SENYAWA / SUJUD

SENYAWA  “センニャワ(センヤワではなくセンニャワ、だそう)” はルリー・シャバラとヴキール・スヤディーによるデュオ・プロジェクト。幅広いヴォーカルテクニックで叙情豊かなポエトリーを吠えるジャワ語の吟遊詩人ルリー、そして、長い竹に弦を張った自作楽器を自在に操り、楽器発明家としても知られるヴキール。二人はジャワ島のジョグジャカルタを活動拠点とし、伝統音 …

続きを読む>

KAIA KATER / GRENADES

各メディアから絶賛される期待の若手SSW、混血第二世代の才女が刻んだ『新しい巨像』 カナダ人とグレナダ人の血を受け継ぐSSWカイア・ケイター、待望のサード・アルバムがスミソニアン・フォークウェイズよりリリースされた。アパラチア音楽の継承者、バンジョウの高度な古典演奏技術を持つ逸材、そして才気溢れる若手SSWとして高い評価を得てきた彼女が、本作品ではより幅広い …

続きを読む>

AMMAR 808 / MAGHREB UNITED

チュニジアの BARGOU 08 に加えて、 モロッコ / アルジェリア勢参加の (人気急上昇ソフィアン・サイディも 3曲で歌っています!) 汎マグレブ・ユニット〜解禁です! >★ >https://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2018-06-29〜こちらでも絶賛!無断リンク陳謝&感謝! 近未来のマグレブ音楽を夢見させてくれる刺激 …

続きを読む>

竹村 淳 (著) / 反戦歌, 戦争に立ち向かった歌たち

憲法改変を通じ、再び、戦争という行為を選択肢の一つとして提示する現政権への反発から書き下ろされたという新刊〜長らく音楽ジャーナリストとして活躍されて来た竹村淳先生の反骨がにじむ、それぞれの “反戦歌” にまつわる逸話の数々は、今の時代、今の日本でこそ読まれるべきもの、と思います。 人間の命と尊厳を護りぬくために、すべてを破壊する戦争に …

続きを読む>

PIERRE SANDWIDI / LE TROUBADOUR DE LA SAVANE 1978​-​1980

仏 BORN BAD RECORDS 新譜はブルキナファソのSSW ピエール・サンドウィディー 1978-80年シングル録音集〜アフリカ独立党&オートヴォルタ労働党讃歌として録音されたというそれぞれの曲は、そのローファイ・シンセ / キーボードの響きにおいて BORN BAD RECORDS 的に、今日的に楽しまれるべきもの、ということでしょうか? オートヴ …

続きを読む>

ALBERTO ZAYAS / EL GUAGUAN-SON

最初にレコーディングを行ったルンバ・グループと言われているルル・ヨンコリ(Lulú Yonkori)を作ったシンガーでコンポーザー、マタンサス生まれハバナ育ちのアルベルト・サヤス。このグループが発展して、ググンコー・マタンセーラやロス・ムニェキートス・デ・マタンサスら著名ルンバ・グループが形作られていきました。またアルベルト・サヤスは同時に、セステート・アバ …

続きを読む>

AZZEDINE / VOL.3

天然のライ歌手、と申せましょう。 ヘーキで政府を批判しまくるので、 拘置所とシャバを行ったり来たりのライ歌手! が、その主張、首尾一貫してないきらいあり、だそー。 ジャジーだったり、ジャラルだったり? 演歌だったり…ま、いろいろ、 しかもトビキリ、土臭いと来た。 いいじゃないんでしょうか! ウアムリアさん買付け品、感謝! アルジェとオランの間、シ …

続きを読む>

INE MAGUIRE / IRME

硬い芯を持った梢の蕾がいよいよ外に向かって開花しだした瞬間。フレッシュさを損なわない芳しい唄声はアコースティックな音場に寄り添うように。新しい世代のアルゼンチン音楽を提示するアインダ・デュオも”Canto Versos”(J.ファンデルモーレ)に参加し、ペドロ・バルボーサ(g)、デュオで共にスペイン・バルセロナへ赴くダリア・モンタルド …

続きを読む>

V.A. / CHANTEURS DE RUE, Balades Phnompenhoises

★Phnom Penh singers, Street melodies これは面白いですねえ、キクチ夫君がプノンペンの街角で見つけて来てくれたCDです。 本CDをリリースしている “Bonapha Center” は、プノンペンに設けられた視聴覚センター(非営利施設)で、クメールルージュのために破壊されたフィルムやTV映像、あらゆる …

続きを読む>

MAFALDA ARNAUTH & ATLANTIHDA

ジゼーラ・ジョアンが在籍したバンドが 名ファド歌手とコラボレイト 今注目のファド歌手ジゼーラ・ジョアンが以前在籍していたポルトガルのバンド、アトランティーダの2011年作(SPHM-0001)を以前紹介しましたが、同バンドの2015年をご紹介。これがファド新世代を代表する一人、マファルダ・アルナウトをヴォーカルに迎えたコラボレーション作となっています。マファ …

続きを読む>

V.A. / VIETNAM, THE VOICE OF THE SONG HOUSE, CA TRU

  ユネスコ世界無形文化遺産に選ばれたベトナムの伝統芸能カーチュー。11世紀頃、ベトナム北部で生まれ、弦楽器ダンダイ、打楽器ファック、太鼓チョンチャウの伴奏に、ベトナム古語の詩を乗せて歌う雅やかな古謡です。 ▽参考(本CD収録の女声&ダンダイ)

続きを読む>

BOI AKIH / LIQUID SONGS

インドネシア出身の歌手 / ヴォイスパフォーマーのモニカ・アキハリー率いる”BOI AKIH” による2016年録音7作目となるアルバム〜ジャズ、即興スタイルの演奏を通じてマラッカ海峡の声を表現。日本人女性と思われるリョーコ・イマイが各種パーカッションで参加。 Monica Akihary (vocal) Niels Brouwer …

続きを読む>

NIOU BARDOPHONES / CHAMP D’ANES

フランス・ブルターニュのバグパイプであるコルヌ・ミューズの奏者エルワン・ケラヴェックがブルターニュのオーボエにあたるボンバルドの奏者、バリトン・サックス奏者、ドラマーと結成したアヴァン・ジャズ楽団ニウー・バルドフォンの2008年2ndアルバム。

続きを読む>

go top