テーポン・ペッウボン / VOL.1 & VOL.2 & VOL.3

VOL.3 在庫あり〜既に廃盤となって久しいと思われていたアイテムが、再入荷しましたよ!お見逃しなく、ラウンジーなピアノ、エレキ・ギター、ベース、ドラムス、ホーンズ、そしてハモンド・オルガンや木琴(ラナート・エック)、ピン(縦笛)、チン(小型シン バル)を駆使したチャチャチャ・ビート系ルークトゥン(民謡指向POP)を中心に演じた70年代のオリジナルLPアルバ …

続きを読む>

SAWALI PHAKAPHAN & V.A. / FALLING RAIN

非西欧世界の王様というとけっこう音楽や映画がお好き、という人が多くて、エチオピアのハイレ・セラシエやこのタイのラーマ9世(現在も在位中)は代表格ということになるでしょうか。で、このCDは、なんとラーマ9世自らが作曲した曲を60年代半ば頃にルーククルンのスター達4人が競作したオムニバスのオリジナル復刻盤。で、何というか、とっておきに “タイのフィーリン” です …

続きを読む>

SAWALI PHAKAPHAN / SUNYA KONG KRAI -YAA TORRAMAAN EEK LOIE

向って左 / “SUNYA KONG KRAI” 向って右 / “YAA TORRAMAAN EEK LOIE” >こちら を tweete させていただいたところ、bunboniさんからメールをいただき、>こちら でご教示いただきました(いつも、すみません!)。ああ、この人だったかと、>こちら に入荷していた …

続きを読む>

チンタラー・プーンラープ VCDx5 items

    向かって左から〜 *チンタラー・プーンラープ / チン・マー・レオ・チャー1 (GRAMMY) VCD ¥1250 *チンタラー・プーンラープ / プーンラーブ1 (GRAMMY) VCD ¥1250 *チンタラー・プーンラープ / チンタラー・ボーク・ラック (GRAMMY) VCD ¥1250 *チンタラー・プーンラープ / …

続きを読む>

FON THANASOONTOR / POOMPUANG DUANNGJAI FON

プンプアン・ドゥアンチャンといえば、1992年に30歳で亡くなってしまった後もタイ / ルークトゥンの象徴的存在として親しまれ続けていますが、現行ルークトゥンの人気美人歌手、デビュー20年超えのフォン・タナストーン2013年の新譜は、プンプアンのレパートリー・カヴァー集となりました。プンプアンの後継者とも目されている人だけに、悪いわけないですよね!

続きを読む>

PUNYA KATANYOO / NAMO NAMUNG

テンガローハット3部作、と、当店界隈で勝手に呼ばれているイサーンな男達のトリはこの人、上げ底靴で、うんこ踏んじゃうPVもサイコーですが、ワイポット直系とでも言えそうな音楽性、そして、あの、レコオヤジさんその人に何となく似ているんじゃないか?という風評もポイント高いですね(違うか…)。プンニャ・カタニューの2012年作です。実にハジケテますが、でも …

続きを読む>

AOD PARQUET / SHADOW WUEY HUEY

やや、ちっちゃいテンガローハットのオット・パキー2013年のヒット作!2009年CDデビューでこちらが3作目ということになります。勢いありますね!モーラムPOP基本でしょうが、あんまりROCKっぽくないROCKテイストを加味しつつ、スピード感あるお祭り男ぶり、いいんじゃないでしょうか!?  

続きを読む>

ORD FOUR S / RUM WONG CHAO BANN – Vol.16

ラン・ウォンというのは、日本で言えば盆ダンス、櫓(?)を囲んで輪になって踊ること&その音楽のことだそーです。ま、音楽的にはケーンもピンも使用されてモーラムPOPに近いような気がしますが、やや、ゆったりとした生ぬるいビートがまことしやかに盆ダンスとの共通性を主張するわけですね(旧正月のみならず、季節に関係なく生バンド入りオープンディスコ仕様で親しまれている模様 …

続きを読む>

ピムチャイ・ペッパラーンチャイ / サ―イター・ピカート

既に廃盤となって久しいと思われていたアイテムが、再入荷しましたよ!お見逃しなく、こちらは VOL.2  >VOL.1 と同時期か、やや後の音源集〜80年代初めぐらいでしょうか?ほぼケーン伴奏イントロで始まる本格派モーラムPOPアルバムで、なかなかファンキーかつ本格的なモーラム女性歌手ですね。今もってイサーンのヴェテラン・スター歌手の一人として活躍するピムチャ …

続きを読む>

SARMSUK BAND / PLENG SANOOK YOOK 60’s

で、猫ジャケですが、こっ、これはスゴイ!ブラス&エレキバンドでモーラムPOP!タイトル通り(enjoy 60’s sound)、サムサック・バンドの1960年代音源コレクションということになるかと思います。とはいえ、サムサック・バンドがどんなバンドだったか知りませんが、バンドというよりタイでも流行したというピンキー&キラーズ風の男女混成コーラスグ …

続きを読む>

TAI ORATHAI / JAO CHAI KONG CHEWIT

2014年新作で〜す!「あたしの王子さま」なるタイトルだそーです。ジャケで、塀の陰からターイが見守っているのはアタシの王子さまということになるんでしょーか?が、はっきり言って、一徹と飛馬のスパルタ・ピッチング練習を見守る明子姉さんといった風情、でも、そーゆーことはともかく、実に練られた、たおやかなルークトゥン / バラード・アルバムになっていて、そこんとこに …

続きを読む>

V.A. / LUK THUMG, Classic & Obscure 78s from the Thai Countryside

タイ、北東部カントリーサイド(イサーン)のモーラム歌謡から派生したバンコク起源の田舎唄“ルークトゥン”のSP音源コレクションです!ま、60年代までSPレコードがあったタイのことですから、1950〜60年代の黎明期ルークトゥンの祖、スラポン・ソンバッチャルーンから中興の祖、ワイポット・ペットスパンまで、初期ルークトゥンらしい,やや定型4分2拍子系ルークトゥンが …

続きを読む>

V.A. / サーウ・イサーン・ローラック

スタルジックなタイの望郷歌謡オムニバス~70’s ルークトゥンの女性歌手ばかりを集めたコレクションです!~ラテン調、R&B調といったリズム歌謡風のナンバーが並ぶ前半、そして、日本の60~70年・演歌や抒情派歌謡にも通じる、ゆったりとしたバラードが並ぶ後半とも、なんでなのかわかりませんが、やみくもに懐かしいわけです!同じく洋楽と出会い変容したアジア …

続きを読む>

V.A. / THAI BEAT A GO-GO VOL.3

そして第3弾~とりあえず、冒頭の戦いの祈りの儀式音楽も挿入された~ムエタイ・ディスコにブッ飛ばされますねえ…、まったく、もう。ジャケットで意味不明の容貌を惜しげもなく晒す、タートルネック(赤)の男性の正体も気になるところですが…、こちらはおそらく80年代後半あたりまでのタイ・ポップが並ぶオムニバスです。どっちかって言うとロック調よりも …

続きを読む>

go top