SULAIMON ALAO ADEKUNLE MALAIKA / ORIGINAL

どこがどう “オリジナル” なのかは存じませんが、1995年以来のキャリアの持ち主〜スレイマン・アラオ・アデクンレ・マライカ!>一昨年入荷のCDはタキシード姿のスーパースター?でしたが、今作ではヨルバ民族衣装、というかポンチョ姿?の野人という雰囲気…、で、そんな雰囲気そのままに原点回帰の汗だくFUJI、58分44秒たっぷり聞かせてくれます!相変わ …

続きを読む>

ADEDEJI / AFREEKANISM

MM誌2017年1月号 年間ベスト10ワールド部門4位! “Electric Afrocentric sound with a twist of Jazz, Funk, Soul and everything in between” 〜と裏ジャケに書いてあります。ナイジェリアはヨルバのギタリスト、SSWの欧州盤セカンド〜>こちらでも早 …

続きを読む>

J. MARTINS / AUTHENTIC

1977年、ナイジェリア南部ニジェール川に面した港湾都市、オイチャの生まれ(なのでイボ系?)、ソングライター / プロデューサーにしてシンガー、CDデビューは08年で、本作は4作目(2016)、今のところ最近作になります。コフィ・オロミデ!フェール・ゴラという今後の大スターがゲスト参加!加えて、コートジヴォワールのDJアラファットが3曲に参加、ナイジャPOP …

続きを読む>

MUSILIU HARUNA ISHOLA / HAPPY DAY

ご要望が絶えず、再入荷努力したところ、なぜかジャケ違いで再入荷してきました。ま、どっちもどっちだと思いますが、どーも現地でも本作は売れているみたいですね(今回入荷の向かって右ジャケCDは再プレス盤、ということになるでしょうから)。音質は変わっていないように思います。ま、でも、ヒスノイズがタマに聞こえる意外は、決して音質悪くないですからね、この作。 というわけ …

続きを読む>

KOLOGBO / AFRICA IS THE FUTURE

フェラ・クティ&アフリカ70を支えた名ギタリスト:オゲネ・コログボが“本物”とモダンさを両立した別格のアフロ・ビート・アルバムでカムバック!盟友トニー・アレンのドラムスを大フィーチャー! パット・トーマス、ジョセフ・コットン、アヨ(Ayo)など参加メンツも超豪華! 人気ハイライフ・アーティストのジョー・キング・コログボを父に持ちながら、若き日に家出してフェラ …

続きを読む>

SIKIRU AYINDE BARRISTER / EKU ODUN

ナイジェリア、ヨルバ系パーカション音楽にしてムスリム系プレイズソング(もしくは、スポンサー褒め殺し歌謡)〜FUJIのパイオニア、故シキル・アイン デ・バリスターの最盛期アルバム、1982年作です。 以前は、ともすれば、ややアップテンポのFUJIに耳が行ったものですが、最近は(歳のせい?)「ミディアムなFUJIにしてくれ」と、行きつけのBarのマスターにお願い …

続きを読む>

SUNNY ADE / KITI KITI

久々の入荷です! こちらは音質良好〜マスターがあったんでしょうね… 70年代後半の名作と言えます。 様々なギターの音色がゆったりとした空気感の中、 のんびりした歌い口に寄りそって、 様々に交わりウネリを生み出します。 ただ、それだけのことが、どうしてこんなにも 気持ちイイのか、こういうの、言葉の本当の意味で、 ジュジュ・マジックと言うんでしょうね …

続きを読む>

go top