V.A. / IL ETAIT UNE FOIS LA MUSIQUE KABYLE

これはタイムリー!やっぱりフランスあたりでも多少注目されているんでしょうか?今一番気になる地域の一つ、アルジェリアはカビールのPOP&フォーキー&プロテスト&シャアビ系音源がとりあえず24曲(けっこう長尺曲が並んでます)!70~90年代の音源で、マトゥーブやメンゲレット、そしてなかなか聞けないアクリ・ヤヒアンテ等、大御所も収録されましたが、ほか、アルバム単位 …

続きを読む>

INESS MEZEL / BEYOND THE TRANCE

アルジェリアの山岳部に暮らすカビールの血を受け継ぐ女性SSW、イネス・メゼールが7年ぶりに発表したこの2010年作~なんとプロデュースはジャスティン・アダムス!ということで、イネスのカビール風味漂うオリジナル曲(ベルベル=カビールのタマジット語で作詞された曲も収録)が、ジャスティン・テイストの砂漠ロックマナーと衝突!マグレブ&アラブの民俗楽器を随所に散りばめ …

続きを読む>

V.A. / TRESORS DE LA MUSIQUE ALGERIENNE

★『アルジェリア音楽集大成』 輸入盤としても定評の高かったアルジェリア音楽編集盤の国内リリースです。解説はサラーム海上!シャアビやガルビ、カビール音楽等の古い録音がぎっしり38曲~2CDに収録されています。歌謡/伝統音楽/ベルベルやトゥアレグといった人々の音楽まで、アルジェリア音楽の多様性を貴重音源で見渡せる好盤です!2006年タハの傑作、『ディワン2』で取 …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / AU NOM DE TOUS LES MIENS

★ルーネス・マトゥーヴ 『わが愛する者全ての名において』 名盤再入荷! これから、なんだかシャアビは売れそうだと踏んだのか、ファッシフォン・レーベルが新たに復刻したCDは、なんとモダンなカビール・ソングの代表格、アルジェリアのボブ・ディランとも称されるルーネス・マトゥーブの、おそらく1990年代後半~晩年の作品です。以前はフランス盤CDでもリリースされていた …

続きを読む>

AIT MENGUELLET / TAWRIQT TACEBHANT

再入荷しました!>こちらで、カビールのレナード・コーエンと紹介されています!~1960年代後半からアルジェリア/カビールの心を歌い続けるSSW、アイト・メンゲレットの今年の新作です!ほぼ弾き語りの世界を聞かせて来たこの人にしては珍しく、ギター、ウード、マンドーラ、バンジョー、ヴィオラ、ヴァイオリン、カヌーン、ネイ等々&各種打楽器が入れ替わりながら、曲によって …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / UNE VIE

その死後10周忌を記念したものか、去年リリースされていたマトゥーブのオール・タイム・ヒット/ベストCDが初入荷しました。1983~98年までの16曲、2分半ぐらいの曲から9分ぐらいの曲まで、長尺曲こそありませんが、80年代前半のカビールならではのロック的なアプローチを見せるアップ曲から、シンセ入りの曲、そして晩年のシンプルな弾き語りまで、曲想こそ、それぞれで …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / L’MUT

(アラブ人との連帯を防ぐための、仏植民地時代のカビール人優遇を経、独立後は多数派のアラブ系住民から抑圧されることになったベルベル系アルジェリア先住民の)カビール人の間で、敬愛しない者はないとされる故ルーネス・マトゥーブの歌声(…残念ながら、1998年に自家用車運転中に銃撃され亡くなってしまった。その際、以前からイスラム過激派の脅迫を受け、身の危険 …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / AY IZEM

 記念すべきルーネス・マトゥーブ1978年のファースト・アルバムがCD化!入荷しています。嬉スイですねえ!その数年後のアルバムと目される>こちらと較べても、本作の若々しさは特筆ものです。冒頭表題曲〜高音域で単純なコード奏法を繰り返すオルガンや、ちょっとエイトビートっぽく聞こえる変拍子を刻むドラムスも妙な味わいがありますが、先輩イディールがコーラスにまわり、デ …

続きを読む>

SLYM (SLYMAN SERGI) / LE RAPPEL… ASMEKTHI

アルジェリアはカビールの、スリムことスレイマン・セルーギの2012年アルバムにボーナストラック7曲+リミックス2曲を追加した仏MLPレーベルの新譜です!その歌い口、どう聞いても故ルーネス・マトゥーブにそっくりなんですが、そのマトゥーブの後継者としてカビールで認知されているスリムだそうです。マトゥーブに較べると、どこかほっこりした感じが伝わって来ますが、ベルベ …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / L’ADIEU… 『ラスト・コンサート・ライヴ』

1998年6月に地元アルジェリアで暗殺されたカビール人シンガーソングライター=ルネース・マトゥーブ/彼がその最晩年の同年1月にパリのゼニット劇場で行った最後のパリ公演の模様を収録したライヴ・アルバムがこの2枚組です!マトゥーブはアルジェリアで下層階級の多くを占めるカビール人のアイデンティティを訴え続けてきたプロテスト・シンガー、でも晩年のこの時期には、単に言 …

続きを読む>

LOUNES MATOUB / MOUGRAD ATH YIRATHEN

1998年6月に地元アルジェリアで暗殺された伝説的ベルベル系カビール人シンガー・ソングライター=ルネース・マトゥーブの若き日のアルバム(1981年頃?)の複刻CDです。ほぼ、マンドゥーラ弾き語りに終始する内容ながら、当時にして既に、ベルベル系カビールの野性的なメリスマを介して実ったシャアビっぽい洗練と一歩引いた感情表現、そこにこの人ならではの独特な諦観のよう …

続きを読む>

AIT MENGUELLET / ASKOUTI (LE BOY SCOUT) -AL MUSIW

カビール歌謡の重鎮、ルーニス・アイト・メンゲレットの1981年作アルバムの複刻CDです。パリの中のマグレブ移民の街バルベスのレーベル、AZWAW制作のCDですが、音質はマスター起こし、クォリティーは上々です。マンドーラ、ウード主体の生音弦楽器重奏に、簡易なパーカッションがつくだけの伴奏に、淡々とした弾き語り風の歌が乗ります。アルジェリアン・シャアビ風のメリス …

続きを読む>

IDIR / LA FRANCE DES COULEURS…

現在はフランスを拠点に活動するカビールのスーパースター・大御所プロテスト歌手=イディール、久々のスタジオ録音盤がリリースされました。今作の特徴はと言えば、全17曲、すべての曲ごとに豪華なゲストが参加、デュオで歌ったり、交互に歌ったりしていることはもちろん、曲によっては音作りから、作曲までを手伝っていることです。ティケン・ジャー・ホコリー/フェフェ&レロイ/ノ …

続きを読む>

IDIR / NEVEO

あっけなく、円安になってしまい、こーゆーお値段になってしまいましたが、そういうことはともかく、現在はフランスを拠点に活動するカビール歌謡の重鎮、イディール2013年の新作が入荷してきました。メジャーSONYからのリリースということで、とうとうメジャーに残ったわれわれの親しんできたアルジェリ ア系の歌い手は、このイディールとハレドのみとなってしまいましたね。そ …

続きを読む>

TAKFARINAS / LWALDINE

1980年代後半からアルジェリアはもとより、フランスのカビリア/ベルベル人コミュニティーでも活躍してきた大人気歌手、タクファリーナスの11年新作です!明るくダンサブルなアルジェリア産シャアビ/カビールソングに、特製のダブルネック・マンドーラを弾きまくり、とぼけた声でネチっとしたコブシを回しまくります。アラビック・オーケストラを使った曲から四つ打ちハウス、ヒッ …

続きを読む>

go top