EL NAAN / CODIGO DE BARROS, AN IBERIAN ROOTS PROJECT

    イベリア半島の言語、人種や歴史を音楽で今に伝えるグループ。アラビック、ケルティック、ジューイッシュ、様々な要素を感じさせるルーツ・ミュージック・プロジェクト。 (インポーター資料から) (参考動画)

続きを読む>

SCARLET RIVELA / CELTIC MYST

    ボブ・ディランの全盛期をサポートし、聞く者を驚嘆させ魅了した伝説のバイオリニスト、スカーレット・リヴァラが郷愁あふれるケルトの美しい旋律を携えてシーンの中心に舞い戻ってきた。映画「タイタニック」で名を馳せた天才バグパイプ奏者エリック・リグラーをフィーチャー。

続きを読む>

IONA / THE BOOK OF KELLS

    1980年代末から活動を続ける英国ケルト・プログレッシブ・ロックバンドIONAの1992年2NDアルバム。アイルランドのケルト文化の福音書「ケルズの書」をテーマに、シンフォニックな音の洪水が続く壮大なスケール。このバンドの最高傑作とも呼ばれています。

続きを読む>

SEDRENN / CHEMIN FAISANT….

フランスのケルト文化圏ブルターニュから出た女性ハープ・デュオの1996年作。ブルターニュ、アイルランド、スコットランドのみならず、ポーランドやアメリカ、ケベックなど、様々な地域の音楽的要素を取り入れたケルティックハープの美しい調べとエリサとクリスティーヌの素朴な歌声は、聴く者の心の奥底に届きます。ヒーリング音楽としても最適。

続きを読む>

DERVISH / SPIRIT

  アイルランド北西の地、スライゴーで結成されたダーヴィッシュの6作目。2003年作。スピード感、繊細さを併せ持つ、アイルランド伝統音が雨のトップグループ。幾層にも重ねられた立体的なアンサンブルが生み出す音空間。ボブ・ディランの「スペイン皮のブーツ」のカヴァーを収録。

続きを読む>

KILA / LEMONADE & BUNS

  ライヴのグルーヴを詰め込み、洗練を極めた音世界。前作「トゥゲ・ゴ・ボーゲ」のコンセプトを更に発展させ、聴くほどに味わいと気持ち良さが増す傑作。キーラの絶好調ぶりを感じさせる。2000年作。(メーカー資料から)

続きを読む>

ANUNA / THE BEST OF ANUNA

  アイルランド/ケルト音楽+現代音楽+クラシック+アンビエント+宗教音楽・・・アイルランドが誇る男女混声コーラス・グループ「アヌーナ」の全オリジナル・アルバムから代表曲を網羅したベスト・アルバム。 古くは千年以上も前の発掘されたアイルランド中世の宗教音楽/伝統音楽が、現代音楽/クラシック/音響系/アンビエントなどの要素を取り入れ、モダンにアレンジ …

続きを読む>

SPONTUS / AN HUNEOUR

ブルターニュ/フェスト・ノズ。シュールなジャケ。ヴァイオリンとギターがやたらプログレ展開の、超絶アコースティック・フェスト・ノーズ・インスト4人組スポンテュスの新アルバム。(エクスポーター資料から) トラックリスト 1.MARIUS 2. LES VACANCES DE MR JOE #1 3. J’AVAIS PAS DIX ANS 4. LE …

続きを読む>

LES GORISTES / KIG HA FARZ MAMBO

90年代から活動するブルターニュのゴッタ煮おっさんバンド=レ・ゴリステ7作目となる作だそー~ラテン風味冒頭曲が秀逸な、独特のブルトン・トラッド?を聞かせま!もしかしてコミック・バンド?もしかしてコックさんのバンド?よくわかりませ~ん、が、シンプルなブルトン系メロディー、ちょっとクセになりますね!ライヴ盤です。

続きを読む>

JEAN-LUC THOMAS, DAVID HOPI HOPKING / TRANSLATIONS

ブルターニュの旅するフルート奏者ジャン=リュック・トマと、アイルランド出身・在ブルターニュのパーカッション奏者デヴィッド・ホプキンスのデュオ(+ゲスト:ヴァイオリン、サーズ、サクソフォン、ベース、ガイドゥーニツァ…)による、ブルターニュマナーのワールドフルートミュージック。アフリカ〜アラブ・アンダルシアにまたがるイマジナリー・ケルト。エレクトロニ …

続きを読む>

Karman カルマン / 流離う音楽

★渦巻く音、渦巻くリズム…。個性派実力ミュージシャン3人が結成した話題のユニットのデビュー作。アイルランド〜モンゴル〜アパラチアを渡る”草原系NOMAD(どこにも属さない)音楽”! ★カルマン Karmanとは、気象用語の「カルマン渦」からとられている。流れの中に障害物を置いたときなど、その後方に渦の列が交互に出来る。3人それぞれの音楽 的バックグラウンドが …

続きを読む>

go top