SOUKMA


SOUKMAインドネシア、ハスキーでいて粘り着くような妖艶女声ジャズ系歌手のデビュー作。エルウィン・グタワのオーケストラやシマック・ダイアログに参加していた凄腕ベーシストのインドロ・ハルジョディコロがプロデュースとアレンジを手がけ、一筋縄にいかない演奏で、彼女の黒っぽい声質を引き立てます。選曲も有名なジャズ・スタンダードではなく、ベンニャミンの「オンデル・オンデル」!はじめ、L.マニクやイスマイル・マルズキの楽曲や「オ・イナ・ニ・ケケ」や「ジャンゲール」といったインドネシア民謡といった、インドネシアの曲のみを選んでいる点にこだわりを感じさせます。


▽参考

go top