J. MARTINS / AUTHENTIC

1977年、ナイジェリア南部ニジェール川に面した港湾都市、オイチャの生まれ(なのでイボ系?)、ソングライター / プロデューサーにしてシンガー、CDデビューは08年で、本作は4作目(2016)、今のところ最近作になります。コフィ・オロミデ!フェール・ゴラという今後の大スターがゲスト参加!加えて、コートジヴォワールのDJアラファットが3曲に参加、ナイジャPOP …

続きを読む>

MUSILIU HARUNA ISHOLA / HAPPY DAY

ご要望が絶えず、再入荷努力したところ、なぜかジャケ違いで再入荷してきました。ま、どっちもどっちだと思いますが、どーも現地でも本作は売れているみたいですね(今回入荷の向かって右ジャケCDは再プレス盤、ということになるでしょうから)。音質は変わっていないように思います。ま、でも、ヒスノイズがタマに聞こえる意外は、決して音質悪くないですからね、この作。 というわけ …

続きを読む>

KOLOGBO / AFRICA IS THE FUTURE

フェラ・クティ&アフリカ70を支えた名ギタリスト:オゲネ・コログボが“本物”とモダンさを両立した別格のアフロ・ビート・アルバムでカムバック!盟友トニー・アレンのドラムスを大フィーチャー! パット・トーマス、ジョセフ・コットン、アヨ(Ayo)など参加メンツも超豪華! 人気ハイライフ・アーティストのジョー・キング・コログボを父に持ちながら、若き日に家出してフェラ …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / EKU ODUN

ナイジェリア、ヨルバ系パーカション音楽にしてムスリム系プレイズソング(もしくは、スポンサー褒め殺し歌謡)〜FUJIのパイオニア、故シキル・アイン デ・バリスターの最盛期アルバム、1982年作です。 以前は、ともすれば、ややアップテンポのFUJIに耳が行ったものですが、最近は(歳のせい?)「ミディアムなFUJIにしてくれ」と、行きつけのBarのマスターにお願い …

続きを読む>

SUNNY ADE / KITI KITI

久々の入荷です! こちらは音質良好〜マスターがあったんでしょうね… 70年代後半の名作と言えます。 様々なギターの音色がゆったりとした空気感の中、 のんびりした歌い口に寄りそって、 様々に交わりウネリを生み出します。 ただ、それだけのことが、どうしてこんなにも 気持ちイイのか、こういうの、言葉の本当の意味で、 ジュジュ・マジックと言うんでしょうね …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / FUJI DISCO

どこがどー”ディスコ”なのか、よくわからない展開、…というより、常よりもトラッドなサカラみたいな展開の1980年作品、コーラスもあまり聞こえず、ウネウネとしたヨルバ打楽器隊が這いずるようなアンサンブルを聞かせて黒い!暗黒ですな、が、ヘヴィーなFUJI中毒の皆様におきましては、コレがシキル!! と、納得の1枚でしょうね、オス …

続きを読む>

WASIU AYINDE MARSHAL / TALAZO FUJI MUSIC PARTY !

UKウォーマッド・レーベルからリリースされたワシウ1997年作、久々の再入荷です!思えばこの作、名作でした。旋律楽器の使い方も、その後のワシウとは全然違いますね。ラップ風ヴォイスも軽快、ややFUJIマナーからは離れたような旋律をたどるその歌声もワシウらしいドスのある節まわし満点でした。 1. Fuji Collections 2. Talazo 3. The …

続きを読む>

MR. EAZI / ACCRA TO LAGOS

無断リンク>★ 陳謝&感謝! ガーナ&ナイジェリア双方で活躍するレゴス育ちの25歳、 ソングライティングも歌い口もCOOLですねえ、 たたみかけるようなラップもCOOL、 音を通じて伝わって来る生活感やプライヴェートな感覚、 みたいなものは、これまでのアフリカ音楽が 伝えようとしなかったもの、のような気がしますね。 改めて、ナイジャPOPの新しさの質が何なの …

続きを読む>

go top