AZZEDINE / VOL.3

天然のライ歌手、と申せましょう。 ヘーキで政府を批判しまくるので、 拘置所とシャバを行ったり来たりのライ歌手! が、その主張、首尾一貫してないきらいあり、だそー。 ジャジーだったり、ジャラルだったり? 演歌だったり…ま、いろいろ、 しかもトビキリ、土臭いと来た。 いいじゃないんでしょうか! ウアムリアさん買付け品、感謝! アルジェとオランの間、シ …

続きを読む>

KO AUNT GYI / A KAUNG TA A KAUNG SONE TAY vol.1 – vol.2 – vol.3

  >こちらで紹介されています!無断リンク陳謝&感謝! 井口さんに買付けていただきました、感謝! すべては、bunboni さんがご紹介されている通り、勉強になります。ひとつつけ加えるとするなら、この人、往年のスターえあり、国民的に敬愛されたカーラーボ(大衆音楽)の歌い手であり演奏家、作曲家だったそうですが、同性愛者であるということが報道され、ミャ …

続きを読む>

INE MAGUIRE / IRME

硬い芯を持った梢の蕾がいよいよ外に向かって開花しだした瞬間。フレッシュさを損なわない芳しい唄声はアコースティックな音場に寄り添うように。新しい世代のアルゼンチン音楽を提示するアインダ・デュオも”Canto Versos”(J.ファンデルモーレ)に参加し、ペドロ・バルボーサ(g)、デュオで共にスペイン・バルセロナへ赴くダリア・モンタルド …

続きを読む>

V.A. / CHANTEURS DE RUE, Balades Phnompenhoises

★Phnom Penh singers, Street melodies これは面白いですねえ、キクチ夫君がプノンペンの街角で見つけて来てくれたCDです。 本CDをリリースしている “Bonapha Center” は、プノンペンに設けられた視聴覚センター(非営利施設)で、クメールルージュのために破壊されたフィルムやTV映像、あらゆる …

続きを読む>

MAFALDA ARNAUTH & ATLANTIHDA

ジゼーラ・ジョアンが在籍したバンドが 名ファド歌手とコラボレイト 今注目のファド歌手ジゼーラ・ジョアンが以前在籍していたポルトガルのバンド、アトランティーダの2011年作(SPHM-0001)を以前紹介しましたが、同バンドの2015年をご紹介。これがファド新世代を代表する一人、マファルダ・アルナウトをヴォーカルに迎えたコラボレーション作となっています。マファ …

続きを読む>

V.A. / VIETNAM: THE VOICE OF THE SONG HOUSE, CA TRU

フランスBudaからの貴重な音源久々にまとめて入荷しました。 ユネスコ世界無形文化遺産に選ばれたベトナムの伝統芸能カーチュー。11世紀頃、ベトナム北部で生まれ、弦楽器ダンダイ、打楽器ファック、太鼓チョンチャウの伴奏に、ベトナム古語の詩を乗せて歌う雅やかな古謡です。 (参考映像)    

続きを読む>

BOI AKIH / LIQUID SONGS

インドネシア出身の歌手 / ヴォイスパフォーマーのモニカ・アキハリー率いる”BOI AKIH” による2016年録音7作目となるアルバム〜ジャズ、即興スタイルの演奏を通じてマラッカ海峡の声を表現。日本人女性と思われるリョーコ・イマイが各種パーカッションで参加。 Monica Akihary (vocal) Niels Brouwer …

続きを読む>

NIOU BARDOPHONES / CHAMP D’ANES

フランス・ブルターニュのバグパイプであるコルヌ・ミューズの奏者エルワン・ケラヴェックがブルターニュのオーボエにあたるボンバルドの奏者、バリトン・サックス奏者、ドラマーと結成したアヴァン・ジャズ楽団ニウー・バルドフォンの2008年2ndアルバム。

続きを読む>

go top