ADISALEM ASSEFA / JOROYEN LIBSA

エチオピアのプロテスタント系ゴスペル歌手としてはヴェテランとなるんじゃないでしょうか(00年代から録音があったと思います)?やっと入荷して来ましたよ!…見逃していた、というか、>こちらで紹介された際(無断リンク陳謝&感謝!)、スワッとオーダーするも入荷して来なかったので、あきらめムードだったんですが、今回、再度オーダーしてみたら、ちゃんとオーダー …

続きを読む>

SOSENA GEBRE EYESUS

エチオピアの伝統楽器、大型リラのベゲナ弾語りによるエチオピア正教ゴスペル6曲を収録したカセットのLP化〜以前のブルー・ジャケではなく、オリジナル・カセットのイラスト・ジャケを再現したリプレス盤〜美しいLPジャケですねえ、まったく。 1.አስር አውታር – Aser Awetar 05:33 2.ድንግል ስልሽ – Denegil …

続きを読む>

DEREJE MASEBO / MEWEDEJAYE

エチオピア、福音派ゴスペル男子です。“VOLUME 2” とありますから2作目となるんでしょう。やや抑えた歌い口ですが、アムハラの伝統を感じさせる擦弦マシンコ使いの曲から、レゲエ・ナンバー、そして、メロウでブルージーなバラードから、タイトなエチオ・ハウス風などなど、ゴスペルとしては、かなりヴァラエティに富んだ構成です。でも、どことなく清廉な雰囲気が漂うところ …

続きを読む>

KALKIDAN TILAHUN / EYULIGN

う〜ん、エチオPOP女性歌手、観たことある顔だなあと思ったら、>リリィ・ティラフン、でした。今作CD表記はカルキダン・ティラフンということで、本名に戻ったんでしょうか?が、もともとプロテスタントだったのか、どうかはわかりませんけど、福音派プロテスタントのゴスペル歌手に変身しての新譜なのでした。〜というのは間違いで、もともとケール・ヘイウェット教会(ペンテコス …

続きを読む>

ELOCHUKWU DAVID UZOCHUKWU / NWA EZEUDO

プロフェッサー・チコビこと、エロチュクウ・デヴィド・ウゾチュクウ(なんか、長い名前ですねえ…)、イボ系の陽性ハイライフをバックに、けっこうドスの効いた歌声で、神を讃えるギター侍、といった、ところでしょうか?

続きを読む>

TONY ONE WEEK / HONORABLE MEMBA

2011年作ですが、この感じ、実にイイ!ちょうどイイですね!?ナイジャPOP系のゴスペルなんでしょうか?クリスチャン・ミュージックだとすると、随分にぎやかというか、ノリノリで楽しそうーなんですが…。16年の新譜も聴いてみましたが(>★)、どちらかと言うと、こっちの方が面白かったので推させて下さい(2021年9月4日にUPされている配信シングル曲も …

続きを読む>

AYDA ABRAHAM / YENEFSE HASET

こちらもアムハラ系福音派ゴスペル、ですが、もーこーなってくると、単にちょっとばかりピュアーな雰囲気のエチオピア産グルーヴィーPOPとしか聞こえない印象、どこがどーゴスペルなのか?言葉がわからないから、わかりませんね。にしても、今回エチオ霊歌女性歌手を幾つか入荷させてみて感じたのは、通常エチオPOP女性に較べると、エチオなゴスペル女性の場合、ややもって清楚な雰 …

続きを読む>

SAMRAWIT CAESAR / YANE ALEME

サムラウィト・シーザー(と読んでいいんでしょうか?まさか、カエサルじゃないですよね)、こちらも4世紀以来の伝統を持つエチオピア正教のスピリチャルというわけではなくて、近年も信者を増やしつつあるというプロテスタント系福音派のスピリチュアル〜ゴスペル歌謡だそうです(ちなみにエチオピアの宗教人口は、正教44%、イスラム教34%、プロテスタント19%ほか)。デビュー …

続きを読む>

PASTOR TEKESTE GETNET / MEJEMRIYA

こちらも、エチオピアはプロテスタントのスピリチュアル〜ゴスペル歌謡です。これまで、何となく面白くないような気がして無視してきたエチオ霊歌ですが、コレも素晴らしい!歌詞がわからない、ということもありますが、実にタイトかつ余計なもののないエチオなグルーヴィー歌謡にしか聞こえないということは、あります。 1 Chuh2 Mejemriya3 Yastawukebg …

続きを読む>

HAMLET BELJUN / ELEMINIHALEW

こちら、4世紀以来の伝統を持つエチオピア正教、ではなくて、プロテスタント系福音派の現今スピリチュアル〜ゴスペル歌謡だそうです。これまで、何となく面白くないような気がして、ほぼ無視してきたエチオ霊歌ですが、コレは素晴らしい!ややもって透明な歌の呼吸も、バックのジャジーなムードの鍵盤中心の演奏も音処理も、霊歌と知らずに聞いて素晴らしいものだったので、霊歌と知って …

続きを読む>

TESFAYE CHALA / YITAYE, Vol. 5

こちらも、エチオピア正教のゴスペル・ソング・アルバム〜2011年作となります。にしても、なんという演歌まるかじりな聖歌であることか…。エチオ流儀の、実にアーシーかつグルーヴィーなゴスペル、フツーのエチオPOPと変わるところは、ジーザスの教えを解くだろう、その歌詞内容だけ、という気がしないでもありません。 1. Yitaye 7:07 2. Mis …

続きを読む>

go top