ABD AL-HAYY HILMI / 1857-1912, AN ANTHOLOGY

 19世紀後半から20世紀初頭にかけてのアラブ文化ルネッサンス運動 “アル・ナハダ” の風潮の中で、“ターラブの王者”としてその名を馳せたアブドゥル・ハイ・ヒルミ(1857−1912)の歴史的SP録音を収めた4CD45トラック&ブックレットです!(で、ここで言う “ターラブ” とはアラブ世界における音楽的恍惚とか興奮を指す言葉、転じて音楽的行為そのものを意味 …

続きを読む>

ABOU EL LEEFA / SUPER LEEFA

1968年生まれ、2010年にCDデビュー、ということで、それまでなにやってたんでしょうね?カイロで大人気!スーパーなレーファことアブ・エル・レーファのセカンドです。カイロのゲットーを背景にマントを翻すナイスなルックスのお馬鹿!もう、何も言うことないですね。で、歯に衣着せぬ歌詞でウケているそうですが、なに歌っているかわかりません…。

続きを読む>

AICHA REDOUANE / EGYPT

これは嬉しい再発です!フランスOCORAから93年に発売されていたエジプトのアラブ古典女性歌手アイシャ・レドゥーアンの名作がジャケを変更して再発となりました。カーヌーン、ウード、レク、ヴァイオリンによる四人のアラビックアンサンブルをバックに、一曲20分前後の古典楽曲をたっぷり三曲収録しています。無伴奏のタクシームもたっぷりと収録し、重厚長大で花鳥風月なアラブ …

続きを読む>

EGYPTIAN SHAABI ALL-STRAS / STREET MUSIC OF CAIRO

エジプトのポピュラー・ミュージックとしての“シャアビ”は、カイロの底辺ゲットーで育まれたソコ抜けにC調なワンパターン・ダンス歌謡!あのアラブのお祭り男として恐れられるハキムが第一人者として有名ですが、ここに集ったモハメッド・アリ(もちろんあのアリではありません)率いる下町オール・スターズ~チープなシンセ&ベリーダンス・パーカッション&グリグリのコブシ使い&元 …

続きを読む>

SAMAR / BAS OUAHED

R&B歌手もビックリのアイメイク&眉、この濃い顔で夜の湾岸道路を疾走するようなジャケ。一体彼女は?音を聞いたらストトト、チャカポコ太鼓が鳴ってるので湾岸か?と思いきやエジプトの新人女性歌手とのこと。アルジールやシャアビよりもファンキーなビートとシャープな歌い口、ヌビアやスーダンとも共通する粘っこさ。少々音程の危ういところもセクシー。またまた注目すべ …

続きを読む>

ZEEZEE / WAHDA TAYIBA

エジプト生まれのエジプト育ち、アラブ版スター誕生“スター・アカデミー”出身の1987年生まれのアイドル歌手=ジージーのファースト05年作初入荷です。なんとデビュー当時18歳!オーソドックスなシャバービー・スタイルながら、その確かな歌唱力&キュートなルックスで勿論、大ヒットしました。ポスト・ナンシー有望株!

続きを読む>

ANGHAM / KOL MA NEARRAB

アラブ・ポップスがミュージックマガジン誌でも6ページの特集を組まれて盛り上がるエジプトの雛@あきこことアンガム嬢の07年作。打ち込みから古典的アラビックオーケストラまで用いたサウンドはレバノン~エジプトの近年のトレンドですが、ミドル~ローテンポの曲が中心で、しっとりした彼女の歌声を存分に味わえます。イケイケ曲がないのも当店のお客様にお勧めできますね。

続きを読む>

ANGHAM / NEFSY AHEBAK

エジプトの薄口美人歌手アンガーム、いつのまにか20年選手で19枚目のアルバムです。歌、こんなに軽やかでしたっけ? ナジワ・カラムをほんのちょっとファイルーズ寄りにしたような立ち位置の歌手に成長しています。元々古典歌謡出身の人だけに新作でも西洋オーケストラや西洋楽器を用いていても音楽的に西洋化しすぎることなく、アラブらしさを残しています。

続きを読む>

SHEREEN / LAZIM AYEESH

どこの美人?と思っていたら前作では面倒見の良さそうな体育会系お姉さん風貌だったエジプトのシェリーンが髪を伸ばし、シェイプアップにエステ通いを重ねたか、全くの別人に変身!カイロ都会派~穏やかな曲調が増えているのはルックスの変化と関係してる?ちょっとハスキーな声で、ナワールあたりのフォロワー、ナンシーの先輩格としての人気を決定づけた2005年作、やや大人のムード …

続きを読む>

SHEREEN / BATTAMENNAK

エジプトの中堅、実力派女性歌手=どこかエイジアンな顔立ちが見目麗しいシリーンも、結婚と出産休暇を終え、久々の新作(08年夏)をリリースしてくれました。デビュー時からエジプト民謡的な抜群のコブシまわしに定評のあった彼女ですが、新作はアダルト路線。シットリとした曲に切ないようなコブシを回してくれます。最近のロターナ・メイドCDによくある全6曲というハーフ・アルバ …

続きを読む>

SHEREEN / HABEIT

ナワルのフォロワーであり、ナンシーの先輩、そんな位置付けができそうなエジプト/美人女性スター歌手、シリーンの5作目の09年作です。結婚後、やや人気が下がったかの雰囲気もありましたが、このロターナ制作盤、完全復帰作と言っていいんじゃないでしょうか。ミディアム&スローなナンバー中心に、冒頭のファンク調シャバービーはじめ、フォーキー・バラード風、テクノ風、古典調な …

続きを読む>

MOHAOUMAD FOUAD / 2010

かつてアラブ世界で人気を博した音楽〈アル・ジール〉は、現在ナンシー・アジュラムらが歌う〈シャバービー〉の原型と言えるアラビアン・ポップスのスタイル。そんな〈アル・ジール〉を80年代初頭より歌い、そのジャンルの礎を築いた一人が、ヌビアン・ルーツのエジプトの大スター、ムハンマド・フーアド。92年にはヒット・アルバム『ヤーニー』が国内発売され、ここ日本でも大きな話 …

続きを読む>

ANGHAM / MAHADESH YEHASEBNY

エジプト清純派?アンガム大変身!?2010年のマキシ・シングル~。思いっきりエレクトロでディスコでなバッキング(この曲のイメージでジャケ大変身?) or リリカルなボサノーヴァ・タッチで、しかし変わらず仄かな諦観と哀愁が漂う女心の妙~歌い綴ってくれます。3曲のみ/ヴァージョン違いも入れて全5トラック(24分)収録です。

続きを読む>

HAKIM / LELA (EL YOMEN DOL)

ジャケ&タイトルが変わってUS盤で再入荷!エジプトのライオンこと、シャアビの帝王、ハキムの04年作ベストセラー・アルバム!ジェームス・ブラウンが一曲デュエットし、スティーヴィー・ワンダーがハーモニカを吹いてます。ナラダ・マイケル・ウォルデンがプロデュースした数曲はやはり北米的なPOPファンク・サウンドですが、シャアビ曲のチャカポコっぷり、バカバカしい歌いっぷ …

続きを読む>

HOSSAM RAMZY / SABLA TOLO

エジプトのリズム大使ことホッサム・ラムジのパーカッション・オンリ-のベストセラー・アルバムです。ベリー・ダンスのファンキーなダルブッカ・リズムは、エキゾなグルーヴをお探しのdjからベリーダンサーまで必携です! ホッサムの妻はブラジル人ダンサーのためかサンバのリズムも収録!

続きを読む>

go top