CHARLIE PALMIERI / IMPULSOS

モサンビーケの「キング・チャールズ」、インストのマンボ・ジャズ「ノ・エスタ・エン・ナ」、ファ ンキー・ソン・モントゥーノ「コメロン・ハッスル」ほか、超強力ナンバー収録&リズムのヴァリエーショ ンが楽しいサルサ黄金時代のチャーリーの代表作1975年録音! アンディー&ジェリー・ゴンサーレス、マニー・オケンド、 アダルベルト・サンティアーゴ、ティト・プエンテ、メ …

続きを読む>

YOEL DIAZ Cuban Jazz Session / ENCUENTROS

カナダ在のキューバ人ピアニスト=ジョエル・ディアスのセカンドです。エミリオ・サルバドール直系?とでも言えそうな、メロディアスなフレージングを活かしたスタイリッシュかつオーソドックスなキューバン・ジャズを聞かせます。 参考~

続きを読む>

MIGUEL ZENON / ALMA ADENTRO

プエルトリコのルーツを踏まえ、果敢なラテンJAZZを展開するサックス奏者=ミゲル・セノン新作です。バックのメンバーは前作と同じくルイス・ペルドモをはじめとしたNYラテン・シーンのトップを軸に、ジャズ界から管楽器系アーティスト複数参加~ボンバ / プレーナっぽいテンション高いプレイ&ボリンケンならではの哀愁に満ちた旋律を、同時に聞かせる充実作となりました。

続きを読む>

AFRO BOP ALLIANCE / UNA MAS

ワンシントン・ベースのビッグバンド=アフロ・バップ・アライアンス新作!ジャズっぽいラテンでもラテンっぽいジャズでもない、まさにラテンJAZZ!部厚いブラスとハードなパーカッション・アンサンブルが互いに退かない演奏をぶつけ合っています!今年のラテンジャズでは出色の出来?     http://www.simfy.de/artists/133 …

続きを読む>

EDDY MARTINEZ AND HIS LATIN JAZZ PIANISIMO / THE BEST OF

レイ・バレートやモンゴらのバックアップで知られる、コロンビア出身のヴェテラン・ピアニストによる、ラテンジャズ&ラウンジ・インスト・アルバム!”ブレン・ブレン・ブレン” や “マンテカ” “アナバコア” など軽快な大スタンダードを挟みながら、キーボード使いのドラマティックな展開の自作曲を綴 …

続きを読む>

MELINGO / CORAZON & HUESO

デイビッド・マレー、マリオ・バウサ、ティト・プエンテ、ファン・ルイス・ゲーラ、スパニッシュ・ハーレム・オーケストラなどと共演してきた実力派サックス奏者エンリケ・フェルナンデスによる初リーダー作品。カリブ海、南米、NYの音楽を融合したラテン・アメリカ「音」絵巻的内容。豪快なラテン・ファンク(1)、レア・グルーヴ風のエレクトロニカ・ブーガルー(2)、ガトを彷彿さ …

続きを読む>

TINO CONTRERAS / EL JAZZ MEXICANO DE TINO CONTRERAS

前世紀半ばからメキシコでドラマーとして活躍したティノ・コントレラスの50~60年代音源を欧州のレーベル=JAZZMAN が複刻したベスト盤!ハード・バップ風のラテン・ジャズからエキゾ&モンドなオブスキュアー・ナンバー、あるいはNY風マンボ・スタイルまでこなす楽団を率いての作品集。メキシコでJAZZもしくはラテンを演じることの、微妙な立ち位置を反映したかのよう …

続きを読む>

FRANCISCO CESPEDES & GONZALO RUBALCABA / CON EL PERMISO DE BOLA

ボラ・デ・ニエベの作品をキューバ出身~在メキシコのフィーリン&ジャズ系実力派男性歌手がカヴァーしたアルバムです。希代のSSWでありエンターテイナー、フィーリンのルーツにも繋がるボラのピアノ弾き語りをカヴァー / バックは極めてシンプルにゴンサーロ・ルバルカーバがピアノを奏でています。じっくりと歌い込んみながらも決して重くならず、ボラならではのセンティミエント …

続きを読む>

BOBBY VINCE PAUNETTO & FRED WEINBERG / PAUNETTO’S POINT

米西海岸のラテン・ジャズ系アレンジャー/コンポーザー/ヴィブラフォン奏者=ボビー・ヴィンス・パウネートによる1974年のアルバムがCD化されました。ソプラノ・サックスはじめ流麗なホーンズと、多くはミディアムな調子のラテン・リズム、そしてピアノ、ヴィブラフォンによる演奏が、どこかスピリチュアルにも感じられる、パウネートならではのアンサンブルを聞かせてくれます。 …

続きを読む>

BOBBY VINCE PAUNETTO & THE CTM BAND WITH GUESTS… / COMMIT TO MEMORY

米西海岸のラテン・ジャズ系アレンジャー/コンポーザー/ヴィブラフォン奏者=ボビー・ヴィンス・パウネートによる1976年の人気盤が再入荷しました!メロウなエレピをメインに据えて、ホーンズやストリングスが流麗なアレンジで配置される中、ヴィブラフォンのインタープレイがラテン・リズムに交わります。カル・ジェイダーやジョージ・シアリングのバンドに参加し、フォロワーとし …

続きを読む>

go top