姉御、金城恵子。二人のデュエットに渋谷毅のピアノが歌い上げる。 高田渡、異色のシングル。 参加ミュージシャン ・高田渡(うた) ・金城恵子(うた) ・嘉手苅林次(三絃・ヴァイオリン) ・渋谷毅(ピアノ)! ・関島岳郎(チューバ・トランペット) ・中尾勘二(クラリネット・トロンボーン・ドラムス) ・桜沢有理( …

続きを読む>

嘉手苅林昌 / BEFORE, AFTER

風狂の唄者嘉手苅林昌、 絶頂期の貴重音源。 Disc1は未発表音源を含むスタジオ録音。 Disc2・3は、キラ星のごとき多彩なゲストと、司会の上原直彦が綾なす伝説の独演会 実況ライヴ。 往年の毛遊びで名をはせた(故)金城睦松を始め、伊波貞子、山里ゆき、 照屋林助、若き大工哲弘等に 司会がからみ、臨場感抜群。このディスクを聴かずして 嘉手苅林昌は語れない、否、 …

続きを読む>

土取利行 / 添田唖蝉坊・知道を演歌する 第三集

日本の近代流行歌の祖、添田唖蝉坊・知道。 反骨・風刺・諧謔に溢れた彼らの歌の数々に、土取利行が三味線やアジアの楽器群と共に 新風を吹き込む待望の第三集! 邦楽番外地・本流自由演歌の世界! 土取利行によって蘇生した近代流行歌の祖、添田唖蝉坊・知道、演歌二代の歌の軌跡。好評の第1集(2013年)、第2集(2015年)に次ぐ本アルバム第3集は、演歌の再生期、大正時 …

続きを読む>

原田依幸 川下直広 / 東京挽歌

煮えきった腹わた 内臓混合の挽歌  沖至(音楽家) 千変万化する諸相の深層から血汐滴る核心を抉出し、 喪われ死滅しゆく風景の挽歌を奏でるあやかしの音楽。 展開し転回する心象のドキュメントを映し出す音像装置。 原田依幸と川下直広。本作は2017年9月におこなわれた企画ライブ「演歌の心」(不破大輔&東京湾ホエールズ企画)の模様を収録してまとめたものである。ライブ …

続きを読む>

仲野麻樹 / アンソロジー Vol.1 月の裏側

フランスを拠点に活動、国籍やジャンルを越え世界中の音楽家と交流してきた”旅する音楽家、仲野麻紀sax 初のベストCD〜風に吹かれるような浮遊感ある旋律を自由に展開していくサックス即興が好きだ。シャンソンや日本、中東の民謡などをちょっと鼻唄のように飄々と歌う場面もイイですね! フランスを拠点に活動し、国籍やジャンルを越え世界中の音楽家と交流してきた&#8221 …

続きを読む>

go top