AYINLA OMOWURA / CHALLENGE CUP 1974

1970年代のナイジェリアを疾風のように駆け抜けたアパラの大スター、アインラ・オモウラの74年の名作「チャレンジ・カップ1974」復刻CDです!07年に初CD化されましたが、未だご入手されていない方、是非この機会にどうぞ!怒濤のトーキングドラムを従え、何だか、やけっぱちにも聞こえる不揃いなコーラスと、うまいとか下手とか、そういう基準を超越したこの野太い歌声、 …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / IJINLE ODU

1982年作!UKアイランドからのアデ世界進出の年のドメスティック・プロダクション・アルバム!悪いわけがないですよね。同年のUK盤”JUJU MUSIC” と較べて、どう違うかというと、ユルイ!ユルくて滋味がある!ドゥンドゥン群とベースが醸し出す底知れないユルイGROOVEがムワ~ッとした真夏の大気だとしたら、アデのヴォーカル&メンバ …

続きを読む>

CHIEF COMMANDER EBENEZER OBEY / GREAT MELODIES

1966-1971年というオベイ最初期のシングル音源複刻集!ナイジェリアンJUJUミュージックの源流が見えるような曲の並びです!冒頭曲「オブラディ・オブラダ」カヴァーなんだかパクリなんだか…、それともビートルズがパクッたのか??深まる謎!って、んなわけねー? *1969/70 Chief Commander Ebenezer Obey and H …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / VOL. 5 LATE DR NKURUMAH

1972年頃の録音と思われます。ハイライフ風味香る ADE & GREEN SPOTS BAND 時代の一枚〜が、ギターは既に成熟というか、後年にもあまり聞かれない鋭角的な奔放さ!パーカッシヴなベースラインの中空を縦横に飛びまわります。コレ、歌いながら引いているとしたら(たぶんそーですね)瞠目すべきテクニシャンですねえ!

続きを読む>

CHIEF COMMANDER EBENEZER OBEY / IMMORTALITY

80年代後半、オベイ流儀のジュジュ完成期 / 1987年の名作です!中期の躍動感を伝えた>EDA TO MOSE OKUNKUN とともに、オベイの数ある作品中、代表作と言っていいと思います。流麗かつファンキー!ジュジュでしか味わえないジワジワ感、クールな表現を重ねて熱く煮えたぎって行くようなグルーヴを存分に味合わせてくれる名作です!

続きを読む>

EBENEZER OBEY / EDA TO MOSE OKUNKUN

オベイ再評価が進む中、久々の人気盤再入荷となります。1980年代に入ってサニー・アデに頭一つ先に行かれてしまった観もありますが、70年代後半もオベイは凄かった。ことに最高傑作とされることもあるこの77年作、幾何学的?とも言えそうな複数エレキギターの交わりにクールなヴォイス&コーラス、そして低音ドゥンドゥン多用、シェケレや得体の知れない金属打楽器群が一体となっ …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / BRF

いっときに2枚リリースされたサニー・アデの11年作アルバムの片割れですが、趣きは全然違います。とにかくスローで実にタメのある70年代テイスト・トラック!?クラヴィネット&スティール・ギターにユルユルの囁きコーラス&まろやかなドゥンドゥン・アンサンブルが相まって、これ以上ないゆったりジュジュ・グルーヴが超ぬるま湯感覚で延々と続く1曲目(16分以上)。そして2曲 …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / GET UP

アデ1990年の作、ナイジェリア盤CD初リリースですね!ナイジェリア / アトム・パーク盤の11番をCD化したもので、アメリカのMESAからCDリリースがあった95年の“E DIDE – GET UP”とは別物とのこと(ご教示 by bunboni さん感謝!~ちなみにこの作~『 POP AFRICA 700 』掲載アルバム!&CDの盤面写真はM …

続きを読む>

KING SUNNY ADE / MY DEAR

アデ1986年の作、ナイジェリア盤CD初リリースですね! Atom Park レーベル / ナイジェリア・プレスのLPでリリースされていたアルバムです!エレクトロ音の挿入において、最も過激なナイジェリア録音だったんじゃないでしょうか?80年代的ポリリズム~複合リズムの面から言っても最高に複雑ですね。80年代前半のワイルドな整合性、とでも言えそうな、絶頂期のバ …

続きを読む>

BABA FATAI ROLLING DOLLAR / BETTER LIFE

この6月、とうとう亡くなってしまいました。冥福を祈りたいと思います。 1940年代、ナイジェリアはレゴスで流行したダンス音楽“アギディボ”(キューバのマリンブラにも似た大型親指ピアノの名に由来)の時代に活躍、1968年に引退するも、2003年に現役復帰したアギディボ奏者にして、ジュジュ=ハイライフ系SSWにして、パームワイン・ギタリストでもあるファタイ・ロー …

続きを読む>

KING WASIU AYINDE MARSHAL / GOURD, ADO ORO 1

ナイジェリア=フジの大スター2002年作 /ジュエルケース入りのUK盤!ジュジュ・ギターやリンガラ・ギターを導入している曲もあります。が、ハード・ボイルドです。あのチープなシンセは、ほぼ聞こえませんね。真っ黒なビートがたまりません。00年代の充実作の一つですね。

続きを読む>

LAGBAJA / 200 MILLION MUMU (THE BETTER TRUTH)

4年ぶりですね、昨年末のリリースだそうです。ナイジェリア、ヨルバのトリックスターにしてアフロビート&ヨルバPOPスター、風刺と諧謔と哄笑に満ち満ちた、いつもながらのニュー・アルバムが届いています!デビュー以来、マスクをかぶり絶対顔を見せないその姿勢が実にカッコイイわけですが、ラバジャというその名前じたい、ヨルバ語で「特に誰でもない」という意味だそう。~ファン …

続きを読む>

TUNJI OYELANA / A NIGERIAN RETROSPECTIVE 1966 -79

コメディアンにして俳優、ハイライフはもちろん、ソウルでもファンクでも、カリプソでもアフロビートでも、何でもありのヨルバ系SSWでもあったトゥンジ・オイェラナの1966-79年録音集2CDです。1949年アベオクタ生まれ、イバダン大学在学中から演劇や音楽に関わり、卒業後は主にTVに出演いていたそうですが、その後、オーランド・ジュリアスの楽団に歌手として誘われロ …

続きを読む>

go top