Jexux Artze Txalaparta & friends / SAKANATIK ARABAILA TTIPIRA

★ヘシュス・アルツェと仲間たち / キリコケタ 台の上に置いた四枚の板を、二人が棒でつつくだけ。バスク幻の楽器と言われたチャラパルタが、遂にそのヴェールをぬぐ。シンプルにして複雑、スピリチュアルかつインプロヴィゼージョンに満ちたアンサンブルは、聴く人の心に静かな衝撃を与えるはず。チャラパルタの達人ヘシュス・アルツェが仲間たちと描き出した、木と鐘の響きが織りな …

続きを読む>

ZEBDA / ESSENCE ORDINAIRE

フランス~トゥールーズの人気グループ=在仏アルジェリアン二世によるユニットの1998年作、再入荷です。圧倒的にリリックの評価が高いラップ&ヴォーカル=アラビック・ユニットですが、そのメッセージ性はともかくとして、ヒネリの効いた音作り~ポップとも言えそうな、アラビックな要素のミクスチュアーぶりにも、注目したいところですね。惜しまれつつも解散状態のゼブダですが( …

続きを読む>

ZEBDA / UTOPIE D’OCCASE

フランス=トゥールーズの在仏アルジェリアン二世による~アラビック・ラガ&ラップ&ミクスチュアー・ユニットの、2002年最近作再入荷!人気盤だった98年作に較べて、よりポップ、ストレートでしょうか?ジプシー風ギター、アコーディオンも多用され、そこはかとない地中海風味が全編に漂い、ヘヴィーなトラックにも哀愁を添えます。ラガ色がやや濃くなって~グナワ・ディフュージ …

続きを読む>

AKALE WUBE / MATA

エチオピーク・シリーズの監修者フランシス・ファルセトが厳選した世界のエチオ音楽フォロワーたちのコンピレーション”ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE / NOISE & CHILL OUT”のオオトリ(2 枚め最後)を飾ったのがこのフランスの5人組、アカレ・ウーベ(名前はゲタチェウ・メクリアの曲名から拝借しています)でした。エチオ・ジ …

続きを読む>

THE McPEAKE FAMILY / WILD MOUNTAIN THYME

英トピック・レコードが創立70周年を記念して、秘蔵の名盤や貴重音源を次々にCD復刻、~その第1弾として日本発売されることになったのがこのアルバム。戦後の現代アイルランド音楽のスタート地点とも言える50~60年代のフォーク・リヴァイヴァルの時代に活躍、ボブ・ディランやジョン・レノン、ヴァン・モリソンらにも敬愛されたという伝説のグループ、マクピーク・ファミリーの …

続きを読む>

RENATO CAROSONE / MADE IN ITALY

  レナート・カロゾーネ(1920-2001) 〜ナポリ生まれのエンターテイナー、 ジャイヴやジャズ、ラテンを取り込み、 いまにもナポリターノらしいコンボ・ スタイルで歌ったピアニスト / 歌手 / 作曲家! 1950年代から活躍しました。洒落てます!

続きを読む>

BESH O DROM / MACSO HIMZES

☆ベシュ・オ・ドロム / マチョーの刺繍 21世紀型バルカン・トランス&ジプシー・マッドネス! 未来派バルカン・ブラス&ジプシー・ミュージック!ミュージック・マガジン誌2001年ベスト・アルバム ワールド・ミュージック部門5位獲得! 1999年に結成されたハンガリーのグループ、ベシュ・オ・ドロムは、ブラスを中心に、ツィムバロンやアコーディオンやヴァイオリン、 …

続きを読む>

ACQUARAGIA DROM / ROM KAFFE

●ヴォーカル、ギター、クラリネット、ツィンバロム、バイオリンを操る五人組として、サルタレッロ(13世紀のナポリで流行ったダンス)、タランテッラ、タムリアテス(フォークダンス)といったイタリアのロマ・コミュニティにも古くから伝わるスタイルを取り入れ演奏。と同時に、最近のジプシー・キャラバンの新しいグルーヴ/リズムも追求。●今作は彼らのスタイルにふさわしい豪華ゲ …

続きを読む>

MONKFISH / MWASINANGA

ウガンダの若手ニュー・グループによるUK録音(?)デビューCDと思われる5曲入りミニ・アルバム本邦初入荷です!コンゴとケニアに挟まれた国ですから、わかりやすいといえば、わかりやすい音~リンガラとベンガ・ビートを足して2で割ったような音ですね。プラス、独特のリズム感は、ジンバブウェのチムレンガとカメルーンあたりのマコッサ・ビートを混ぜ合わせたような感じ。複数ギ …

続きを読む>

ZINA / AFREEQUE

イタリアの奇才チェザーレ・デッランナ主催のマグレブ/地中海系ユニット=ジィーナのセカンドが届きました!またまた謎めいたジャケットですねえ、ピストルにブラシがついてます…。で、この09年作でもモロッコ、パレスチナ、チュニジアと北アフリカ/アラブ系のシンガー&ミュージシャンを中心にした音作りがされているわけですが、う~ん何というか、良かった頃のシンク …

続きを読む>

MARIZA / FADO TRADICIONAL

現在のポルトガル・ファド・シーンを牽引する若手女性歌手マリーザの11年新作。前作ではカーボヴェルデのモルナやブラジリアン・ジャズまで取り入れ、ファドを拡張していた彼女、新作はそれとは全く逆に原点回帰!ポルトガルギター、クラシックギター、アコースティックベースだけをバックにした王道ファド。1920~50年代の忘れられたファドばかりを取り上げ、あるいは一部、当時 …

続きを読む>

ZAMAN FABRIQ

いかにもマルセイユらしい、多国籍な地中海音楽プロジェクトの作品が届きました。時の工房(Zamanはアラビア語で時間)との名前がつけられたこの楽団はマルセイユのプロデューサー/ギタリスト/サズ奏者のブルーノ・アラリが中心となり、仏人女性カヴァル奏者(トルコや東欧の短い葦笛)、仏人ヒューマンビートボックス、エジプト人のスーフィー歌手、そして仏人ベーシスト、キーボ …

続きを読む>

GUILLAUME APOLLINAIRE / LES VOIX DE LA POESIE – LE POETE ET LES SALTINBANQUES

キュビスム~シュルレアリスムの詩人、マリー・ローランサンとの恋愛を描いた「ミラボー橋」で知られるアポリネールの代表的な詩のシャンソンと朗読の2CD(キキ・ド・モンパルナス,イヴ・モンタン,レオ・フェレ,ジュロス・ボーカルヌ,アポリネール自身….)に収録。CD3はレオ・フェレ作曲のオラトリオ『嫌われ者の歌』(国立フランス放送管弦楽団)。 http: …

続きを読む>

JPP / STRING TEASE

20年以上もフィンランド・トラッド界の第一線で活躍する超絶フィドル集団JPP。彼らの代表作との誉れ高き98年作「STRING TEASE」が久々に再入荷。スロウなブルーグラスから、超絶東欧ジプシー風、11本のフィドル多重録音、ヴェーセンが参加したフィドル+ニッケルハルパ曲など、フィドルのうま味が全編に散りばめられ、うねりまくり。北欧トラッドらしい優しい旋律な …

続きを読む>

go top