FOFOULAH / DAEGA REK

シャーマニックなチャント “タス(Taasu)”(〜セネガルにおけるウォロフ人の女性グリオが吟じてきた伝統的な詠唱 >参照)をエクペリメンタルなビートと男声によるトゥースティング?フリーフォームなヴォイス・パフォーマンスに置き換えた野心作!?元ロバート・プラント・バンドのドラマー、デイヴ・スミスを世話人にロンドンの敏腕音楽家たちと、セ …

続きを読む>

DAWDA JOBARTEH / I MET HER BY THE RIVER

☆ダウダ・ジョバルテ/川の畔であの娘に会った アデルやモンゴ・サンタマリアのカヴァーも収録! 西アフリカ伝統音楽新世代の旗手が放つ最高に洗練されたコラ・ミュージック! アフリカでもっとも美しい音色を持つ弦楽器コラの演奏として、ここ数年世界から注目を浴びるようになったのが、ガンビアの名グリオー一族出身の音楽家ダウダ・ジョバルテだ。ガンビアからは遠く離れた北欧の …

続きを読む>

SONA JOBARTEH / FASIYA

ソナ・ジョバーテ、英国ロンドン生まれ、今年34歳になります。が、彼女の両親はやはりグリオの家系の人なので、ロンドンで生まれたマリンケのグリオ、ということになりますね。 ロンドン王立音楽大学で作曲などを学んだ才媛でもあるそうですが、彼女の祖父、父、そして母もガンビアで活躍したグリオであり、そしてまた彼女自身も幼い頃から学んだコラを弾き歌うことを選び、現地ガンビ …

続きを読む>

DAWDA JOBARTEH / TRANSITIONAL TIMES

☆ダウダ・ジョバルテ/トランジショナル・タイムズ コラ・ミュージックの未来を担う、在コペンハーゲンのコラ奏者!5年ぶりの新作が登場 !! 西アフリカを代表する弦楽器コラの新世代演奏家ダウダ・ジョバルテの5年振りとなる第二作が登場した。ダウダは多くの著名なコラ奏者を輩出したガンビアのグリオー家系に生まれ、若くして打楽器奏者として活動、後にデンマークのコペンハー …

続きを読む>

DEMBO KONTE & KAUSU KUYATEH ‎ / JALI ROLL

JALI ROLL〜 JALI (グリオ)の ROLL (ロックン・ロール?)=ガンビアのグリオ、デンボ・コンテと、セネガルのグリオ、カッシュ・クヤテの二人のコラ弾き語りを主軸に、英国シュゲレリ村のムスリム・ロックンローラー、スリー・ムスタファズ・スリーがバッキングをつとめた1987年作〜シンプル&ストレートかつワールドな演奏、今聴いても飽かせない魅力あり〼 …

続きを読む>

TATA DINDIN / GAMBIA, SALAM – NEW KORA MUSIC

今や西アフリカを代表する弦楽器となってしまった”コラ”、アフリカの楽器で最も繊細美麗な音色をもつと言われるこの楽器の名手のひとりが、このタタ・ディンディン。やはり名手であった父から6歳より手ほどきを受けた彼は、ガンビアではヒーローのひとりだそう。この作品はそんな彼の1994年にリリースされたデビュー盤で、ここでは幻想的なコラ弾き語りを …

続きを読む>

GUELEWAR / HALLELI N’DAKAROU

アナログ起こしではなくオープン・リールから西アフリカ系POPを復刻するギリシャ人男性主催の於セネガル新レーベル“テランガビート”~その>>イドリッサ・ディオップ に続く第2弾はガンビアで70年代から活躍したグループ=グエレワールの1982年作!ガンビアはセネガルに隣する小国ですが、セネガルでも人気を呼んだという、あのスーパーイーグルスと人気を争っ …

続きを読む>

DAWDA JOBARETH / NORTHERN LIGHT GAMBIAN NIGHT

西アフリカを代表する弦楽器コラの若手演奏家ダウダ・ジョバーテの世界デビュー作が登場です。ガンビアのグリオーの家系に生まれた彼の当初の担当楽器は打楽器だったそうで、23歳でデンマークのコペンハーゲンに移住してからコラを習得したという変わり種~しかしその演奏能力はとても高く、伝統的な奏法はもちろん、エレクトリック・コラを用いた先進的なプレイもこのアルバムで披露し …

続きを読む>

JUSTIN ADAMS & JULDEH CAMARA / IN TRANCE

英国ツアーのプロモーション用に作れた数量限定ライヴ盤『ザ・トランス・セッションズ』2010年作に収録されていた2曲に、新たに5曲の追加録音を加えたニュー・ヴァージョン=アルバムが登場。プロデューサーとしても活躍する英人ギタリストのジャスティン・アダムズと、ガンビア出身のリティ(一弦フィドル)奏者ジュルデー・カマラが繰り広げる白熱のインプロヴィゼイションの世界 …

続きを読む>

KARANTAMBA / NDIGAL

西アフリカに残された珍しい音源を、レコード盤からではなくオープン・リールのマスター・テープから復刻することをモットウにしているセネガルの新レーベル~Teranga Beat の第3弾作品です。今回は第2弾で紹介したゲレワルのメンバーでもあったガンビア人音楽家バイ・ジャンハが80年代になって新たに作ったグループ”カランタンバ”が、1984年にレコー …

続きを読む>

MARIAMA BA / NGUIROPO

なるほど、セネガル=ガンビアにまたがる音楽領域の伝統を体現する若手女性歌手ということになるわけですね。曰く”ウォロフとセレールのリズムをミックスし、フラニ(フルベ)のメロディーを使って”曲作りがされているということです(by bunboni さん)。アコースティックでゆったりした曲が多いのも、うなずけますが、そんな曲想の中、ややハスキ …

続きを読む>

go top