SIA TOLNO / MY LIFE

09年欧州デビューしたギニア出身/汎アフリカ的歌唱を聞かせる女性歌手~シア・トルノのセカンド・アルバムです。ミリアム・マケバの再来と言われたシアが今作表題曲ではアフロビートに挑戦、なかなかヴァイタルな歌声を聞かせていますよ。ほか、汎アフリカ的なアコースティック・アレンジ&メロディーの英語曲 / フランス語曲を収録~なるほどマケバを目指している感じは伝わって来 …

続きを読む>

MAYRA ANDRADE / STUDIO 105 (CD+DVD PAL)

  カーボ・ヴェルデの若き歌姫マイラ・アンドラーデが2010年9月9日にフランスのラジオ局のために行ったスタジオ・ライブを収めたCD+DVD。これまでの彼女のレパートリーのほか、セルジュ・ゲンスブールの「ラ・ジャヴァネーズ」、ビートルズの「ミッシェル」をカヴァー。ジャズやブラジル音楽、そしてカーボ・ヴェルデ音楽の香りを漂わすお洒落なアレンジをバック …

続きを読む>

LA-MC MALCRIADO / FIDJU DI KRIOLU

ラ・エムシー・マルクリアドー~それぞれにソロ名義アルバムを出しているパリ郊外のR&B/ヒップホップ系アーティストながら、オリジンをカボヴェルデに持つ4人のプロジェクトで、なんとカボのトラッド・ミュージック=フナナをやってしまうという生音&打ち込み系ルーツ回帰組です!既にこの分野のトップバンドとして欧州のカボヴェルデ・コミュニティー&故国カボヴェルデで絶大な支 …

続きを読む>

BAU / CAFE MUSIQUE

セザーリア・エヴォラのバックもつとめたカヴァキーニョ/ギター/ヴァイオリン奏者=バウことルフィーノ・アルメイダの新譜CDは~これまでにリリースした6作のソロ名義アルバムから、インストゥルメンタル・ナンバーのみをピックアップしたベスト盤!ま、歌に魅力があるというより、そのアコースティックなアンサンブルで発揮される各弦楽器の音色の良さで際立つ人ですから、これのベ …

続きを読む>

MARIANA RAMOS / SUAVIDANCA

カーボ・ヴェルデで人気の女性歌手11年ニューアルバム。アコースティックなアレンジながら、モルナ,コラデイラ,フナナ,バツク,マズルカ、アフロサンバなどカラフルでグルーヴィーな12 曲。アンジェリック・キジョーとホルヘ・フンベルトがゲスト参加。歌詞英仏訳付きです。セザリア・エヴォラは金太郎飴過ぎるし、マイラ・アンドラーテは初々しすぎる、という熟女好きの皆さまも …

続きを読む>

IZE TEIXEIRA / URB’AFRICA

カボ・ヴェルデのサンチャゴ島出身、パリ郊外育ち~90年代にはハードコア・ラップのミニステール・アメール(パッシ、ストミー・ブクシー、ドック・ジネコ)の周辺で音楽活動に入り、カボ・ヴェルデの血を引くストミー・ブクシーのアルバム“featuring”でレコード・デビュー。一方でセザリア・エヴォラ、マイラ・アンドラージとのコラボレーションもあり、仏郊外アーバン・ミ …

続きを読む>

YAMI / ALOELELA

アフリカ音楽からブラジル/カーボ・ヴェルデ音楽、POP&JAZZまで、幅広いサウンドを体現する男性歌手/ベーシスト/ギタリストが登場!ヤミは、かつてポルトガルの植民地であったアフリカ南西部の国アンゴラの生まれ。幼少の頃にリスボンへ移住するも、母から教わったアンゴラの文化を忘れず、オリジナルなミクスチャー・サウンドを作りあげるています。そんな彼が2007年に発 …

続きを読む>

NANCY VIEIRA / NO AMA

今、ポルトガル語で歌う女性の中でも、もっとも優雅な歌を聞かせる人かも知れません。 ペルー音楽やラテン / ボレーロまで歌った意欲的な>前作が大好評でした。~ま、歌がうまくない人もいるような気がする大西洋上カボ・ヴェルデの女性歌手の中では、ピカイチのうまさといっていいでしょう!ナンシー・ヴィエイラ、レーベル移籍しての12年作話題盤 / ソロ4作目です。これまで …

続きを読む>

TITINA / PORTRAIT

セザリア・エヴォラ亡き後、カボベルデのモルナを代表する女性歌手はティティナことアベルティナ・ロドリーゲス・アルメイダ。独制作のベスト盤が登場で す。全13曲は最近の曲だけでなく、若々しい60年代、80年代の録音を含み、カボ・ヴェルデを代表する詩人で、作曲家B.レザの曲を5曲収録。弦楽器と ピアノによるモルナのアンサンブル、そしてサウダージに満ちた声はやはりセ …

続きを読む>

go top