EVANGELIA VALVI / ELA N’ALLAXOUME KARDIES

これはレアーですね!エーゲ海はサントリーニ島の美人ニシオーティカ歌手の04年作、既にレアーです。ジャケもOK!スッとしたお顔をしている割には、民謡ならではの発声をしっかり聞かせてくれるのでした…。メドレー多めというところも民謡歌手らしくってイイですね、   1.ΈΛΑ Ν’ ΑΛΛΑΞΟΥΜΕ ΚΑΡΔΙΕΣ 3:25 2.ΤΗΝ ΚΥΡΙΑΚΗ …

続きを読む>

V.A. / TA TRAGOUDIA TOU GAMOU, 15 Paradosiaka Tragoudia

タイトルを訳すなら、“結婚行進曲 15の伝統的な歌” となります。実は、ギリシャでは、この結婚式の歌というのは、大変人気があって、CDが、それこそ何枚出ているかわからないくらいたくさんあるんですね、もちろん伝統的なディモーティカやニシオーティカ(地方民謡や島唄)が中心になるわけですが、よくもまあ、こんなにたくさん結婚の歌があるもんだ、と関心するぐらい、たくさ …

続きを読む>

STELLA KONITOPOULOU / NEI FILI

  ギリシャはエーゲ海、ナクソス出身の島唄〜ニシオーティカ女性歌手、ステラ・コニトプル、1998年作です。リラ&ブズーキを中心としたアコースティックなバックで、どことなく潮の香り漂う歌声を、存分に聞かせてくれます。ライカ風のアレンジも取り入れながら、POPとしての島唄を聞かせもする、この人ならではの熟れたアルバムとなっています。   1 …

続きを読む>

AIMILIA HATZIDAKIS ‎/ THALASSAKI

海ですね、カモメも飛んでますよ、そしてキリッとした顔つきの、アフロの漁師?なんて、ひどいこと言っちゃダメです。女性です。古い写真、貼り付けただけのジャケなので、ちょっと誤解を呼びそうですが、クレタ島の東、アナトリア半島にほど近い南エーゲ海のドデカネス諸島出身の島唄(ニシオーティカ)歌手、エミリア・ハジダキス(1929-1999)の作品集、見つけちゃいました! …

続きを読む>

V.A. / NISIOTIKA

廉価紙ジャケ盤4枚組ですが(例によってシールド無し、CDにも些少コスレあります…が、もちろん再生に問題なし)、が、この4枚組で、ギリシャ島唄〜ニシオーティカのの世界に誘われること間違いなし、かと思います。エーゲ海の島々のトラディショナル、もしくは伝統作法に沿って作詞作曲されたニシオーティカならではの、どこか清廉な哀愁表現、たっぷり楽しめます。録音年代はハッキ …

続きを読む>

IONNA LEGAKI / AVRA AIGAIOU

タイトルは『エーゲ海のオーラ』 タイトル通りの島唄〜ニシオーティカ集、 2013年のイオナ・レガキの作です。 美人な割に本格的、というか、 潮風に吹かれるような歌い口、 たっぷり聞かせてくれるCDです。 1 Λέω τ’ όνομα σου 2 Η απουσία σου φουρτούνα 3 Αλοίμονο – αλοίμονό …

続きを読む>

GIOTA VEI / IONIA

出身は中央ギリシャの都市、ラミアに近い村、プラティストモ、初めは土地の民謡を祖母から習い憶えたそう。17歳からアテネ在住、ギリシャ各地の民謡に興味を持ち続け、エスノロジーを学び、現在では600曲の民謡を習得しているそう。レコード・デビューは1982年、こちらは、1996年作の復刻CD。“イオニア” というタイトルどおり、イオニア海の島々の歌、あるいは、ピレウ …

続きを読む>

KAITI KOULLIA, HRISTOS TSIAMOULIS ‎/ AVRA THALASSINI

>こちらの15年作が大好評だったケイティ・クーリアの1996年ファースト・アルバム、得難い島唄アルバムです!音楽監督はフリストス・ツィアモリス〜1961年アテネ生まれのヴェテラン作曲家、歌手にしてギター&ウード奏者。もともと名門トラッド・グループ 、ディナミス・トゥ・エゲイオ(“エーゲ海軍”を名乗る3人組)のメンバーとして85年にデビュー、92年よりソロ活動 …

続きを読む>

GLYKERIA ‎/ VOLTA STIN ELLADA

大人気〜1989年の2LPグリケリアの島唄アルバム名作! 廉価盤CDで入荷しています! 1 Μέσ’ Του Αιγαίου Τα Νησία 2 Λυγαριά 3 Στ’ Ορκίζομαι Στο Κύμα 4 Πάρε Με Στη Βάρκα Μέσα 5 Μπήκα Μικρός Στη Θάλασσα 6 Το Πλατ …

続きを読む>

ANASTASIA MOUTSATSOU ‎/ KYMATA KRYSTALLA

ペロポネソス半島の南端、ベラディニア生まれピレウスで育ち、1982年ピアノバーで歌い始めた女性歌手、アナスタシア・ムツァッツウ(1961−)のファースト・アルバム1992年作です。初めはレベーティカを歌っていたそうですが、その澄んだ歌声からニシオーティカ(島唄)を歌ようになったとのこと、まさにその島唄アルバムがデビュー録音だったわけですね。船ジャケですし、タ …

続きを読む>

KATERINA PAPADOPOULOU / NO-TIO TO-XO IN KARPATHOS

たっ、高いですなあ、でも、10枚入れて既に8枚、HPにアップする前に売れてしまいました。「つまらんCDを2枚買うより全然マシ」というのは通りすがりのKさんの弁、そう言っていただけると幸いです。 当店界隈で人気のギリシャ伝統派女性歌手、カテリーナ・パパドプール新作です。キプロス、カルパトス、ナクソス、クレタといった島唄、加えて、カッパドキア伝来のグリーク・ディ …

続きを読む>

NASIA KONITOPOULOU ‎ / LIVE, 46 EPITYCHIES

キクラデス諸島で一番大きな島、ナクソスの島唄の大家にしてヴァイオリニスト、ミハリス・コニトプールの息子の、やはり音楽家、ヴァイオリン奏者にして歌い手のヨルゴス・コニトプール(1933-1991)の娘であり歌手、ナシア・コニトプール、今のところの最近作がこちら、2012年の島唄民謡ライヴ2CDノンストップ・ミックスですね(曲間はありませんが、曲は飛ばせます)。 …

続きを読む>

NASIA KONITOPOULOU / KAPETANIOS O EROTAS

キクラデス諸島で一番大きな島、ナクソスの島唄の大家にしてヴァイオリニスト、ミハリス・コニトプールの息子の、やはり音楽家、ヴァイオリン奏者にして歌い手のヨルゴス・コニトプール(1933-1991)の娘であり歌手、ナシア・コニトプールの3作目(1997)のアルバム、美人です(ナクソスの名門、コニトプール一族の一員ということで、>ステラ・コニトプールとかとも、きっ …

続きを読む>

STELLA KONITOPOULOU / TAXIDEVONTAS

当時、ギリシャの島唄界ナンバー1の人気女性歌手だったステラ・コニトプールの04年充実作です。クレタ/エーゲ海のニシオーティカを21曲厳選し、リラ&ヴァイオリン多用のトラッドな演奏スタイルにおいて、島唄流儀の歌い口で綴った内容。表題を英訳すれば “travelling” ということで、歌でめぐるギリシャの島々、というようなテーマなんでし …

続きを読む>

go top