ROGE / BREN GUELE

リオ・デ・ジャネイロ出身のロジェーは、若いころにはマルコス・スザーノやベト・カゼスが中心になったパーカッション・グループ、バチクンなどにも参加していたそう。パーカショニストであり歌手であり、さらに作曲家としての活動もスタートさせ、2003年にソロ・デビューしました。以後、セウ・ジョルジが11年に発表したアルバムへの参加などを経て、4枚めのアルバムとしてリリー …

続きを読む>

CEU / CARAVANA SEREIA BLOOM

カエターノ・ベローゾをして「ブラジル音楽の未来」と言わしめた美貌の実力派歌手、セウのソロ第3作目。今作 は、ミクスチャー且つサイケデリックなフレイヴァーを散りばめた斬新なサウンドを展開している。ソナンチスの一員だった作曲家/アレンジャーのグイ・アマ ビスを牽引役に、トロピカリア・サウンド、ブラジル北東部、そしてレゲエなど多彩なサウンドを散りばめて、最後まで一 …

続きを読む>

BLUBELL / EU SOU DO TEMPO EM QUE A GENTE SE TELEFONAVA

ファンキ・コモ・ル・ゲスタ出身ながら、コケティッシュな発声でジャズ&ボードヴィル・マナーのヴォーカルを聞かせるサンパウロ女性歌手セカンド新作です!ピアノ&ブラシ・ドラム&コントラバスに加えて、ハモンド、アナログシンセ、アコーディオン等が彩をそえ、トリップホップ以降のモードを踏襲しつつ、ラテン、ロック、ジャズを涼しげに横断するユニークな音楽性!ジャケもイイ感じ …

続きを読む>

GUILHERME DE BRITO / SAMBA GUARDADO

★ギリェルミ・ジ・ブリート/とっておきのサンバ 2006年惜しくも他界したサンバ界の最長老ギリェルミ・ジ・ブリートの2001年に発表したソロ・アルバム。ほとんどが新曲(及び未発表曲)という気合いの入った内容。しかも当時79歳とはとても思えない若々しい歌声を聞かせてくれているから、ファンには感涙もの。永遠の名作『クァトロ・グランジス・ド・サンバ(サンバの巨匠た …

続きを読む>

ジョアン・ジルベルト / ボサ・ノーヴァ物語

★ジョアン・ジルベルトは、20世紀のブラジル音楽を代表する偉大なミュージシャンで、ボサ・ノーヴァ隆盛のきっかけを作った一人。このアルバムは、1959 〜1961に発売された最初期のアルバム3枚、[Chega de Saudade](1959)、[O amor, o sorriso e a flor](1960)、[João Gilberto](1961)を収 …

続きを読む>

NELSON CAVAQUINHO / ENSAIO

サンバ・ファンにはまさに待望のDVDの登場だ。40年代から多くの名曲を作曲。60~70年代のサンバ復興の時代に高く評価されたネルソン・カヴァキーニョ(1911~1986)。カルトーラとともに日本でもっとも愛されるサンバ音楽家~そんなネルソンが1973年に有名なテレビ番組『エンサイオ』に出演した際のライヴ映像をDVD化したのが本品!「枯葉のサンバ」や「花とトゲ …

続きを読む>

ANA & JORGE / AO VIVO

久々に目を閉じて聴きたくなるようなライヴ盤が登場しました!いずれ、当たり前にDVDがリリースされるんでしょうが、映像抜きで、音楽として聴きたいと思えるライヴ盤です。…とはいえ、DVDがリリースされてしまえば、やっぱり観たくなるでしょうけど…。今、ブラジルで一番イイ?男女歌手2人、一番ヒリヒリとした歌心を持つ2人が、互いの歌に刺激されな …

続きを読む>

SEU JORGE AND ALMAZ

セウ・ジョルジ(ヴォーカル)/ナサォン・ズンビのプピーロ(ドラムス)/ルシオ・マイア(ギター)/サントラ・キング=アントニオ・ピント(ベース)/そしてプロデューサーはマリオ・カルダート!というスーパー・ユニットのお目見えデビュー作!ジョルジ・ベン/チン・マイア/ノリエル・ヴィレーラ/マルチーニョ&ジョアン・ジ・アキーノ/バーデン&ヴィニシウス/ネルソン・カヴ …

続きを読む>

ARNALDO ANTUNES, CARLINHOS BROWN, MARISA MONTE / TRIBALISTAS

  突然のリリースですが、凄いメンツ! マリーザ/モンチ、カルリーニョス・ブラウン、 そしてアルナルド・アントゥネス! トライアングル・セッション・アルバムの発売です。 これは、ポスト・モダンMPBマニア、 見逃せないアルバムですね! (新品ですが、シールドではありません)

続きを読む>

go top