THE PAPS

どこまでもメロウでドリーミー。インドネシアとジャマイカの不思議な融合。
 冒頭、シャギー・オーティスを思わせるようなメロウでイマジネイティヴなギター・サウンドから開始。ジャム・バンドかサイケ・バンドかと思いきや、メロウでドリーミーなムードはそのままに、リズムだけがスカ/レゲエをはじめとするジャマイカン・サウンドへと変化!美しいギター演奏、おっとりとしたリズムセクションに儚い雰囲気のヴォーカルもよくマッチしています。ジャマイカの哀愁とインドネシア特有のソフトなムードがバランスよく融合された一枚。(サプライヤーインフォより)

go top