VINICIUS, CLARA NUNES E TOQUINHO / POETA MOCA VIOLAO

ポエッタ、モッサ・イ・ヴィオラォン 晩年の1970年代、トッキーニョとコンビを組んだヴィニシウス。これは1973年2月27日にバイーア州サルヴァドールのカストロ・アウヴィス劇場で、クララ・ヌニスを迎えて行われたショウのライヴ盤。

続きを読む>

MART’NALIA / NAO TENTE COMPREENDER

☆マルチナーリア / ナォン・テンチ・コンプリエンデール <ビスコイト・フィーノ・マスターピース> サンバ界の重鎮マルチーニョ・ダ・ヴィラの娘、マルチナーリアがジャヴァンをプロデューサーに迎えた2012年盤。

続きを読む>

V.A. / ESTACAO LAPA

ビスコイト・フィノの禁煙録音からセレクトされたリオの古くからの下町〜ジャケの路面電車も走る “ラパ” 出身者による音源集で、ラパが舞台となったTVドラマのサウンドトラックとなっています。 >こちらで試聴可!? 収録アーティスト〜Marcos Sacramento, Moacyr Luz, Nilze Carvalho, Orquestra Imperial, …

続きを読む>

ブラジル音楽名盤 all¥1080 by Bomba Records

☆だんだんと段階を踏んで安価になって来たBOMBAのブラジル名盤シリーズですが、 ここら辺がやっぱり限界?幾ら薄利多売と言ってもコレ以上は無理なんじゃないかと…、 税抜き千円均一です!このチャンスに是非!絶対に持っていて損はないセレクションですよ。 ★シコ・ブアルキ『シコ・ブアルキ・ジ・オランダ』解説/歌詞/対訳付 〜再入荷! MPB 最重要人物 …

続きを読む>

DEMONIOSDA GAROA / UM SAMBA DIFERENTE

2014年で結成71年! 13年にはアドニラン・バルボーザのナンバーを歌ったアルバムで話題となった老舗サンバ・コーラス・グループのデモーニオス・ダ・ガローアが堂々新作を発表しました。本作にはワールド・カップをトリビュートした作品のほか、再びアドニランのレパートリなども取り上げている模様。いぶし銀のサンバ・コーラスをお楽しみください。 △参考

続きを読む>

MARTINHO DA VILA / ENREDO

マルチーニョ・ダ・ヴィラ2014年の新作は、1980年作「SAMBA ENREDO」のリメイク・アルバム!マルチナリア、マリア・フレイタスはじめ、アルシオーネ、ベッチ・カルヴァーリョもゲストで参加しています。 Feat. filhos Mart’nália, Analimar, Martinho Filho, Maíra Freitas, Jul …

続きを読む>

MARIA RITA / CORACAO A BATUCAR

    ブラジル音楽界のサラブレッド、マリア・ヒタ2014年新作は07年の名作「SAMBA MEU」を彷彿させる充実のサンバ集です。ゲストにはフレッド・カマーショ、マルセリーニョ・モレイラ、アルリンド・クルース、ホドリゴ・マラニャォンら、現代サンバの重鎮たちが参加し、アコースティックで芳醇なサウンドを聞かせます。

続きを読む>

ANGELA MARIA & NELSON GONCALVES / UM SHOW HISTORICO

今は亡きサンバ歌謡の王様、ネルソン・ゴンサルヴィスと、1950年代から活躍しているサンバ / カンソン系女性歌手、アンジェラ・マリアが、1975年にサンパウロのアニェンビ・ホールで行った公演の模様を収め2CDとなります。1975年といえば、ネルソン御大が薬物中毒による休養から復帰し、意欲的に再活動し始めた時期だけに、円熟の歌声が楽しめる内容となっています。

続きを読む>

NOITE ILSTRUDA

追悼複刻〜この6月 (2003) に75歳で亡くなってしまったというミナス生まれのサンバ歌手ノイチ・イルストラーダ=そのヒット曲”ヴォルタ・ポル・シマ”収録 された1976年作品が、急遽オデオン100周年複刻シリーズに加えられました!黒人的美声で広く親しまれたヴェテラン男性でした。(COPIA CONTROLADA)

続きを読む>

BANDO DA LUA / BANDO DA LUA 『ブラジリアン・ハーモニー』

カルメン・ミランダとともに渡米し、ブラジル音楽をアメリカに初めて広めたのがバンド・ダ・ルア。 独特のハーモニーを聞かせたコーラスとお洒落なサウンドは、まさにブラジルのモダン派の元祖。その方向性は後のボサ・ノーヴァにも影響を及ぼし ました。本作では全盛期のブラジル録音から渡米後の録音まで網羅。グループの歩みを追いながら、全貌に迫る、ブラジル音楽ファンには是非聞 …

続きを読む>

go top