ALSOU / FAIRY DREAM

タタールスタン共和国出身タタール人系歌手のアルスーは1999年に16歳でデビュー、2000年のユーロヴィジョンでロシア代表を務めた国民的歌手。アメリカやイギリスで暮らした事もある彼女は、ネリーやエンリケ・イグレシアス、レス・ポールとも共演を果たし、ロシア語圏に留まらない活躍を見せてきました。本作は彼女が2011年に出したチルドレン・ソング集からの曲に、15年 …

続きを読む>

NYUSHA / LUCHSHEE

今ロシアで一番人気のある若手女性歌手ニューシャの、オリジナル・アルバム未収録曲を多く収めたベスト盤。2009年のデビュー曲から12年にかけて発表したシングル曲等を20曲収録しており、内6曲がロシアの音楽チャートで1位に輝いています。〜ロシア・ポップ・ファン必携の一枚!エレクトロ系のダンス・ポップですが上品な歌い口とセクシー過ぎない雰囲気が人気の秘訣です。(サ …

続きを読む>

NATALI / SCHEHERAZADE

  1993年にソロ・デビューして以降、1990年代半ばに大ヒットを出して一世を風靡した「90年代の女王」ながら、2013年に新曲が再び大当たり、その年齢不詳すぎるルックスを武器に再びシーンの最前線に舞い戻ってきたナタリーの再ブレイク作。2014年作に90年代のヒット曲のリメイク等を加えた全21曲入り。(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

POLINA GAGARINA / SHAGAI

抜群の歌唱力を誇る「スター・ファクトリー」出身の歌手。モデルもこなす可憐なルックスからは想像のつかない太くたくましい声で歌う彼女、2005年頃デビューですが、2012年頃人気が爆発、今一番人気のある女性歌手の一人です。本作は2014年の最新シングルをタイトルトラックにしたベスト・アルバム。これまで彼女が発表した殆どの曲が入っているようです。ロシア・ポップスの …

続きを読む>

YULIYA SAVICHEVA / LUCHSHEE

ロシアン・ポップの歌姫、ユーリアの輝かしい軌跡をまとめたベスト! ロシアン・ポップスの2000年代を代表する女性歌手がユーリア・サーヴィチャヴァ。可憐なルックスと力強い歌声でロシア語圏を魅了した彼女は、03年に放送開始されたオーディション番組「スター・ファクトリー・シーズン2」に出演、04年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストにロシアを代表して出場して視聴 …

続きを読む>

NYUSHA / OB’EDINENIE

 今一番ロシアで一番人気のある女性歌手がニューシャ。1990年生まれの24歳、黒髪小柄で可愛らしいルックスと抜群の歌唱力でロシアン・ポップ界を制し、2009年のデビュー以降現在まで計7枚のNO.1シングルをチャートに送り込んできました。本作は4年振り2枚目アルバムの拡張盤。4年分のヒット曲を詰め込んだ本編全曲は勿論、ボーナス・トラックとして前作のシングル曲も …

続きを読む>

VIKA TSYGANOVA / ZOLOTOJ AL’BOM

元々劇場歌手として活動しており、1990年にソロ・デビューしたヴェテラン・ロマンス歌手の2014年最新ベスト。打ち込みのトラック、演歌調エレキ・ギターにクラシカルなシンセサイザーとかなりアクが強いサウンドにのせて、伝統的な歌謡曲をハスキーな声で歌います。かなり癖になる歌声/サウンドです。(サプライヤーインフォより) △参考

続きを読む>

VOLGA / KUMUSHKI PJUT

ロシアのラディカル・トラッド?! 異教的フォーキー・エレクトロニック・サウンド ロシアの西部を流れ、欧州ではもっとも長い距離を誇る川からその名前をいただいたヴォルガ。1997年に結成され、これまで8枚のアルバムを発表してきたが、9枚めにして初めてのインタナショナル配給になった最新作がこれだ。アルメニア系女性ヴォーカル、ギター/エレクトロニクス、民俗楽器奏者の …

続きを読む>

YULYA / RUSSIAN ROMANTIC SONGS

日本人にも馴染み深い歌の数々を激動の人生を生きたロシア人女性歌手が歌う  戦後日本において長きに渡り愛されてきたロシア歌謡。シベリア抑留から帰国した人々らによって日本に持ち込まれたそれらの歌は、1960年代のうたごえ運動を軸として日本において広く歌われるようになった。そんな歌の数々をロシア語で歌うユリアは冷戦の最中にアメリカに移住したロシア人歌手。故郷で音楽 …

続きを読む>

BORIS GREVENCHIKOV / AQUARIUM 1995-2013

「ラシアン・ロックの祖父」と呼ばれる、ボリス・グレヴェンシコフの近年ベスト〜 72 年から今も現役のバンド、AQUARIUM を率いてのディラン的な重い抹香臭さが味わい深い。 因みにザ・バンド(ジム・ワイダー、ガース・ハドソン、リンク・ダンコ…)との共演曲3トラック入り! CD 1 1. BLOOM OF THE NORTH / 2, DEAD …

続きを読む>

go top