SHATHA HASSOUN / WAJH THANI

シャザ・ハッスンは1981年、モロッコのカサブランカ生まれですが、その父はイラク出身で、母はモロッコ出身といういわゆるハーフ。父はよく知られたリポーターだったらしく、イラン・イラク戦争の戦火から逃れてモロッコに向かったのでしょう。そんな父を持つシャザはモロッコとフランスで育ち、大学では英文学を学ぶなど5カ国を話すそうです。アラブ圏で人気のオーディション番組で …

続きを読む>

FAWZY AL-AIEDY / RADIO BAGDAD

 ファウジ・アル=エディはフランスを拠点にするイラク人音楽家。これまで10枚以上のアルバムをリリースし、ヨーロッパを中心に活動してきました。そんなファウジの2012年作は、テュニジアのジャスミン革命をきっかけにはじまった「アラブの春」にエールを送る作品。ウード、ギター、ベース、アコーディオン、ドラムズ、各種伝統パーカッションという伴奏陣で、ユーモラスな人柄が …

続きを読む>

V.A. / GIVE ME LOVE, SONGS OF THE BROKENHEATED – BAGHDAD, 1925-1929

英国EMI< HIS MASTER’S VOICE / GRAMOPHONE > に残された15万枚のSPレコードのマスター音源から、オネスト・ジョンズがシリーズ化しているコレクション・アルバム~さて第2弾リリースはイラク1920年代録音~バグダッドの恋歌集です!今はああいうことになってしまいましたが、20世紀前半、カイロとともにアラ …

続きを読む>

KADEM AL SAHIR / LA TAZEDEH LAWAAH

現代アラブ世界を代表する男性歌手イラクのカゼム・エル・サヒルも11年久々の新作をリリースしました。硬派なカレージー(湾岸)ポップアルバムです。手拍子、男女混声コーラス、ミズマール、ウード、オーケストラ、パーカッション、少々のキーボードという大編成楽団を従え、原点回帰したようなフレッシュな湾岸の歌を聞かせます。エジプト古典やジャジーな湾岸ボサ、湾岸R& …

続きを読む>

KADIM AL SAHIR / AJMAL ALGANIE

現在のイラクを代表するスーパースター、カゼム・アル・サヒル。最近ではクインシー・ジョーンズが中心となって手掛けたアラブの子供救済ソング「Tomorrow / Bokra」にも参加するなど、世界的な活躍をみせています。先にハリージ系の新作をリリースしてますが、本作は彼の基本である古典をベースにしたもの。流石のコブシまわしです! 現在のイラクを代表するスーパース …

続きを読む>

HATEM / ZEKRNAKO

現在のアラブ・ポップはエジプトやレバノンではなく、その周辺地域出身の歌手の活躍が著しいですが、こちらはアラビア半島の付け根に位置するイラク出身の若手歌手。おそらくロターナから2枚めのアルバム~ハリージっぽいパーカッシヴでファンキーな変拍子曲が多いですね、やはり、ハキムならぬハテムの声は少し高めですが、実力はばっちりです。

続きを読む>

go top