V.A. / THAI BEAT A GO-GO VOL. 2

引き続き、なかなかナイスなデザインな(当時のLPジャケから取っているんでしょうね…)第2弾の選曲は、60~70年代ポップ&ロックということですが、スラポーンとかワイポットとか知った名前もチラホラです。が、しかし相変わらずスットンキョーなロック歌謡中心の選曲!ニール・ダイアモンドやセルジュ・ゲンズブールのカヴァーもありますが、しっかり熱帯亜 …

続きを読む>

V.A. / 4 クンポンプレーン

もう廃盤かと思ってたら、久々に再入荷してきましたよ!まずはここから、そして最後に行き着くのもここ?タイ~1970年代以降のレトロなオヤジ系ルークトゥン・コレション!現在でも活動する大御所ワイポットはじめ、ローム・シータムライ、サマイ・オーンウォン、スワン・サンティというヴィンテージかつモーラム・ムードも漂うローカルで男臭いラインアップがそろって聞ける名コンピ …

続きを読む>

V.A. / BOKOOR BEATS

★V.A. / ボクール・ビーツ ハイライフ、ファンク、ブルーズが合体した、70sガーナ発アフロ・ビート・サウンドの面白さ満載!! ●本アルバムは、07年3月に独立50周年を迎えたガーナで開催された記念式典に合わせて制作された、70年代ヴィンテージ・アフロ・ビート、アフロ・ロック、エレクトリック・ハイライフの復刻盤です。 ●独立以降、ハイライフを中心にポップ …

続きを読む>

LE SUPER BITON NATIONAL DE SEGOU

マリ、1977年のクンカン・レーベル音源LP2作からの編集盤となる全9曲75分の復刻盤が登場!1960年より活動を開始し、国営バンドとなったシュペール・ビトン~伝統的なバンバラ特有の音階を踏まえながら、ラテンやロックの要素をふんだんに取り入れた音楽性が印象的。繊細かつ土臭いエレキ・ギター重奏、まろやかかつサイケなホーンズ&オルガン等から成る当時のバンド・アン …

続きを読む>

ORCH. NATONAL DE MAURITANIE EL HADREMY / KAMLAT – LA MONE (ANALOG 7inch EP)

アナログ7インチEPのみのリリースです。ご注意下さい!西サハラとマリ、セネガルに国境を接したベルベル人とムーア人、黒人からなる国、モーリタニアの公営バンドによる超レアーな7インチEPがストレート・リイシューされました!おそらく1970年前後の録音~なるほど、ベルベル=トゥアレグ色が濃いブルース風とも聞こえますが、そこにマンディングやアラブ的要素 / 音感が入 …

続きを読む>

V.A. / BAMBARA MYSTIC SOUL

独のアフリカ複刻人気レーベルアナログ・アフリカの第10弾は西アフリカはブルキナファソの1974~1979年に残された貴重なアフロソウル~ファンクを16曲収録。ハイライフ、アフロキューバン、ファンク、アフロビート、あるいはグリオ。”バンバラ・ミスティック・ソウル” と仰々しい名前ですが、確かにマリ~ギニア~ブルキナファソ(当時はオート・ …

続きを読む>

IDRISSA DIOP & CHEIKH TIDIANE TALL / DIAMONOYO TIOPITE, L’EPOQUE DE L’EVOLUTION

キューバンからの影響によって始まったセネガリーズ・ラテンPOPシーンの中で、いち早くウォロフの打楽器サバールを導入~POPンバラへ道を拓いたいう70年代の重要バンド(だったということが本複刻で証明されたとも思える)サヘル、及びそのサヘルにヴォーカリストとして在籍していたイドリッサ・ジョップとギター&オルガン奏者、シェイク・ティディアン・タールのそれぞれの音源 …

続きを読む>

V.A. / THAI BEAT A GO-GO VOL. 1

タイのlate60〜70’sガレージ・パンク/オムニバス~要するに日本で言えばグループ・サウンズということになるわけですが、やっぱりギター・バンドとはいえ、そこかしこにお国柄がそれぞれ反映されるわけで、民俗的な打楽器が鳴っていたり、妙にひしゃげた女性歌手の声や、ギターの旨さ下手さにも癖があったり、ウィルソン・ピケットからビートルズ、そしてハンク・ …

続きを読む>

V.A. / AFRO-LATIN VIA CONAKRY

真打ち登場という感じでしょうか?商売人イブラヒム・シラールが本気を出したともされる(!?)アフロラテン・シリーズ / ギニア=コナクリ編の登場です!で、もちろんシリフォン音源のベンベヤやケレティギ、ジャルダン・ドゥ・ギネー、パイロート、ホロヤバンドほかによる60~80年代の素晴らしいアフロラテン系トラックがぎっちり収まっているわけですが、~ケベンド・ジャズの …

続きを読む>

SORRY BAMBA / VOLUME ONE 1970-1979

毎度無断リンクすみませんが ▷こちらで既に紹介されている~1939年マリはモプティ生まれの作曲家兼歌手兼楽団リーダー兼フルート奏者=ソリ・バンバの複刻編集CDが届いています!60年代から音楽活動をはじめ、70年代にはオルケストル・レジョナル・モプティ→オルケストル・カンガ・ドゥ・モプティのリーダーとして活躍した後ソロとなり、多くのアルバム(多くは仏盤)をリリ …

続きを読む>

V.A. / NIGERIA 70 SWEET TIMES, Afro-funk, Highlife & Juju from 1970’s Lagos

シリーズ第3弾!しつこい蒐集英国人らしい一層レアーな展開~マネーマン / ドン・アイザック / ジール・オニヤ / トゥンデ・マバドゥ / レックス・ウィリアムス …&Eオベイ&Vオライヤ&Dアビオドゥンということで、ラスト3者以外はどこのどなたさまか、名前も聞いたことのないアーティストが揃いました。スィートですよ、まったく!

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RYTHMO DE COTONOU -DAHOMEY / THE 1ST ALBUM 1973

ドイツ・フランクフルトを拠点にし、激レアなアフリカ音楽を復刻してきたアナログ・アフリカから、〈リミティッド・ダンス・エディション〉と題された限定盤の新シリーズが登場~今回復刻された2枚はいずれもこれまでにも同社で紹介されたアーティストですが、オリジナル・アルバムの復刻は初となります。本作は西アフリカの小国ベニンでもっとも有名なバンド、オルケストル・ポリ=リト …

続きを読む>

WESTERN JAZZ BAND / SONGS OF HAPPINESS, POISON & ULULATION -DAR ES SALAAM DANCING CLUB 1973 – 1975

1959年に結成されたというタンザニアのPOPダンス・バンドによる70年代録音集、初CD化となります!現地では“サボソ”と呼ばれたというそのダンス音楽、よりコンゴ音楽の影響が強く感じられもしますが、隣国ケニアのベンガ・ビートによく似ているかも知れません。きらびやかなギターとよく動くグルーヴィーなベース・ライン、そして高域の男声コーラスが特徴的~打楽器、ギター …

続きを読む>

CEM KARACA / SAFINAZ

トルコのサイケデリックロックムーヴメント「アナドルロック」を代表する酔いどれ詩人ジェム・ババことジェム・カラジャの1974年の名作初入荷です。一曲目は18分、B面も5分、13分と全3曲の大作。フランジャーの効いたサズ風味のエレキギターとフルート、トランペットをフィーチャーしたロック・オペラ・サウンドが一曲のうちに次々と展開し、途中アラベスク化したりと、着地点 …

続きを読む>

V.A. / THAI DAI

つい先日、来日イベントもあったようですが、UKを代表するアジアン・ビート・ディレッタント、というか、もろもろ好事家 CHRIS MENISTとタイ人DJ=MAFT SAI というコンビによるレコ堀の成果14曲!トゥエンジャイやプローン・プロムデンといった日本のファンにもお馴染みのC調ファンキー男女歌手の超レアー曲から、聞いたこともないタイ/モーラム&ルートゥ …

続きを読む>

go top