LISA HANNIGAN ‎/ PASSENGER

なぜか、ポーランド盤で入って来てしまったアイルランド、人気SSW 2012年作セカンド〜 1 Home 4:58 2 A Sail 3:35 3 Knots 3:32 4 What’ll I Do 2:50 5 O Sleep 3:27 6 Paper House 4:16 7 Little Bird 4:01 8 Passenger 4:18 …

続きを読む>

V.A. / THE FLAX IN BLOOM

Traditional Songs, Airs & Dance Music in Ulster ◀3枚組93テイクの膨大な音源で聴く 1950年代北アイルランド・アルスター地方の伝承歌と器楽演奏 イギリス各地の伝承音楽を紹介する老舗レーベルのトピック・レコードがリリースしてきた〈民衆の声〉シリーズの2014年作『ザ・フラックス・イン・ブルーム』は北ア …

続きを読む>

THE GLOAMING

アイリッシュ・シーンにスーパー・バンドが誕生! 一流の音楽家だけにしか為し得ない新感覚のアイリッシュ・サウンド アフロ・ケルト・サウンド・システムのメイン・ヴォーカリスト、イアーラー・オ・リナードを中心に新たに結成された大注目の新バンドがこのザ・ グローミングだ。ニューヨークにて様々なセッションで活躍する人気ピアニストのトーマス・バートレット(a.k.a. …

続きを読む>

KILA & OKI / S/T

アイルランドの無秩序轟音バンド、キーラがアイヌのOKIを招いて作った新アルバム、OKIのトンコリを活かすため、メンバーは極力演奏を止め、トンコリとバウロンなど最小限の音でキーラならではのケルト原人メロディーが浮かび上がる。世界先住民族ポップス。キーラはうるさ過ぎて苦手という人こそ聴くべき、つーかこれじゃOKIのアルバムだけどね。影響を受けやすい人達なんでしょ …

続きを読む>

LUNASA / With The RTE Concert Orchestra

アイリッシュ・トラッド実力派インストゥルメンタル5人組の 来日記念盤ともなった8枚目の新作は、なんとオーケストラとの共演盤! ショーン・スミス(フィドル) ケヴィン・クロフォード(フルート) トレヴァー・ハッチンソン(ベース) キリアン・ヴァレリー(イーリアン・パイプ) ポール・ミーハン(ギター)

続きを読む>

CLANNAD / NADUR

『Landmark』(1998年)以来となる、オリジナル・スタジオ・アルバム。そして、1989年に脱退した、オリジナル・メンバー、ポールの復帰後、初となるアルバムが遂に登場しました。アイリッシュ・ケルトの伝統に根ざしながら、現在、未来をも感じさせる音楽に取り込んできた40年のキャリアを集大成したような作品になっています。 〜この新作アルバムをかかげ、今秋ワー …

続きを読む>

IARLA O’LIONAIRD / INVISIBLE FIELDS

アフロ・ケルト・サウンド・システム/ザ・グローミングのヴォーカリストが残した2005年作! アイルランド人男性歌手イアーラー・オー・リナードは、90年代よりアフロ・ケルト・サウンド・システムの顔役として活躍。さらに最近では新しいアイルランド音楽の形を提示するザ・グローミングの中心メンバーとしても知られる彼が、2005年に発表したソロ・アルバムがこれだ。アイリ …

続きを読む>

KILA / ONCE UPON A TIME…

「キーラは近年のアイルランドから生まれた中で最も独創的で、勇敢で、才気溢れた、まったくもって賞賛に値するバンドのひとつだ。彼らは自分たちのルーツともヴィジョンとも妥協することなく、偉大な芸術を作ることにのめりこんでいる」 by ニール・ストークス“ホット・プレス”「すべての最高のコンサート映画と同じく、これは一晩で撮影された。驚くべきキーラの素晴らしいシャー …

続きを読む>

SHARON SHANNON / THE GALWAY GIRL -THE BEST OF,

アイルランドの国民的スターです。本国では、人気・実力No.1アコーディオン奏者として認知されています。トリプル・プラチナムを獲得したという大ヒット・ベスト・アルバムです。アイルランドの年間シングルNo.1売り上げ、年間最多ダウンロードを記録したヒット曲「ゴールウェイ・ガール」他、未発表音源5曲も収録しています! >来日決定! 01. ゴールウェイ・ガール(w …

続きを読む>

PAUL BRADY / DANCER IN THE FIRE

アイルランドで最も尊敬されるシンガー・ソングライターの一人、ポール・ブレイディが45年以上に渡る音楽キャリア、通算15枚のソロ・アルバム、104曲以上ある発表曲の中から、自らが“まったくの個人的な好み”で選曲した2枚組アンソロジー集〜自作曲はもちろん、ハンク・ウィリアムズのカヴァー等も収録されています。松山晋也さんによる一万字インタビューもついています!

続きを読む>

ANUNA / THE BEST OF ANUNA

アイルランド/ケルト音楽+現代音楽+クラシック+アンビエント+宗教音楽・・・アイルランドが誇る男女混声コーラス・グループ「アヌーナ」の全オリジナル・アルバムから代表曲を網羅したベスト・アルバム。 古くは千年以上も前の発掘されたアイルランド中世の宗教音楽/伝統音楽が、現代音楽/クラシック/音響系/アンビエントなどの要素を取り入れ、モダンにアレンジされて現代に甦 …

続きを読む>

ALYTH McCORMACK & TRIONA MARSHALL / RED GOLD

ケルト音楽の名盤が誕生、絶品の「ヴォーカル&アイリッシュ・ハープ」透明感溢れる歌声、美しい旋律のハープ。チーフタンズの音楽遺産を受け継ぎ、正統派のケルト音楽の魅力を凝縮したアルバムです。「ハープの調べと歌の美しい混合、魔法のようなデュオ。ケルト伝統音楽の様々な領域を網羅した素晴らしき作品!」by パディ・モローニ(ザ・チーフタンズ)   >& …

続きを読む>

PAUL BRADY / HOOBA DOOBA

アイルランドを代表するシンガーソングライター、ポール・ブレイディのコンテンポラリー系アルバム11年最新作。ビートルズの「You Won’t See Me」のカヴァー、ボニー・レイットに提供した「Luck of Draw」のセルフカヴァーを収録。シンプルかつアーシーなロック作品となりました。

続きを読む>

ALTAN / THE POISON GLEN

ドニゴールの伝統音楽に根ざしたローカル・バンドとしての矜持と貫禄の下、若々しさと繊細さと深みがかつてないほどバランス良く調和した見事なニュー・アルバム。結成四半世紀を超え、いささかのブレもなく、新たなフェイズに突入した彼らにふさわしい傑作である。~(松山晋也/ライナーより) http://www.youtube.com/watch?v=LjPfUr9VkBQ

続きを読む>

go top