COMPUMA & 竹久圏 / REFLECTION


今作は、京都の老舗茶問屋、宇治香園の創業155年の記念の年、同社が取り組んできた音と光で茶を表現する”Tealightsound”シリーズ最新作、大野松雄「茶の木仏のつぶやき」に続く「番外編」として制作されたもので、”Tealightsound”の原点ともなっている、COMPUMA feat. 竹久圏による前作「SOMETHING IN THE AIR – the soul of quiet light and shadow layer -」から5年を経て、廃園となりジャングルのように変貌してしまった茶園にふたりが再訪し、あらためてその茶園よりインスピレーションを得て「音を聴く」という行為を見つめ直して向かいあったサウンドスケープと心象風景を模索する意欲作となっている。
アートワークは前作に続き、画家・五木田智央とデザイナー・鈴木聖によるもの。

1. The Back of the Forest
2. Decaying Field
3. Nostalgia
4. Time and Space
5. Between the Leaves
6. Reflection of Light pt.2
7. Meguriai (An Affair to Remember)
8. Flow Motion
9. The Other Side of the Light
10. Shinobi
11. Enka (Twilight Zone)

Compuma: Electronics, Field Recording
Ken Takehisa: Acoustic and Electric Guitar, Kalimba
Hacchi: Harmonica
Mixed by Compuma and Ken Takehisa

Recorded and Mastered by Hacchi at B1 Umegaoka-Studio, 2020
Produced by Compuma for Something About Productions, 2020
ield Recording Captured at the Tea Plantation in the Mountain of South Kyoto in June 2020Painting: Tomoo Gokita
Photographs: Koichi Matsunaga
Design: Satoshi Suzuki

〜メーカーインフォより

go top