NATACHA ATLAS / ANA HIMA

エスニック・トランス・ミュージックの女王として、様々なジャンルのファンからも注目を浴びていたモロッコ出身・在英の女性歌手ナターシャ・アトラスが、これまででもっとも意欲的とも言える力作をリリース!全編アクースティック編成のアルバムで、しかも取り上げているのは女王ファイルーズのレパートリーをはじめ、20世紀半ばのアラブ歌謡全盛期の楽曲が中心~当時の雰囲気を伝える …

続きを読む>

NATACHA ATLAS / MOUNQALIBA

かつてはエスニック・トランスの女王と呼ばれ注目を浴びた元ベリーダンサーの歌い手、ナターシャ・アトラス、その2008年にリリースした『アナ・ヒナ』では、アクースティックかつトラッドなアラブ音楽路線を聞かせ、ビックリさせてくれましたが、さらに一歩前進するような意欲作をリリースしてくれました!その本作、西洋と東洋の両方のクラシック音楽に精通した室内楽団のほか、カー …

続きを読む>

NATACHA ATLAS / EXPRESSIONS – LIVE IN TOULOUSE

かつて”エスニック・トランスの女王” と呼ばれ、現在では最高のアラビック女性ヴォーカリストのひとりとされているナターシャ・アトラスが、その長いキャリアの中で初となるソロ・ライヴ作品を発表してくれました。彼女の前作『MOUNQALIBA -写し鏡』の収録曲のほか、若き日のファイルーズが残したナンバーや、ナターシャとは公私に渡るパートナー …

続きを読む>

NAWAL AL ZOGHBI / YAMA ALOU

これは、ちょっと驚き!どうしたんでしょう…、ナワルが変わりました!EMI-NOW系アラビック・ディスコ路線から一抜けて、成熟のアラブ歌謡伝統派に変身??聞き応えのある充実アルバム06年作です。自らCD折り込みジャケにて英語表記で語ってもいるように、自身の希望によってアラブ歌謡の伝統、歌詞と演奏スタイルを重視した作りのアルバムを作ってみた、とのこと …

続きを読む>

V.A. / THE BEST OF 90’s

ちょっと前まで欧米のポップ・ミュージック・シーンでは80年代リヴァイヴァルがかまびすしく叫ばれていましたが、アラブのポップ・ミュージック・シーンではどうやらすでに90年代回顧となっているようです。アラブ最大のレーベル、ロターナからリリースされた本作はタイトルそのまま90年代のヒット曲を集めています。アンガームやナジワ・カランといった女性歌手や右頁で紹介してい …

続きを読む>

FARID EL ATRACHE 『アラブ歌謡の貴公子』

アスマハーンの兄、歌手にして作曲家、そして映画俳優も兼ねたというマルチな才能の持ち主=ファリド・エル・アトラシュの全盛期1930~40年代録音です。アブドゥル・ワハーブが切り開いたアラブ歌謡の世界を、さらにポップ化した、その才能と艶やかなヴォーカル!お楽しみあれ。

続きを読む>

HAIFA / BADDI EESH

レバノンの美形女性歌手Haifa Wehbeの05年作。アラブ随一の都会ベイルートらしい全編打ち込みのアル・ジールに比較的薄目なヴォーカルが映えます(当時はシャバービーとは呼ばずアル・ジールと言っていました)。エジプトの女性歌手 RANIN あたりと聴き較べると洗練されたレバノン、ファンキーで泥臭いエジプトとの違いが際立つのでは(当時はそういう図式も成り立っ …

続きを読む>

ABDEL HALIM HAFEZ / BAHLAM BIK

けでラジオに出演。それを聴いていた〈アラブ歌謡の王様〉アブドゥル=ワハーブが彼に惚れ込み、以降、コラボレイションが始まり、絶大な人気を獲得しました。ハーフェーズはいわゆるクルーナー・タイプのヴォーカル・スタイルで、アラブ世界で〈最初のロマンティック・シンガー〉とも言われています。さきの「アラブの春」でもハーフェーズの歌は多くうたわれました。そんな彼の初期にあ …

続きを読む>

KHALED MOUZANAR / ET MAINTENANT ON VA OU? OST. CARAMEL

レバノンの美人女優兼監督ナディーン・ラバキーの2007年映画「CARAMEL, ET MAINTENANT ON VA OU?」のサントラ盤が仏ナイーヴから。音楽は本邦初紹介となるレバノンの若手イケメン古典音楽作曲家ハレッド・ムザナル。ウードやカーヌーン、ネイなどのアラブ古典楽器と都会的でアンニュイなタンゴを用いたサウンドはいかにもレバノン~ベイルートらしい …

続きを読む>

AMR DIAB / BANADEEK TA’ALA

最近、全く停滞してしまっているロターナのCDリリース状況の中にあって、やっぱりこの人はちゃんと出るわけですね。エジプトのリッキー・マーティンこと、アル・ジール・シーンの頂点を極める超人気男性歌手、アムル・ディアーブによる2011年の新譜アルバムが登場です!2年も待たされ、やきもきしていたファンも多いのでしょうね。~女性アーティストが台頭するアラブPOPシーン …

続きを読む>

MED FUSION / PARFUM DE JASMIN

当店でもなかなか伝わってこないチュニジアの音楽事情。スファクス出身の8人組アラブ古典フュージョン楽団11年新作はジャスミン革命にも大きくコミットし、伝承曲、オリジナル曲双方に革命とデモクラシーのメッセージを盛り込んでいます。ネイやヴァイオリン、カーヌーン、そして男性ヴォーカルにはチュニジアらしい軽妙なアラブ古典、ドラムスとパーカス、ベースにはジャズファンクや …

続きを読む>

ORQUESTRA ARAB DE BARCELONA / LIBERTAD

バルセロナを拠点に活動するモロッコ系移民率いる多国籍アラブ楽団11年作は「アラブの春」を受けて、自由がテーマ。前作ではアラブ・アンダルース音楽が中心だったが、今作はモロッコのグナワやエサワの伝承曲にはじまり、バルセロナらしいフラメンコや東方アラビック・ジャズまで汎アラブ~地中海的な音楽ばかりをコンテンポラリーなアレンジで収録。オマール・ソーサ、元オホス・デ・ …

続きを読む>

NATACHA ATLAS / MOUNQALIBA – RISING THE REMIXES

人気DJのニコデマスと盟友スパイ・フロム・カイロ / エスノ・トライバルの創始者でもあるシェビー・サバー / インド・エレクトロニカを生み出す人気ユニット、ボンベイ・ダブ・オーケストラ / トライバル系ベリーダンサーから絶大な人気をもつビーツ・アンティーク / ダブベースの人気トラックメイカー、デヴィッド・スターファイア / チルアウト系のKAYA PROJ …

続きを読む>

HAKIM / YA MAZAGO

“エジプトのライオン”ことシャアビ界の大スター、ハキム2011年待望の新作です。前作『ティギティギ』でレゲトンを取り入れハイブリッド?なサウンドを披露していましたが、本作では期待にたがわぬハキム節が全開!~プログラミング&ダルブッカが生み出す強烈なアラビック・グルーヴをバックに、ベタベタなコブシまわしとイケイケのテンション、加えて、どこか飄々としたムードのハ …

続きを読む>

IBRAHIM MAALOUF / DIAGNOSTIC

素晴らしい! これまでスティング、アマドゥ&マリヤム、スマッジらの作品に参加して印象的なトランペットを吹いていたベイルート出身フランス在住の若手ジャズトランペッター、イブラヒム・マールーフの11年3rdアルバム。アラブ人によるジャズですが、アラビックなジャズではなく、東欧ジプシー音楽や時にバングラを思わせるような多国籍/無国籍なメロディーを吹き、ピアノやドラ …

続きを読む>

go top