PEDRAO / SAMBA DE BOTEQUIM VOL.2

コミューナルなサンバの雰囲気を感じさせる白人サンバ歌手ペドローン。彼の特徴を示した“酒場のサンバ”シリーズの第1弾は2009年に発売されましたが、その第2弾となる作品がこちら。小編成ながらグルーヴィーで小気味よい伴奏をバックに、粋なペドローンの歌声が楽しめます。ベテラン・サンビスタのネルソン・ルフィーノ、実力派女性歌手クラウジア・クーニャなどがゲスト参加して …

続きを読む>

ORQUESTRA IMPERIAL / AO VIVO

現代ブラジルの最強のビッグ・バンドと呼ばれる、オルケストラ・インペリアルは、2002 年に、若き鬼才、カシンや、モレーノ・ヴェローゾ、ドメニコ、ホドリゴ・アマランチ、ニナ・ベッケル、タルマ・ヂ・フレイタス、そして巨匠、ウィルソン・ ダス・ネヴィスらによって結成される。本作は、そんな彼らの本領が発揮された、2007 年に収録されたライヴ・アルバム! (サプライ …

続きを読む>

DIOGO NOGUEIRA / MAIS AMOR

名サンビスタ、ジョアン・ノゲイラの息子さんで、今やブラジルEMIの顔とまでなってきたジオーゴ・ノゲイラ。とはいえ、スタジオ録音作は本作でようやく2作目となりました。プロデュースにはマリア・リタやマルセーロ・D2などを手掛けてきたレアンドロ・サプカイが担当し、爽やかな歌声で陽気なサンバを楽しませてくれます。ゲストにゼカ・パゴジーニョが参加。注目サンバ作品です。

続きを読む>

CARLA VISI / PURA CLARIDADE – TRIBUTO A CLARA NUNES

バイーア出身の歌姫、カルラ・ヴィシの最新作は没後30年のクラーラ・ヌネスの作品集でした。ゲストには、ダニエーラ・メルクーリやパウラ・フェルナンデスといった同郷のアーティストらが参加し、クララに寄せるカルラの想いを盛り立てています。サンバです!

続きを読む>

DORA VERGUEIRO

白人のサンバ伝統派の重鎮カルリーニョス・ヴェルゲイロの娘さんが4枚めのアルバムを発表。父親と同様、モデル風貌に似合わず本格サンバを歌う人だけに注目ですが、今作は思いっきりPOP!?父君はもとよりトッキーニョ / マルロン・セッチ / イザべーラ・ローシャほか、豪華ゲストを迎え、ハジけるようなサンバ&ボサ、サンバレゲエ&サンバソウルを楽しませます。もちろんシミ …

続きを読む>

ROBERTA SA / QUE BELO ESTRANHO DIA PRA SE TER ALEGRIA

大きな人気を呼んだデビュー作に続いて、新星ロベルタ・サーの待望のセカンド・アルバムがリリースされました!プロデュースは前作と同じくロドリゴ・カンペーロ、アレンジ、ギターも担当、ほかハミルトン・ジ・オランダ、マルコス・スザーノ、アルマンド・マルサル&ペドロ・ルイス、レニーニ等々の名手&才人達が集い、サンバを軸としながらも、サンバにこだわらない多彩な展開を聴かせ …

続きを読む>

SUSANA DAL POZ / SO SAMBAS

これはちょっと注目!若手女性サンバ歌手のスサーナ・ダル・ポスはリオ・デ・ジャネイロの出身で、トラディショナルなサンバのスタイルを今に受け継ぐ実力派。これまでにもカルトーラのナンバーを取り上げた事もある彼女ですが、このアルバムでもノエール・ローザの名曲「何を着てゆくの?(Com Que Roupa?)」ほか、サンバ伝承派らしい選曲を聞かせています。爽やかな歌声 …

続きを読む>

WILSON SIMONINHA / ALTA FIDELIDADE

2008年の『メリョール』以来となるシモニーニャの新作が登場! 収録された12トラックにはサンバ、MPB、ブラック・ミュージックなど、多彩なサウンドが満載。5年もの時間を掛けて、自身最高のサウンドを作り上げてくれたんじゃないでしょうか!?

続きを読む>

MONOBLOCO / ARRASTAO DA ALEGIRIA

サンバからフレーヴォ、ファンキなどを打楽器中心で演奏するカーニヴァル集団モノブロコの新作は、これまで未発表だった彼らの古いレパートリを収録したものです。イヴェッチ・サンガーロ、ファギネル、ペペウ・ゴメス、ロベルタ・サーといった豪華ゲストが参加しています。

続きを読む>

MONOBLOCO / 10

結成10年目を記念してタイトルは“10”~大人数サンバ・バテリア炸裂のライヴ・アルバムです。やっぱりパーカッション・アンサンブルはライヴに限ります。ゲストはエルバ・ラマーリョ!

続きを読む>

MARIANA BALTAR

サンボ・レコードから06年にデビューした女性歌手。伝統サンバから北東部リズムの曲まで幅広く歌って注目を集めた彼女ですが、この2作めではいよいよ成熟。なかなかの充実アルバムを作ってくれました。冒頭とラストはジョンゴ~アフロ色溢れる作品を挟んで、多彩なサンバ、そしてバイオーンなども取り上げます。木管&カヴァキーニョの使い方がイイですねえ…。横顔ジャケ …

続きを読む>

PAULINHO DA VIOLA & ELTON MEDEIROS / NA MADRUGADE

2大サンビスタによるサンバの大定番、久々の再発!上品な音で、ショーロの要素もかなり含むのでショーロ好きにもおすすめ。後にナラ・レオンがカヴァーした曲、古典的名曲のメドレーも含み、こういった内容のものはなかなかCDで手に入りません!サンバの作品ではカルトーラと並び注目される名盤です。解説:田中 勝則/歌詞・対訳付/オノ セイゲンによるDSD 5.6MHz リマ …

続きを読む>

ROBERTA SA & TRIO MADEIRA BRASIL / QUANDO O CANTO REZA

大好評だった前ライヴ作に続くロベルタ・サーの新作は、ガットギターの名手ゼ・パウロ・ベッケル、バンドリンのロナウド、7弦ギターのマルセロ~から成るショーロ弦楽3重奏の実力派、トリオ・マデイラ・ブラジルとの共演盤/内容としては、バイーアのサンバ系作曲家ロッキ・フェレイラの作品集ということで、クララ・ヌネスをはじめ、アルシオーネ、ゼカP、Mベターニャ等多くのアーテ …

続きを読む>

JOAO GILBERTO & VARIOUS ARTISTS / OS SAMBAS QUE JOAO GILBERTO AMA 『ジョアン・ジルベルトが愛したサンバ』

ボサノーヴァを生んだジョアン・ジルベルトが若き日に大きな影響を受け、名を成した後も、自身のアルバムやライヴにおいて好んで取り上げて来た古典サンバの名曲を、ジョアンが親しんだオリジナル録音のまま集めたオムニバスCDです!その歌唱に大きな影響を与えたというオルランド・シルヴァや、同郷の先輩ドリヴァル・カイーミ等々、名歌手の名唱が数々収められました。そして、ソロ・ …

続きを読む>

go top