JAKE SOLLO / COMING HOME

      元ファンキーズを率いたジェイク・ソーロ、 その後、ロンドンで活動するも帰国、 1976年のナイジェリア録音アルバムがこちら。 〜ナイジェリアのマヌ・ディバンゴに 成りそびれた観ありますが、 アフロ・レアーグルーヴとして名高い一枚初復刻!

続きを読む>

EBENEZER OBEY / GREATEST HITS

フツーのベストかと思っていたんですが…、1960年代末から70年代初めにかけてのシングル OR EP収録曲コレクションと気づきました。なかなかレアーですね!(無茶苦茶な選曲の evergreen シリーズには収録されていたかも知れませんが、こうやってシングル曲集としてリリースされているところが、嬉しいということに…) 1.Ore Mi …

続きを読む>

FEMI SOLAR / JASA IN AMERICA

      フェミ・ソーラーの2013年USAツアーを記念して録音されたアルバムかと思います。ということは、>名作『グレイス』の前年ということにもなりますね、既にグレイスの準備は整っている曲想&演奏!1曲44分の収録です。

続きを読む>

FEMI SOLAR / IYIN, Another Live Praise?

“MERCY BEYOND” に続く 2016年のオフィシャル 1 track-36mim新作! だそうです(by 深沢センセー)。 あくまでも軽快、POP、 そしてグルーヴィーな新装JUJU! MM誌6月号輸入盤紹介、 深沢さんの原稿をご参照のこと! 〜というわけで、相変わらず絶好調! ことに序盤、パーカッション・アンサンブルのみの …

続きを読む>

BEAUTIFUL NUBIA And The Roots Renaissance Band / SOUNDBENDER

おっと、見逃してました(って言うか、当店ナイジェリアン・サプライヤーが見逃してたんですが…)。1968年生まれ1997年デビューのナイジェリアはヨルバのSSW、ビューティフル・ヌビア(これまで、どういう意味でこういう変なネーミングなのか不明、でしたが、なんか、サプライヤー氏が言うことには、彼の出身地のイバダンには、“ヌビア”と呼ばれるヨルバ系の人 …

続きを読む>

EBENEZER OBEY / SATISFACTION

いや〜、何て自由闊達でいて完成度の高い音楽 / ギターバンド&パーカッション&ヴォーカル・ミュージックなんでしょうね、ホント。 当方としても当時は、ポツンポツンとしか聴いていなかったオベイなので、これは初めて聴くような気がする1986年のオベイ”サティスファクション”(オリジナルLPジャケは見知っているので、当時国内にも入荷していたん …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / INFERNO

地獄のFUJI!メラメラ燃える劫火のようなパーカッション群に乗せ、地獄の底から聞こえるような恨み節、これがフジの真実です(本当か?)〜1996年のシキル御大名作です! 1996 – Aare (Dr.) Sikiru Ayinde Barrister & The Musical Legend of Common-Wealth ★Infer …

続きを読む>

KOLLINGTON AYINLA / MEGASTAR

1990年作です。軽くシンセ音が奏でられますが、『ブレッシング』に較べるとアクセント程度、異様にディープなトーキング・ドラム群の打音が印象的だし、レスポンスのコーラスもやや抑えられて、ソロ・ヴォーカルがクールに積み重ねられ行くサマは、ハードボイルドと言ってもいいでしょうか。渋い境地です。 Alhaji Kollington Ayinla & His …

続きを読む>

EBENEZER OBEY / ON THE ROCK

1990年作〜ちょっとFUJIっぽいビートが面白いですねえ!でも、パーカッション・アンサンブルへの旋律楽器のかぶせ方など、逆にその後のFUJIの旋律楽器導入に影響を与えているような気もしますが…。“オン・ザ・ロック”、このタイトルを知って初めて、CDジャケのオベイが岩の上に立っていると気づきました。 ChiefCommander Ebenezer …

続きを読む>

SOLID STAR / W.E.E.D.

★ W.E.E.D. = WITNESS, EVERYTHING, EXCEPTIONALLY, DIFFERENT   1988年生まれ、ナイジェリア南部デルタ州イソコ出身イボ・オリジンのSSW、2010年アルバム・デビューにて、こちら2017年のフルCD!US R&B や他のヨルバ系ナイジャPOPとは少しばかり、一味違う音作り(リズム処 …

続きを読む>

LES AMAZONES D’AFRIQUES / REPUBLIQUE AMAZONE

マリ、ナイジェリア、ベナン、ガボン〜西アフリカの女性アーティストをフィーチャーしたウェスト・アフリカン・プロジェクト。英リアルワールドから〜スゴイ面子というよりも、新旧&有名無名(?)女性歌手達のフレッシュな顔合わせと言うべきでしょうね!DR.L こと Liam Farrell のプロデュースも Mbongwana Star よりハマってるような気がします。 …

続きを読む>

BLO / PHASE IV

    懐かしいですねえ、CD化です。とうようさん『アフリカの音が聞こえてくる』ナイジェリアの章でも、この手のバンドの中では充実している、というような感じで紹介されていた1976年作。なるほど、ほどよいサイケ&ヒップ感覚と骨太でしっかりした演奏能力~これは本格派~フェラのアフロビートとはまたひと味違うアフロ・グルーヴを確立していたバンドだ …

続きを読む>

go top