V.A. / TUAREG MUSIC OF THE SOUTHERN SAHARA

 ティナリウェンの活躍で世界に広く知られるようになった砂漠のブルース。ワールド・ミュージック21世紀以降最大の衝撃として一大ブームを巻き起こしたそれは、サハラ砂漠周辺諸国に暮らすトゥアレグ人をルーツとする人々が奏でました。  1960年にモロッコとニジェールでフィールド録音された本作はトゥアレグ人の音楽を世界で最初に紹介した貴重な作品。ティナリウェンの『タッ …

続きを読む>

SUPER ONZE / SUPER 11

>こちらで紹介されていました(無断リンクいつもすみません!)。何人かのお客さまにリクエストいただきましたが、当店ルートでは高価に過ぎて無理ですとお応えしていたんですが(その間にユーロもポンドもドルもどんどん値上がり、っていうか、日本円が馬鹿安になってしまい、余計に高くなってしまいましたが)、それでもイイから欲しいというお客さまのご要望のお応えして僅少入荷です …

続きを読む>

TARTIT with IMHARHAN / LIVE FROM THE SAHARA

ソンガイとトゥアレグの混血女性>ハイラ・アルビーをリリースしたUSクレモント・ミュージックの新譜で、マリはトンブクトゥ周辺に住まう、トゥアレグのグリオによる “タカンバ(=タマシュク語ではタシガルト)” ミュージックでしょう。基本的には同クレモントミュージックからリリースされている>AL BILALI SOUDAN〜こちらと同じく、ンゴニ(=タマシュク語では …

続きを読む>

V.A. / LIBYA: MUSIC FROM THE SAHARA DESERT

リビアのサハラ砂漠から聞こえる歌声を集録したアルバム。ポピュラー音楽ではなく、フィールド・レコーディングのような作りで、ウードや打楽器などの伴奏で歌われる伝統音楽を楽しませます。じんわり響く女性コーラス。パーカッションの躍動。しっとりしたウードの音色。飾り気なく、生命力に溢れた音楽が収録されています。

続きを読む>

MARIEM HASSAN / EL AAIUN EGDAT, EK AAIUN ON FIRE

久々の再入荷です!1975年の独立以来、モロッコに占領されたままの国、西サハラの女闘士マリエム・ハッサン12年新作は、昨年1月の「アラブの春」に先行すること4ヶ月、一昨年の秋から反政府運動が断続的に続いている西サハラの首都エル・アイウン(モロッコ名ラーユーン)をテーマに、ずばりタイトルが『エル・アイウンは燃えている』です。バックのメンバーを一新し、パーカッシ …

続きを読む>

MARIEM HASSAN CON LEYOAD / CANTOS DE LAS MUJERES SAHARUIS

★マリエム・ハッサン / サハラ、女たちの唄女性の顔をワイルドと形容するのも気がひけますが、このジャケ写!まさにワイルド&ハードボイルド!で、その歌声が、またディープかつワイルド!惚れました。…サハラの風が吹いてるぜ…。西サハラ独立運動にも関わりながら、 地元ローカル歌謡音楽をブルース化?伝統楽器とゴリゴリのエレキ・ギターを従えたこの雄姿!ワイルデストinサ …

続きを読む>

MARIEM HASSAN / DESEOS

★マリエム・ハッサン / デセオス、願いモロッコの南の国/“西サハラ”の女闘士・ポリサリオ戦線において祖国独立のために音楽活動を続けて来たというマリエム・ハッサン~既にスペイン・ヌベネグラからのファーストで大きな反響を呼んだ彼女の、待望のセカンド・アルバムがリリースされました!西サハラ/トゥアレグ系の伝統的な歌謡スタイルの流れを汲みつつ、ブルージーなエレキ・ …

続きを読む>

AL BILALI SOUDAN

ソンガイとトゥアレグの混血女性>ハイラ・アルビーをリリースしたUSクレモント・ミュージックの新譜で、マリはトンブクトゥ周辺に住まう、トゥアレグのグリオによる “タカンバ(=タマシュク語ではタシガルト)” ミュージック作品だそーです。“トゥアレグのグリオ”って、いったい? “タカンバ” って何?…ということにもなりますが、以前、砂漠のブ …

続きを読む>

KEL ASSOUF / TIN NINAME

国内リリースされました! これぞ〈砂漠のヘヴィ・ロック〉の前史! 多様な音楽性を取り入れた2010年のファースト・アルバム ! 新しい才能が次々と登場する砂漠のブルースのシーンの中でも、ヘヴィ・ロックのサウンドを取り入れた2016年作『奇妙な世界』(ライス IRR-6000)で圧倒的な存在感を放ったケル・アスーフ。ベルギーに亡命したトゥアレグ人ギタリスト/歌 …

続きを読む>

go top