SURURU NA RODA / SEVOCE ME OUVISSE, 100 anos de nelson cavaquinho

偉大なサンバ作曲家ネルソン・カヴァキーニョの生 誕100周年を記念して作られたスルルー・ナ・ローダの新作。もちろん収録されたのはすべてネルソンが残した名曲。ニルジ・カルヴァーリョら女性歌手2人 と男性2人による多彩な歌声と若々しい伝統サウンドで楽しませるネルソン作品集に仕上がりました。サンバ好きは注目!

続きを読む>

JOAO GILBERTO / (1961 3RD)

ジョアン・ジルベルト、1961年のサード・アルバムが著作隣接権切れで英国のエルからりリースされました。例によってサード・アルバム収録曲のカヴァー がガッチリ20曲収録されています!本シリーズならではの音の良さも際立ちますが、ブラジル / US を問わないカヴァー曲群も聴き応えありますねえ…。 1. Samba da minha terra (Sa …

続きを読む>

V.A. / BOSSA NOVA 1958-1961 (2CD)

隣接権切れ復刻作品に定評あるフランス名門FREMEAUX & ASSOCIES社が送るボサノーヴァ・アンソロジー2CD!いわゆる三人のイノヴェイター=アントニオ・カルロス・ジョビン / ヴィニシウス・ヂ・モラエス / ジョアン・ジルベルトに関連するテイクを中心に、シルヴィア・テリス、カルロス・リラ、オス・カリオカス、マイーザ、エリゼッチ・カルドーゾ、 …

続きを読む>

ELIS REGINA / UM DIA (2CD)

BRAタイトルは「ある日」という意味。それは1979年6月20日、エリス・レジーナがモントルーでライヴを行った日でした。この日に行われた2回の公演を編集したのがオリジナルのモントルー・ライヴ。今回、そのすべての音源を収録した完全復刻盤が登場することになりました。これは注目です。

続きを読む>

MOREIRA DA SILVA / O TAL MALANDRO (4CD)

リオの粋なサンバの重鎮と言えばモレイラ・ダ・シルヴァ。1930年代から80年代まで、長きに渡って歌い続け、下町の粋なマランドロを演じてきました(2000年に亡くなったときは98歳でした!)。そんな彼がオデオン・レーベルに残したアルバムをオリジナルのままボックス・セットにしたシリーズの第2弾がこのボックスです。今回は62年の『某マランドロ』、63年の『マランド …

続きを読む>

ELIZETH CARDOSO / SE TODOS FOSSEM IGUAIS A VOCE

ブラジル音楽の歴史を代表する歌の女王さまと言えば、エリゼッチ・カルドーゾ。ライスから編集盤『サンバ歌謡の女王』が発売されていますが、それと連動する初心者にピッタリのアルバムがブラジルで登場しました。ライス盤は初録音を含む若き日のエリゼッチにウイウイしい歌唱を楽しめる内容。それに対して、こちらのブラジル盤では、その後の全盛期~円熟期の大ヒット曲ばかりを集めた内 …

続きを読む>

V.A. / HISTRIA DAS ESCOLAS DE SAMBA (4CD)

リオのカーニヴァルの主役を務めるエスコーラ・ジ・サンバ。その歴史は1920年代後半にはじまります。このアルバムは、そんなエスコーラ・ジ・サンバの創生期を知る古老たちの歌声を、まだ彼らが存命していた70年代に録音した名作LPシリーズ。それを4枚組ボックスにまとめたのですから、まさに伝統サンバのエッセンスを凝縮した内容と言っていいでしょう。マンゲイラ篇ではカルト …

続きを読む>

CAETANO VELOSO & DAVID BYRNE / LIVE AT CARNEGIE HALL

2004年NYカーネギー・ホールで行ったギター弾き語りデュオ・ライヴの模様を収録~演じられたのは、カエターノの「 Desde Que o Samba e Samba 」や「 Voce e Linda 」そしてデヴィッドの 「Road To Nowhere」 や 「And She Was」 「Heaven」~ジャキス・モレレンバウムのチェロ&マウロ・レフォスコ …

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / FANTASIA

シンセサイザーとアコースティック楽器を駆使し、全楽器を一人で演奏した壮大なコズミック・サウンド。ECMでの諸作とは対照的にエレクトロニクスを多用しながらも、全くの揺るぎない世界観。全曲ジスモンチ自身が敬愛する人々に捧げられた1982年作。世界初CD化! Egberto Gismonti (g, p, fl, cello, per, accord, kalim …

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / (CORACAO DA CIDADE)

時代を先取りしたブラジリアン・テクノ「Coracao da Cidade」で幕を開ける1984年の名作。自身の肉体に完璧に取り込んだエレクトロニクスとジャケットにある生楽器を融合させ、さらに無限に広がるジスモンチ・ワールド!世界初CD化! Egberto Gismonti (p, sitar, fl, cello, per, kalimba, synth), …

続きを読む>

ALTAMIRO CARRILHO / A VIDA NA FLAUTA

戦前にピシンギーニャとベネジート・ラセルダが築き上げたブラジルのフルートの伝統を戦後に受け継いだのがアルタミーロ・カリーリョ~このアルバム『フルート人生』はそんなカリーリョがコパカバーナ・レーベルに残したショーロ演奏の名演ばかりを集めた内容です。「新しい靴のアンドレー」や「チコ・チコ」「カリニョーゾ」など、ショーロの名曲を軽やかなフルート演奏で楽しませます。 …

続きを読む>

GAL COSTA/ RECANTO

トロピカリアのディーヴァ、そして現在はMPBの女王として君臨するガル・コスタが久々に注目すべき新作を発表してくれました。彼女とはデビュー当時から活動を共にしてきた盟友カエターノ・ヴェローゾが楽曲を書き下ろし、さらにその息子モレーノと共にプロデュースを担当~そしてカシン、アルベルト・コンチネンチーノ、ダヴィ・モライスといったブラジル音楽新世代の俊英たちが参加し …

続きを読む>

FLAVIA COELHO / BOSSA’MUFFIN

ブラジルはリオデジャネイロ出身で、現在はパリ在住の女性シンガー、フラヴィア・コエーリョによるデビュー・アルバムです。ノルデスチ音楽のアーシーなリズム感、そしてカリオカらしいサンバ・フィールを、レゲエやアフリカン・ヴァイブスとミクスチャー!なるほど、ボサマフィンですねえ。そこはかとなく漂う上品なサウダージも聴きどころ~意匠はともかく、実に歌がイイ新人じゃないで …

続きを読む>

QUARTETO EM CY / SAMBA EM CY

ブラジルを代表する女性ヴォーカル・グループと言えば、ボサ・ノーヴァ・ファンにもおなじみのクァルテート・エン・シー。そんな彼女たちが、いわゆる黒人系のサンバに挑戦してくれたのがこの最新作|とにかく全編がサンバ。ルイ・クァレズマが作り上げるゴージャスなサンバ・サウンドに乗って、年齢を感じさせないハツラツとした歌声を聞かせてくれます。もちろん、彼女たちが歌うサンバ …

続きを読む>

go top