EOIN DILLON / PONDELORUM

★オゥエン・ディロン / ポンデローラム ★キーラの創設メンバーの一人で、イリン・パイパーのEoin Dillon オゥエン・ディロンが7年振りに発表したソロアルバム。多彩な楽器をゲストにイリン・パイプの可能性を追求した、意欲作! ★こんな、成熟かつ実験精神に満ちた、刺激的なアルバムがあっただろうか? ★全曲彼自身の作曲による楽曲。アイリッシュ・ミュージック …

続きを読む>

CLANNAD / LEGEND

アイルランドの老舗ケルト音楽グループCLANNADが手がけた1984年のテレビドラマシリーズ「Robin of Sherwood」のサントラ盤。当時、ドラマの大ヒットとともにこのサントラ盤もヒットしました。80年代らしいアナログ&デジタルシンセと女性歌手モイア・ブレナンのコーラスの多重録音を重ねたケルト音楽で、1986年のエンヤのソロデビュー作「THE CE …

続きを読む>

TROY DONOCKLEY / THE PURSUIT OF ILLUSION

アイオナやマディ・プライア・バンドの中心メンバーとして活躍するマルチプレイヤー、トロイの2ND.2003年作。イーリアンパイプ、ホイッスル、キーボード、ギターなど多くの楽器を用い、幻想的な世界を描き出す。最終曲は21分を超え圧巻。アイオナのジョアンナ・ホッグ(ヴォーカル)、元カジャ・グー・グーのニック・ベックスら豪華ゲストが参加。

続きを読む>

ALTAN / LOCAL GROUND

ケルト・ミュージックの人気グループ=アルタン/アイルランド・ドニゴールに伝わるピュアーなトラディショナルを、気負いなく表現する姿勢は変わらず。3年ぶりとなる新作で、既にしてデビュー以来10作目となるアルバムです!リラックスした中にも、昨今の好調ぶりが伝わる充実作となっています。

続きを読む>

DERVISH / TRAVELLING SHOW

コレで10作目になるアイルランドトラッドの大御所グループの2008年新作は知られざる名曲 or 迷曲発掘アルバム!?ナッシュビルのソングライターによるトラッド曲や、アイルランドの作家であり作曲家としても知られるブレンダール・グラハムの曲 、知られざるカナダのソングライターによる不気味なトラック、果てまたスザンヌ・ヴェガの有名曲”the queen …

続きを読む>

SHARON SHANNON / SAINTS & SCOUNDRELS

楽しさと幸せと眩しさが溢れる、ゴキゲンなアコーディオン! アイルランドで国民的人気を誇る、ケルト音楽の実力No.1アコーディオン奏者 シャロン・シャノン。7年ぶりのソロ・アルバムは、ポーグスのシェイン・マガ ウアン、ウォーターボーイズ、イメルダ・メイなど 多数のシンガーたちとのコラボレーションが存分に楽しめる傑作! シャロンのアコーディオンはいつも「歌って」 …

続きを読む>

SOLAS / THE TURNING TIDE

アイリッシュケルト音楽にニューヨークから殴り込みをかける5人組実力派バンド、ソーラスの2010年最新作。トラッドにこだわりすぎることなく、ブルース・スプリングスティーンやリチャード・トンプソン、ジョシュ・リッター、カリン・ポルウォートらの硬派なカヴァーを収録。

続きを読む>

LIADAN / S/T

アイリッシュケルトの女性楽団の2007年デビューCDです!9世紀の古いアイルランドの女性詩人の名前をグループ名にした女性5人組。フィドル、ハープ、フルート、ピアノ、ホイッスルの編成によるインスト曲、また美しい独唱、シャーンノスを基本とした合唱。チーフタンズの日本公演にも同行し、そのステージでも話題だった「Pstands for Paddy」他、心をうつバラー …

続きを読む>

GERRY O’CONNOR / MYRIAD

ジェリー・オコナーはFOUR MEN AND A DOGを経て、ソロで活動中のアイルランド人バンジョー/フィドル/ギター奏者。98年の本作はバンジョーという楽器の範疇を遙かに超えたインストアルバム。目の覚めるようなバカテクチューン、映画サントラのような泣かせるメロディー、ほのぼのしたバンジョーらしい曲まで。

続きを読む>

SOLAS / FOR LOVE AND LAUGHTER

デビュー以来、ケルト音楽シーンの最前線を突っ走ってきた、NY生まれのアイリッシュ・トラッド・バンド、ソーラスの8作目。 新メンバーにマレード・フィーラン(vo)が加入。 超絶テクニックから生まれる屈指の鉄壁アンサンブルは、ますます絶好調!! <ソーラス> 複数の楽器をこなすマルチ・プレイヤー、プロデューサー、映画やダンス音楽のコンポーザーとして活躍する天才シ …

続きを読む>