IMIDIWEN / IMAGE DE KIDAL

フランスのバルカン系ブラスバンド=LE CHAUFFEUR EST DANS LE PRE(ル・ショフール・エ・ダン・ル・プレ / 運転手は畑の中)が、2001年に北部マリを旅行中に、現地トゥアレグの砂漠のブルース・ミュージシャンと共演したのをきっかけに結成された混合トゥアレグバンド=イミディウェン。大先輩ティナリウェンとも共演し、レパートリーを共有(このア …

続きを読む>

TARTIT / ABACABOK

タルティットは、マリの北部~サハラ砂漠のノマド(放浪の民/遊牧民)=トゥアレグの女性歌手たちをフィーチュアーした9人編成のグループで、マリからの独立運動によって生じたトゥアレグ難民キャンプにおいて1995年に結成されたとのこと…。~ティナリウェンに続く、“砂漠のブルース”本家本元トゥアレグ系ユニットのニュー・カマーということになります。驚くほど響 …

続きを読む>

ALHOUSSEINI ANIVOLLA / ANEWAL / THE WALKING MAN

新たな砂漠のギター・ヒーローの誕生です。ニジェールのトゥアレグ族とウォダベ族の混成バンド、エトラン・フィナタワのリードギター&ヴォーカリスト、アルフーセイニ・アニヴォラがソロでワールドワイドデビュー! ざらついた音色のエレキギターと木訥とした唄い回しは、同じニジェールのトゥアレグであるボンビーノによく似た若々しくグルーヴィーな「砂漠のブルーズ」です。> …

続きを読む>

V.A. / SONGS FOR DESERT REFUGEES

ティナリウェン、タミクレスト、テラカフトによる本アルバムのための新録をはじめ、ボンビーノの未発表ライヴ録音や、アマナール、ナビル・ベリー・オスマニ、タダラトといった知られざるトゥアレグ系アーティストがタップリ聞けるチャリティー企画盤です!“砂漠のブルース”ファンは必聴ということになるでしょうね。この春に建国された北部マリのトゥアレグ人による未承認独立国家“ア …

続きを読む>

TINARIWEN / TASSILI

★ティナリウェン / タッシシリ 過去10年間でもっとも世界を驚かせたアフリカのバンドがティナリウェンでしょう~彼らが奏でる“砂漠のブルース”は、ロバート・プラントをはじめトム・ヨーク、ブライアン・イーノ、サンタナなど数々の大物音楽家らを虜にしたのは有名な話。サハラ砂漠で生まれた塩辛くも男気溢れる歌とサウンドは世界に数多くのファンを生み出してきました。このア …

続きを読む>

GROUP INERANE / GUITARS FROM AGADEZ VOL.3

ニジェール内陸の町アガデス出身 / リビア難民キャンプで結成 / サハラ/ トゥアレグ / ギターバンド=待望のサード・アルバム!既にして、砂漠のブルース・シーンにおいて、アンダーグラウンドな大物的貫禄さえ感じさせるグループ・イネラーネ ~もう最初から砂漠のガレージロックでサイケデリック寄りでしたが、ここに来てサイケデリック風味はそのままに、ジャムバンド化し …

続きを読む>

TINARIWEN / RADIO TIDAS SESSION

  デザート・ブルースのイノヴェイターとして 世界に冠たるティナリウェン。 ジャスティン・アダムスの プロデュースによる記念すべき 2000年デビュー・アルバム。 野性味溢れるブルース・セッション!!

続きを読む>

MOUNIRA MITCHALA / CHILI HOURITKI

チャドのフォーク(砂漠)ブルース系シンガーソングライター、ムーニラ・ミッチャラのセカンド・アルバムです!デデ・サンプリ、ラルフ・タマール等のプロデューサー=カメル・ゼクリによる制作でファーストとは様変わり?顔つきまで変わっていますが、砂漠のブルースというよりも砂漠のレッタ・ムブール?? ぐっとアコースティックでシンプルかつリズミカルになったバックで、持ち前の …

続きを読む>

KEL ASSOUF / TIN NINAME

国内リリースされました! これぞ〈砂漠のヘヴィ・ロック〉の前史! 多様な音楽性を取り入れた2010年のファースト・アルバム ! 新しい才能が次々と登場する砂漠のブルースのシーンの中でも、ヘヴィ・ロックのサウンドを取り入れた2016年作『奇妙な世界』(ライス IRR-6000)で圧倒的な存在感を放ったケル・アスーフ。ベルギーに亡命したトゥアレグ人ギタリスト/歌 …

続きを読む>

JUSTIN ADAMS & JULDEH CAMARA / IN TRANCE

英国ツアーのプロモーション用に作れた数量限定ライヴ盤『ザ・トランス・セッションズ』2010年作に収録されていた2曲に、新たに5曲の追加録音を加えたニュー・ヴァージョン=アルバムが登場。プロデューサーとしても活躍する英人ギタリストのジャスティン・アダムズと、ガンビア出身のリティ(一弦フィドル)奏者ジュルデー・カマラが繰り広げる白熱のインプロヴィゼイションの世界 …

続きを読む>

BOMBINO / AGADEZ

砂漠のブルースの新世代を代表するボンビーノは、ニジェール北部のアガデス州にて1980年に生まれたトゥアレグ人ギタリスト/ソングライター。ティナリウェンやアリー・ファルカ・トゥーレをアイドルとして音楽を身に付けていった彼は、同時にジミ・ヘンドリックス、マーク・ノップラー、ジョン・リー・フッカーといった欧米のロックやブルースのギタリストにも傾倒し、独自のスタイル …

続きを読む>

TOUMAST / AMACHAL

いつの間にか出ていたんですねえ…、知りませんでした。>>こちらで教えてもらいました。ニジェールのトゥアレグ解放戦線でギターと機関銃をブッ放していた男(のワリには飄々としていますが)、ムーサ・アグ・ケイナ率いるトゥーマストの09年末のセカンド・アルバム/06年のファーストは当店でもベストセラー、“砂漠のブルース”がワールド・ミュージック …

続きを読む>

KHAIRA ARBY / TIMBUKTU TARAB

なるほど、ティンブクトゥ(もしくはトゥンブクトゥ、あるいはトンブクトゥ)のアリサ・フランクリンとはよく言ったものです(って、誰も言ってないか…)。そのマリ共和国のティンブクトゥといえば、古くからのトゥアレグの交易都市~あのティナリウェンのベースがあることでも知られていますが、そのティンブクトゥのみならず、マリ全国区の人気を持つというこのハイラ姐さ …

続きを読む>

TERAKAFT / KEL TAMASHEQ

砂漠のブルースの王者ティナリウェンとも縁の深いバンド、テラカフトの4作目。砂漠の民として知られるトゥアレグ人を中心に構成されている彼らは2007年にデビュー。創始メンバーの一部がティナリウェンの元メンバーであることから「ティナリウェンの弟分」として紹介され大きな話題を集めました。そして新メンバーになって2枚めとなった本作では、なんとティナリウェンのプロデュー …

続きを読む>

ABDALLAH OUMBADOUGOU / ZOZODINGA

前作『デザート・ブルース』はマヌチャオやサリー・ニョロやギズモなど、錚々たるゲストの主役を持って行かれた気もしましたが、今作は生ギター弾き語り、その淡々とした奥行きのある演奏&歌いっぷりは近年のティナリウェンを想わせますね…。サハラ周辺のトゥアレグの人々は、かつてカセットにコピーされた彼の音楽を聴いて、勇気づけられ、そして平和を希求したそうです。 …

続きを読む>

go top